CAP・Groupえふブログ

いじめ・誘拐などの暴力からこどもを守る〜福岡のCAPです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全129ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お久しぶりの・・・

 あっという間に時間が過ぎていき・・・このブログも一年以上も放置してしまいました。
 
CAPワークに来ていただいた方から、ブログ更新されていないことのご心配など頂いて〜
大変失礼いたしました。
 
えふは変わらずに活動しています。
 
ただ・・メンバー達、それぞれが忙しくなり。なにより管理人の私が超多忙になってしまい、更新が滞り気味になっている次第です。
 
世間は体罰問題や憲法改正などで騒がしく、言いたいこと、やりたい事はたくさんあるのですが、できることをコツコツと・・というのがえふのモットーなので、あまり焦らずにいつもどおりにやっています。
 
昨年も養護施設ワーク・・子ども、職員、地域の3回させていただいたり、おなじみの小学校でのワークなどなど、えふのCAP活動は変わらずに続いています。
 
今月は森田ゆりさんを囲んでCAPを通じて知り合った仲間たちと学習会を開きます。クローズなので皆さんにご案内できないのが残念ですが、ここで、またいろんな学びを得てくるつもりです。
 
 それにしても・・・光陰矢の如しー月日が過ぎるのが早くて、ブログ更新が追いつかない
 
ブログ更新はなくても・・・えふはしっかりと活動続けていますのでご安心くださいね〜。

開く コメント(1)

CAPを日本に紹介した森田ゆりさんが今日のテレビ番組に出演するそうです。
 
この番組は、いわゆる右側の方が多くて、見ていて??が多いのですけど、その番組内で児童虐待や子育てをテーマにお話されるそうです。
 
さあ、どんなお話になったのかなあ〜、興味深いですね。
 
 

開く コメント(0)

新年のご挨拶

 新年あけましておめでとうございます。
 
 昨年は、大きな天災や人災がたくさんありました。多くの子どもたちが涙を流したことと思います。
 
 子どもたちが、つらい思いをしないように、独りぼっちだと思わないでいいように・・・
CAPプログラムは存在しています。
 
 まだ3学期のワークがあるので、まずは、目の前のワークを丁寧にやっていきたいと思います。
 
 どうぞよろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

 もうすぐ、2011もおしまい。
 
今年は、東北大震災や水害など、自然の力、人間の愚かさ、哀しさが際立って感じられました。
管理人も、仙台で被災地を歩かせてもらい・・・東北の人たちの困難さをあらためて思い知ることとなりました。
 
 自分にできること、少しずつ・・しかないのだと、焦る気持ち、逸る気持ちをなだめつつ、・・と日々を重ねてきました。
 
いつ何がおきるかわからない〜だからこそ、今を大切にする、自分の気持ちを偽らないことが大事だなあと思います。もっとも、自分の気持ちを偽って何かをしたことあるかと尋ねられれば・・・・ないです。たとえ、その事で何か不利益が生じても、自分に正直なほうが楽だと思ってしまいます。そんな自分にあきれることもありますが、一度しかない人生なので、つまらぬこと自分の人生を一片たりとも消費されたくない、なんて思ったりします。
 
 いわゆる「大人」にはなれないのでしょうが、それはそれで愛すべきわが人生です。
 
 子どもたちが、大人になるってステキな事だと思えるような、大人社会を築いていきたいと思います。
 自分も他人も大切にする・・・ことはすばらしいって伝えたいです。
 
 だからこそ、CAPを広めたい・・です。
 
 どうそ来年が皆さんにとって良い一年となりますように〜
 あなたがあなたのままで生きられますように〜
 
 良いお年を〜
 
 
 
 

開く コメント(0)

認知のゆがみ

認知のゆがみ・・ってよく言われますが、人間、皆、なにがしかのゆがみはあるわけで・・・。
 
 自分を知る、ということは意外と難しいものです。私たちはまがりなりにも人様の前で講演する身なので、
常に参加者や仲間から客観的な評価を頂くことを大事にしています。
 
 とはいえ、仲間からの評価も、講師役と上下関係があると、イエスマン的な評価になるので、逆効果になってしまい・・、まるで「裸の王様」状態・・一向に上達しない講師も気の毒だし、その話を聴かされる方もお気の毒・・・。
 
 先月、木島知草さんを招いて、性教育の講座を施設職員向けにした際にも、「自分自身の性のゆがみ」を認知することからはじめないとなあ・・と感じました。
 
 性教育をする際に、講師自身が、自分のゆがみに気づいていないと、子ども達の心に届くようなお話はできません。子どもたちに伝えるために必要なことは、資格や学歴ではなく、その人の生き様をどう見せれるか、が一番大きいですね。
 
 心理や教職、医療など資格があると、その資格をとったことで安心してしまって、大学の授業のようなつまらな〜い講座になってることがありますが、これではせっかくの機会なのにもったいないです。ぜひ、心に響く講座をしてほしいものです。
 
 国家資格も、学歴もないけれど・・・子どもたちの心に寄り添う木島さんの性教育講座は最高だと思います。性教育をするちいさんは、その理念を日常で実践しています。だから、ちいさんの娘さんとの関係もすばらしく、お孫さんとの和気藹々の会話など、あぁ、ちいさんの理念が家族に反映しているなあ・・と思います。
 
 机上の空論ではなく、実践すること、が大事ですね。
 
 なによりも、ちいさんや、金香百合さんなどとお話ししていると、常に自分を振り返る姿勢があり、それこそが、「本物」なんだと感じます。
 
 自分には認知のゆがみなどないと豪語するのは・・・それこそがゆがみなのでしょうね。管理人も日々、自分のゆがみと対面しています・・。修行の旅は続くのであります。

開く コメント(0)

全129ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事