考えるノート 今日の画像と今日のひとこと

このブログは、グループ・タイタイが運営するHP「考えるノート」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

 当初の予定では、今日は母連れドイツ旅行出発日。が、「ちょこっと掲示板」の方でもお知らせ致しました様に、水曜日に行った整体院で「旅行に行っても大丈夫でしょうか?」と尋ねたところ、「微妙」言われ、旅行を断念したパペル母。
 で、背骨が横にS字に曲がっていると診断され、あれから3日連続で整体院へ通っているのですが、本人曰く、お陰で背骨もかなり真っ直ぐになったとか。それまでは、真っ直ぐ歩こうと思っても、知らず知らずの内にそれてしまっていたのが、今では真っ直ぐ歩けるようになった、と言うのです。真っ直ぐ歩こうとしても、自然にカーブしてしまうとは、よほど身体が曲がっていたのかもしれません。(汗)
 これで、お尻の痛みもとれ、転びにくくなって、「雨降って地かたまる」といきたいところです。(←希望)

○○○○○○○○○○○

 さて、今日のレシピは久しぶりのフィリピン料理をご紹介しましょう。題して「チキン・イナサル」

 「イナサル」というのはイロンゴ語で「ロースト」、つまり鶏肉の串焼きという訳です。特に、私たちが毎年訪れているネグロス西州の州都バコロッドは、地鶏の「イナサル」が名物。バコロッド・チキン・イナサルという名の全国チェーンまであるほど(オフィシャルサイトはこちら)、ここのイナサルは有名なのです。

 で、バコロッドでいつも食べているあの味を、何とか再現できないかと、参考になりそうなサイトを探していたところ、こんなサイトを見つけました。で、早速、少々アレンジを加えて挑戦してみた次第。もちろんバコロッドで食べた本家本元には遠く及びませんが、まずまずの出来と自画自賛。(笑)

 前置きはこの辺にして、いつものように材料と作り方です。

<チキン・イナサル>

【材料】2人前

●鶏むな肉、あるいは、骨付きもも肉…2枚
●酢…容器に鶏肉と漬け込んだ時、ちょうど浸る程度の量(カップ1〜2杯)
●ショウガ…梅干大1かけ→おろす
●ニンニク…1〜2かけ→おろす
●レモングラス(できれば生)…1パック(ひとつかみ程度)→ざく切り
●レモン果汁…大さじ1程度
●塩…小さじ1〜2
●黒コショウ…適宜
●マーガリン、あるいは、バター…2センチ角程度

【作り方】
1) 鶏肉にフォークか、竹串などで穴をあけ、塩コショウをすり込むようにしてしばらく置く。
2) その間、酢、ショウガ、ニンニク、レモングラス、レモン果汁で「つけダレ」を作り、鶏肉を2時間ほどつける。
3) 熱したフライパンにマーガリン、あるいは、バターを入れ、とけたところに鶏肉を加えて、上からフライ返しなどで押さえて、両面にこんがり焼き色がつけた後、フタをして中まで火を通せば出来上がり。

 上の作り方をご覧になって、「それって、ローストじゃないじゃん!」というツッコミが聞こえてきそうですが、確かにこれだったら「ソテー」ですよね。(汗)しかし、これには深い訳が…。

 本当のイナサルは鶏肉を串にさし、時折マーガリンをつけながら、炭火でじっくり焼き上げます。で、最初は私もそのまねをして、溶かしバターをつけながら、魚焼きのグリルで焼いてみたのですが、これが思いのほかすぐに焦げてしまうのです。(汗)そこで、焦げ過ぎないようにと、上にアルミホイルをかぶせたりとったりして焦げ具合を調節しつつ焼いてみたのですが、そうすると、火が通り過ぎて身が固くなってなってしまいました。(写真上)

 たぶん、ちゃんとしたオーブンなら、適度に焼き色もついて上手く焼けそうな気がするのですが、如何せん、当事務所のオーブンレンジは火力が強くないので、火は通るけれど綺麗に焼き色がつきません。という事で、焼き色もついて、中もふっくら仕上げようと考え出したのが、このソテー作戦でした。それに、本当のイナサルも結構ベタベタにマーガリンがついているので、ソテーしても、出来上がりの質感にさほど違いはなく、まずまずといったところ(写真下)。

 あ、それから今回は、米酢とリンゴ酢を混ぜて使いました。というのも、フィリピンで酢と言えば、たいていココナッツから作った椰子酢。これは日本の米酢よりも味がマイルドで、どこかしら甘い香りがするので、リンゴ酢と混ぜてみた次第です。が、もちろん普通の米酢でもできます。
 今回はお手軽にポ○カレモンを使いましたが、もちろんレモンを絞った方が風味はいいでしょうね。一方、本家フィリピンではカラマンシーを使います。レモンよりも穏やかな酸味で特有の香りを持っているので、それもイナサルに独特の風味をプラスしているんでしょうね。日本だったら、少し風味は変わるでしょうが、スダチや柚子、それにライムなどを使ってみるのもいいかもしれません。

 さて、イナサルと一緒に頂く定番と言えば、もちろんこちらのガーリックライス。日本でガーリックライスというと、ご飯とニンニクを一緒に炒めたものが多いですが、こちらは白いご飯の上から、塩を入れてじっくり弱火で揚げたみじん切りニンニクを油と一緒にかけるだけ。そして、忘れてはいけないのがビール。この3つがそろうと、いくらでもいけてしまうから摩訶不思議。

 これからの季節、夏バテ予防にも良さそうなチキン・イナサル、是非お試しあれ!

○〇〇

※見落としのないよう、このブログのコメント欄は消してあります。悪しからず、ご了承下さいませ。
 尚、拙サイトの掲示板は、こちら
 又、サイトTOPの左下にメールフォームの入り口があります。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事