気まぐれ日記

気まぐれグランピーの世相やぶにらみ

全体表示

[ リスト ]

野菜は地場モノが一番

 私は地元生協の組合員活動として農産委員をしている。食べ物の基本は地産地消、不土不食。昨今は一年中食べたいからと言って地球の裏側からかぼちゃを運んできたり、お隣の中国からは安いよと言って、いろんな野菜がやってくる。季節感はなくなり旬がわからなくなり、残留農薬の問題もある。
 
 それでは国産野菜なら何でもいいのかと言われれば返事に窮する。農薬の問題は外国産であろうと国産であろうと避けて通れない。あるいはまた無農薬・有機栽培なら外国産でもいいのかと言われたら、、、いやそれには答えられる。ノーだ。国内で作れる新鮮さが売り物の野菜をわざわざ外国から運んでくるなんて、理に合わない。たとえ安かろうと、それはどこかで無理があり、どこかで矛盾があると思う。

 健康の源は、食べ物はすべて1キロ以内のところで採れたものを食べることだ、というようなことを聞いたことがある。いつの時代の格言かわからないし、それを忠実に守っているわけではないが、私の原則は輸入野菜は買わない。

 かといって無農薬の亡者にはなりたくない。無農薬に越したことはないけれど、それに固執するあまり了見が狭くなったり(受け入れる範囲が狭まるので)、ブランド志向化するのは「待った」をかけたい。

 待ってよ、なぜ無農薬なの? 自分の健康だけのため? そうではないでしょう。農薬は環境も汚染する。遺伝子組換え作物の影響などは未知の分野だし。自分だけが安全なもの食べていればいいという問題ではないはず。

 前置きが長くなってしまったが、そういうことを学び考えるのに、生協の農産委員会はうってつけのところである。

 ということで今年も私の加入している生協の提携生産者のみなさんと、1年間のおおまかな供給計画を話し合って決める会議が開かれた。

 この会議が異色だと思うのは、たとえばりんごだけ短期間供給している生産者も、さまざまな野菜を長期にわたって供給している生産者も同じテーブルについて、全て開示された同一資料(出荷価格、供給価格、計画数量、受注数量、実出荷数量)を見ながら話し合いを進めるという点だ。

 他の生産者の話は関係ない、というスタンスではなく、提携生産者として全体を見ながら問題点を共有し意見を述べ合う。
 たとえば生協組合員が生産者を訪問見学する時に、他の生産者も同行して見学する。
 無農薬栽培を実践している生産者が試行錯誤の生産者にアドバイスする。
 欠品が出たときの臨機応変対策。など、実に前向きな意見が、生産者の側から提案された。

 安全・健康・環境の自主基準に適った農産物を、適正価格・情報開示・組合員交流を原則に、今後も供給していくことが確認できた、手ごたえのある会議だった。

 

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

「食べ物の基本は地産地消」私もそう思います。輸入野菜にどれだけの水と輸送段階で化石燃料が使われ二酸化炭素が排出されているか。米国の畜産でも祖凄い量の資料と水が使われているか。宮崎はピーマン生産日本一ですがハウス栽培で温度管理に相当な重油が燃やされています。食の安全の問題もありますが、地球温暖化防止にとっても可能な限り「地産地消」がいいと考えています。

2006/2/5(日) 午後 9:02 [ やちゃ坊 ] 返信する

顔アイコン

そうなんですよね。消費者は店頭に陳列された目の前の野菜だけ見て、こっちは安いとか、こっちは遺伝子組換してないから良いとか、その背景まで思い及ばない。そんないちいち毎日の買い物で時間もないのに考えてられるかって怒られるかもしれないけれど、そこはやっぱり視野の問題だと思います。そして経済優先社会(敢えて言うぞ、男社会と)の激流に、さお差さねば流されるのがオチ。流された先は環境破壊ですからね。 削除

2006/2/5(日) 午後 9:44 [ グランピー ] 返信する

顔アイコン

食の問題は、食糧自給率の貧弱な状態が言われてから随分経って、私の中に入ってきました。全く、状況把握の貧困な私ですが、これから勉強させてください。

2006/2/6(月) 午前 4:43 [ - ] 返信する

顔アイコン

食糧自給率と安全保障の問題とは絡み合ってますよね。なんといっても食糧は命綱ですから。で、安全保障で自衛軍とか言う前にですね、食糧自給率上げる方が先だろって言いたいです。だってごらんなさい、先進諸国といわれている国々の自給率を。フランスを筆頭にして、日本のような低レベルの国はないでしょう(私の生半可な知識ですが)。みんな兵糧攻めされたらどうなるかちゃんと知っているんですよ。まず胃袋の自衛です。 削除

2006/2/6(月) 午前 9:46 [ グランピー ] 返信する

顔アイコン

食料こそ自前で調達する国にならなくてはならないと思います。先進国で最低の自給率、政治が最低なのと大いに関係有りそうです。では

2006/2/6(月) 午前 10:18 [ baz*tou*uu*970 ] 返信する

顔アイコン

関連記事を書きました。TBさせていただきます。

2006/2/6(月) 午後 9:11 [ やちゃ坊 ] 返信する

顔アイコン

コメントがダブっていました。YAHOOのせいとお許しください。ひとつ削除します。

2006/2/6(月) 午後 9:21 [ やちゃ坊 ] 返信する

顔アイコン

「胃袋の自衛」ほんとにそうですね。。自給率の問題は私も図書館で文献を探した事があるのですが、グランピーさんのお薦めがあれば教えていただきたいのです。

2006/2/6(月) 午後 10:11 [ - ] 返信する

顔アイコン

GENDAIさん、少し前の本ですが日本消費者連盟の「たべものを私たちの手にとり戻そう」とか、まだ読んでませんが新刊で岩波新書の「食の世界にいま何がおきているか」とか。日消連のブックレットは他にも読みごろの良いのがありますよ。米関連でもいい本がいろいろあります。岩波ブックレットなどにも。まずは手ごろなブックレットからお勧めします。すぐ読めるからという意味ですよ。 削除

2006/2/7(火) 午前 0:03 [ グランピー ] 返信する

顔アイコン

私も農産物は、国産と決めています。地産地消、旬産旬消が何よりです。しかし、食糧の自給率がここまで低くなってしまったのも、日米安保(第2条・政治面経済面の協力強化)の影響ですね。

2006/3/1(水) 午後 1:12 [ どんぐり ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事