気まぐれ日記

気まぐれグランピーの世相やぶにらみ

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

Singing winds

ジャズ好きが集って、こだわりのオーディオ機器でイチ押しの曲を聴きあうという定例会が開催されていることを知り、一見に如かずと恐る恐る参加してみたら、極上の音響環境と選曲があり、それに常連の皆さんから冷笑されることもなく、緩やかな同好の輪に入れていただいて舞い上がり、すっかりハマってしまった。

 ところが最初に参加した時から気持ちを和ませてくれた、開放的で上品なテイストの会場が取り壊しの憂き目を見ることになり、このほど新たに場所を移した会場でお披露目例会が開かれた。
参加者が持ち寄ったCDを聴くだけでなく、腕に覚えのあるディスクジョッキーが毎月交代しながら特集プログラムを組んで、じっくり楽しませてくれる定例会だが、この日はオープニングに掛けて、ビッグバンドのオープニングテーマ曲特集という、なんとも嬉しい企画だった。

全17楽団のオリジナル音源を揃えたディスクジョッキーの力作の中に格別の1曲があった
―それはラルフ・フラナガン楽団の“Singing winds”

1952年4月文化放送開局と同時に放送開始となった「S盤アワー」のクロージング・テーマだというが、まだ幼児だった私はさすがにその記憶はなかった。
そこで「S盤アワー」を検索してみると、なんと1969年まで放送していたようだ。それなら記憶にあって当然の時代なのだが、そもそもS盤アワーそのものをあまり聴いていなかったのかもしれない。

ただ“Singing winds”だけは身にしみこんでいたようで、大変古い話になるが、50年前(半世紀前!)に学生ダンス競技会で“Singing winds”を初めて聴いたとき、ああこの曲は〜と当時でもありありと蘇るなつかしさでいっぱいになったのだ。あの当時の競技会でスローフォックストロットと言えば、この曲が定番だった。
(学生の競技ダンスでも格式ある試合ではフルバンドの生演奏が入ったのだからすごい時代だったもんだ。)

“Singing winds”はラルフ・フラナガン楽団の看板曲には違いないので、今回のオープニング曲特集にリクエストしたら、それなら初めからちゃんと入ってますよと言われて、そうか同好の士にはやはり1950年代の時代を映す大事な1曲なんだと嬉しくなった。


Theme songs of the Big Bands
バンド名(結成年)/テーマ曲(作曲者・作曲年)
注)デューク・エリントンを除きオーケストラの表記は省略

★デューク・エリントン・オーケストラ(1925)
初期:East St.Louis Toodle-Oo (D.エリントン& ババー・マイレイ 1926) 
    1941年以降:テイク・ジ“A”トレイン(ビリー・ストレイホーン 1941)
★チャーリー・バーネット(1932?) チェロキー(レイ・ノーブル 1943)
★ベニー・グッドマン(1934)レッツ・ダンス(グレゴリー・ストーネル&ジョセフ・ボニー1935
★カウント・ベイシー(1935)ワン・オクロック・ジャンプ(カウント・ベイシー 1938)
★ジミー・ドーシー(1935) コントラスト(ジミー・ドーシー 1932)
★トミー・ドーシー (1935) アイム・ゲッティング・センチメンタル・オーバー・ユー (ジョージ・ボスマン 1832)
★バニー・ベリガン (1937) アイ・キャント・ゲット・スターテド・ウィズ・ユー(バーノン・デューク 1935)
★ウディ・ハーマン(1930後期) ブルー・フレイム(ジェイムス・ノーブル 1938)& ウッドチョッパース・ボール
★アーティー・ショウ(1936)ビギン・ザ・ビギン(コール・ポーター 1935)
★グレン・ミラー(1937) ムーンライト・セレナーデ(グレン・ミラー 1939)
★レス・ブラウン(1938) リープ・フロッグ(ジョセフ・ガーランド 1939?)
★ジーン・クルーパ(1938) シンフォニー・イン・リフ(ベニー・カーター 1933)
★ハリー・ジェームス(1939) チリビリビン(アルベルト・ペスタロッツァ 1898)
★クロード・ソーンヒル(1940) スノー・フォール(クロード・ソーンヒル 1941)
★スタン・ケントン(1941) アーティストリィ・イン・リズム(スタン・ケントン 1941)
★ラルフ・フラナガン(1950):シンギング・ウィンズ(ハーブ・ハンドラー&ラルフ・フラナガ ン 1950?)
★レス・エルガート(1953) 代表曲:ドリーム(ジョニー・マーサー 1944)

開く コメント(0)

イメージ 1

土曜日の午前中は、ストレッチの教室があるのだけど、午後1時までたっぷり見てくれるので、午後から予定のある日は終わりの時間が気になって気もそぞろになるため、なかなか参加しにくい教室ではある。でも先日は午後の予定もなかったので久しぶりに参加しようと決めていた。その足で吉祥寺のツタヤに回れば、近隣ではここしか在庫がなかったDVDを借りてくるのに都合も良い。それでツタヤは吉祥寺のどこにあるのだろうと、前もって場所も確認しておいた。

そのような予定ルートを描いてストレッチの教室に向かうと、いっしょにレッスンを受けるおなじみの女性が先に来ていて、先生の到着を待ちながら世間話をしているとき、彼女の胸元の小さなフラスコ型をしたガラス細工のペンダントに目が留まった。それ綺麗ねと話を向けると、「ここに穴が付いていて、アロマオイルが入っているの。」とフラスコ型の底を見せてくれた。アロマオイルの入るペンダントならアルミ製の細い筒状のを持っていたけれど、ガラス細工のアクセサリーの好きな私はにわかに欲しくなった。

どこで買ったの?と聞けば、吉祥寺だという。
「吉祥寺のどこ?」 
「あれはヨドバシカメラのある通りだったかな、その道沿いで五日市街道まではいかない途中の角を右に曲がって…」
...その辺は前夜ツタヤの場所を確認した辺りではないか。なんと都合の良いこと。

 そしてDVDを借りた後、その店はすぐに見つかった。http://www.good24.jp/880

件のアロマペンダントもいくつかショーケースに並んでいたが、色合いとかズバリ欲しいものではないなあと決めかねていると、店の人がそれを読み取ったのか、好きな色、カタチにデザインしたのを注文できますよと水を向けてきた。
 そういうことならと、色もカタチも選んで1つ注文した。

なんだか巡りあわせで自分へのプレゼントを得たが、そのペンダントを着けたらさらに巡り合わせで良いことが待ち受けていたらいいなあ。

開く コメント(0)

All Reviews のサイト

All Reviewsというサイトがあるのを知った。

イメージ 1

「書評アーカイブ」を目指しているらしい。サイトの紹介には以下のような説明がある。

―日本を代表する書評家が新聞・雑誌・書籍で発表した書評を持って、WEBサイト:
 All Reviewsに個人の資格で参加すると言う形式。コミケ会場のような巨大なWEBドームに、それぞれの書評家が書評した本を持ち寄って個人のWEBブースを開店したようなイメージ。閲覧はすべて無料。ー

書評の対象となった本を読みたくなれば、次のステップで購入方法が表示される。でもその中に「カーリル」=全国図書館の蔵書検索も入っていたので、図書館でまず借りて見ようと思う人には便利だと思う。

イメージ 2

そして、カーリルでお気に入りの地域の図書館をあらかじめ設定しておけば、本を検索すると瞬時にその時点で貸出可能な図書館が表示される。これは便利。

イメージ 3

これからたびたび利用させてもらおうと思う。

開く コメント(0)

宵の口は雨

イメージ 1

 今度の土曜日、国会前の抗議集会に参加しようよ、と中学時代の同級生のA君を緩やかに誘った。
とっくに還暦を過ぎてもA君は今も昔もA君だ。
考えておくよ、と返事が来たままだったが、当日私は他用を済ませた足でだいぶ遅れて国会前に向かっていると、地下鉄の車中でショートメールが届いた。
「急に騒然としてきた。すごいよ。」
A君からだ。当てにもしていなかったが、先に行っていたか。
「まだ地下鉄。もうすぐ着きます。」と返事メールを送った。

 A君がすごいことになったと言ったのは、諏訪原健さんの云う「決壊」のことだったのだと後になってわかった。
 https://dot.asahi.com/dot/2018041600049.html?page=1
警察側が設けたバリア鉄柵を、押し寄せるデモ参加者の人波が、まさに堰を切って突破したのだ。

 決壊とは知らずに桜田門駅から地上に出ると、そんなにすごい=殺伐とした危険ぽい光景はどこにもなくて、あの戦争法反対で盛り上がった夏のデモ集会を彷彿とさせるような、老若男女数多の参加者がそちこちで繰り広げるコール・レスポンス、スピーチ、そして鳴り物による熱気で溢れ返っていた。

「着いたけど、これでは探すの大変。」とSMSを送る。
「議事堂正面左側フェンスにいます。」と返事が来る。
 そろそろ帰途につく人たちが来た道を逆行して辿っていくと、目の前に議事堂が迫るところまで何とか進めた。おぼつかないSMSでは話にならないので、A君にケイタイ電話をかけたが、一度で出たためしがないのが、われらケイタイ嫌いの習性。いったん切ると、ひと呼吸おいてから電話が来た。
ところが、ソージショク! ソージショク! あっべっわっやめろ! の大合唱の中では必死でケイタイ電話に耳をくっつけたところで無駄な抵抗だった。
 再びSMS。
「向かって左側。」
「左側フェンスにいるけど、、」
ったく、じいさんばあさんだよねえ、と苦笑い。
A君を探すのは諦めて、私もコールの輪に入る。
 フェンスは一段高いところだったから、そこに上って一応あちこち見渡しながらコールしていると、フェンスの向こう側から同世代と思しき男性がフェンスを乗り越えようと苦戦していた。よく見ればあちこちの抗議集会で名前をお見掛けする人だった。足場もないし、この高さでは無理じゃないかと思ったが、やんちゃ心が面白くて、思わずがんばれがんばれとあおってしまった。結局その人は諦めて遠回り策を取るしかないようだった。
 
 宵の口は雨の予報のとおり、ぽつりぽつりと落ちてきたころ、集会終了を告げるアナウンスが入って、人波が動き出す。再びA君に電話しようと思った矢先にメール、
「雨が降ってきたので一足先に帰ります。また今度会いましょう。」
うぬ、逃げ足の速いヤツめ。
折り返し私もメール、
「すぐ近くにいて会えなかった人出を喜びましょう! 元気でね。」

 そう、先ほどのフェンス越え挑戦のおじさんにも、A君にも、この場にいた元気な団塊世代にも連帯のエールを送りながら、早々に地下鉄入り口へ向かって雨粒を避けた。

開く コメント(0)

イメージ 1

上は今日偶然見かけたツイート。
今日のヤフーニュースで、意図的に並べたのか偶然並んだのか知らないが、あんまりな数字の対極性にめまいすら覚えた。生めよ増やせよの掛け声にはどんなイメージが付きまとっているのか、現在ではそのイメージにも鈍感な人がいるのだろうか。

安倍首相の大きな顔写真の横に書かれた「この国を守る」という、先の衆院選でのスローガンをイヤと言うほど見かけたが、守るのは「この国」であって「国民」としていないところはなんとも正直なもんだ。

国体維持が第一義の社会では、乳児を遺棄する人がいても、それはその人の個人的な異常性の所以であって、社会全体はそんなことに構っていられない。この国が弱体化してしまう。それを狙っている他国にどんどん先を越されてしまうではないか、、、

それは極論だとしても、国の示す一つの価値観に呼応するものは、鳴り物入りで奨励し、そこからはみ出たものは無視、排除していくような風潮は息苦しい。

山東氏の言う表彰状の文言には、一体どんな言葉が並ぶのだろう。          

見たくもないけどね。

開く コメント(0)

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事