気まぐれ日記

気まぐれグランピーの世相やぶにらみ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

東京ナイトスキップというイベントをひょんなことから知り、面白半分で参加したらこれがとっても楽しくて、しかもためになるので、リピーターになってしまった。

この夜のエリアは千駄ヶ谷の国立競技場跡周辺〜明治公園〜霞ヶ丘アパートだった。
わかりやすく言うと千駄ヶ谷駅から下の航空写真の右下に見える東京体育館脇の歩道橋を渡り、競技場跡地に沿って明治公園まで進んだ。

イメージ 1

時代錯誤も甚だしい新国立競技場のデザイン写真は、できる前からすでに大量生産・消費・廃棄時代の遺産の化け物に見えるが、現場に来て見て、その大きさを実際に目測してみると、恐れおののくばかりである。

イメージ 2
東京体育館脇から見た跡地

旧競技場が取り壊されてなくなってしまったために、すっかり見晴がよくなった。


イメージ 3

跡地と明治公園に挟まれた道路の一部が夜間も工事中だったため、車が通行止めになっていた。しかし歩行者は規制もなく歩道のほか、思いがけなく車道も「使えた」のだ。
千駄ヶ谷駅から競技場の話などしながらここまで歩いてきて、今は安全なこのスペースを利用して、いろんなパフォーマンスをした。

そもそもこのナイトスキップは舞踏/舞踊家の菊池びよさんの主催なので、スキップだけでなく、柔軟運動や動作表現などを、わかりやすいお話を聞きながら体験できる。
この時も、誰かが道路に寝そべってみようと言い、みんながそれに続いた。
私も往来の真ん中に大の字になって両手両足を伸ばし、夜空を見上げた。
背中一面に昼間の熱気がうっすらと残るアスファルトの感覚が妙に新鮮に伝わった。

空に向かって片手を伸ばし、爪の先がゼロ地点まで行ったらそこから羽根が舞い降りるように重力に逆らわずに手をおろして、、、といった調子で、びよさんの催眠術効果もあってか、路上ですっかりリラックス気分になった。
みんな心地よいのか、なかなか起き上がろうとしない。
今夜はこの地べた寝そべり体験だけで大満足だ。

いつまでも寝ているわけにいかないので、立ち上がって道路を挟んだ明治公園の中に入り、広場でさまざまなスキップをして遊んだ。
ひとりひとり自分で考えたスキップを披露して、みんながそれを真似する。
寄る年波で体のバネ力と跳躍力は低下し、昔のように大きなスキップ/ステップはできず、ガックン、ガックンと体を動かすのみだが、それでも楽しい。

イメージ 4

日本青年館の建物の取り壊しがすでに始まっていて、ビニールシートの覆いが掛けられていた。建物と公園を仕切るように植えられていた木々の幹が一様にこんなに傾いていたなんて! これは取り壊しに関係なく、以前から傾いていたらしいけれど、なんでだろう?

そしてこのナイトスキップの素晴らしさは社会勉強ができることだ。

あの巨大化け物競技場建設のために、明治公園の向かい側にある都営霞ヶ丘アパートも取り壊し決定となり住民が立ち退きを迫られている。
昔からの住人はなんと50年前の東京オリンピックの際にもそれ以前住んでいた住居から強制的に現在の霞ヶ丘アパートに移住させられてきた人たちだと言う。
つまり2つのオリンピックのために人生で2回も強制移動させられるという稀有な体験者ということになる。
そんな住人の一人の方がスキップの仲間に加わって、アパートの前で説明をしてくれた。

「国策」を振りかざし、ゴミのようにアパートを撤去し、ゴミのように住民を移動させようとするやり方は汚い。

化け物競技場建設は頓挫すればいい。

ヒトにも環境にも財布にも優しい競技場が出来ればいいと思う。

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事