ここから本文です
じーさんの日記
永く続けたいのでよろしく。

書庫全体表示

独活のきんぴら


昨日ご近所さんに、独活と筍、菜の花を頂きました。


朝、柔らかい筍が食べたいね、なんて話していたら、


さっそく道の駅までいって購入されてきたそうです。


筍は昨日すぐに湯がいておきました。


独活は少し細かったので、汚れを取り除き、きれいに洗って


カットし水にさらします。


イメージ 1


ざるにあけてしばらく水気を切っておきます、


ごま油でしっかりとこれでもか、というぐらいまで炒めます。


お酒、みりん、醤油、砂糖で味付け、汁気を飛ばし、


火を止めてから一味を混ぜます。


イメージ 2


筍は煮ものに、若布も炊きました。


イメージ 3


湯がいた筍をカット、糠臭みを消すために一度さっと湯がきます。


お水にめんつゆ、薄口醤油、みりん、塩に砂糖少量、


少し長く炊くので砂糖はダダ辛身消しに使います。


リードペーパーに削り節を包んで輪ゴムで止めて一緒に煮込みます。


蓋をして30分ぐらい煮含めて出来上がりです。


戻した若芽を、筍の煮汁に薄口醤油をたしてさっと炊いて盛り合わせます


残っていた豆腐ハンバーグをチンし、


おろしポン酢をかけました。


イメージ 4


ごちそうさまでした。




この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事