下落トレンドの始まり

 こんばんは
いよいよ、8月も最後の週になりました。そして、株式市場も大きな転換を迎えようとしています。
イメージ 1
今日のNYダウ平均です。
ご覧の通り、大幅に下落しました。米中貿易摩擦の激化と、FRBの金利政策によるものです。
世界最大の市場であるアメリカも、相当の危機を感じたようです。

これに伴って、明日の日経平均も、大幅に売られます。間違いなく・・。
G7も大きな成果もなく、世界状況は混迷を進むことになりました。日米貿易交渉も先送りになり、解決の糸口が示されないのであれば、さらに下落が進みます。
特定の業種が下がり、それに連鎖し他業種も下落。結果、日経平均もかなり下落します。
戦略を大きく変えなければなりません。手持ち株は損切のタイミングを逃すと、大きな損失になりますので、要注意です。

これから数年は、下落トレンドですから、長期の戦略をしっかり考え直さないといけません。
物が売れない時代。加えて人材不足。賃金上昇。企業にとってはいい材料はありません。
さて、みなさんは、どうしますか?   考えましょう。

個人的な運気も数年、数カ月、どん底でした。これから来年に向けて、動き出します。そのためにじっと力を蓄えてきたような感じです。うまくいくかどうかは、分かりません。けれど動かなければ何も変わりません。
今の動きが未来を創るのならば、それを信じて動くのみです。

様子見

 こんばんは。
お盆も終わりました。これからお盆休みという方もいるかもしれませんね。
お盆の間の日経は、小康状態という感じでした。小さな上下はあったものの、大きな変動もなく様子見といった感じです。まもなく、消費税10パーセントを控え、9月にかけて駆け込み需要が出てきます。様々な分野で売り上げ高はいい数字が出そうな感じです。当たり前といえば当たり前なのですあ・・・。
消費税が上がる前に、少しでも安いときに買うというのは、当然の心理ですし、企業もそこは分かっています。増税後のマイナス部分の先取りをしようとおそらく躍起になって、攻勢をかけてきます。しかし10月からはかなり心配ですね。日経は先に動きますから、景気が悪くなるという判断が今の状態です。ただし、駆け込み消費による記号収益の上昇を狙って、投資家もしかけてきます。安易に乗ると、その反動はかなり痛いものになりますので、要注意です。
イメージ 1


世界を見ても米中の貿易摩擦によって、東南アジアの経済状況も悪くなってきています。工場は東南アジアにその拠点がほぼありますから、東南アジアの悪化は、そのまま世界経済に大きな影響を与えそうです。加えて世界情勢の悪化、インドとパキスタンなどを見ても、核の使用をちらつかせいますし、そうなると中国も黙っていません。中国が動けば、アメリカは必ず動き、ロシアも、、、なんて状況にもなりかねませんね。まさに分岐点にたっているかのようです。加えて、10年周期の世界経済の混乱。マイナス材料ばかりです。そうならないことを祈るばかりです。
日経もトレンドラインは下方です。前回の山を越えきれないように思います。個別銘柄もかなり雲の下にきています。雲上の銘柄も多いですが、いずれ下落します。短期に見ても現物買いは、かなり要注意です。一気に下落するときは下落しますので・・・。するときはリスクを覚悟のうえですることですね。

今日は、ちょっと遠出をしました。
車を走らせながら色々思うこと、場所があり、、、、。全く色あせていなく、むしろ鮮明に覚えています。
随分前のことなんですが・・・。でも、そういった場所があることは、大事なことです。無色に見えていた風景も有色に見ることができますから・・・。
今の時間も大事です。それだけ大切だったと感じることができるので。

さて、仕事の始まりです。体調を壊さぬように頑張っていきましょう。

市場の迷い

 こんばんは
今は、お盆休みなので、比較的時間がありますので、少し詰めて投稿したいと思います。
世間的には、台風による交通機関の影響がきになるところでしょう。規制していた方は帰れるか、旅行に行かれてある方も、帰れるか・・。明日は交通機関もマヒとのことですから、16日以降ゆっくり帰るしかないとは思いますけど・・・。いずれにしても、気をつけて残りの休みを楽しんでください。

さて、本日の日経ですが、微妙な動きでした。大きな崩れも反発もなく、様子見的な感じでした。お盆休みということもあり、あまり活発な投資はなかったとは思いますが、それしてもどう動いていいいか分からない。そんな感じでした。投資家も動く根拠がないので、心理的な動きもなかったといえるでしょう。
しかし、状況は悪くなっています。
円高に動くということは、世界的にはあまりよくない状況とも言えます。ただこれが続くと国内産業は厳しいですから、業績悪化につながります。ましてや決算状況もよくない数値がでていましたから、ダブルでくるとかなり厳しい状況です。おまけに消費税の増勢。トリプルパンチというべきか・・・。

悪いときは悪いことが続きます。どうやらドイツ銀行もよくない状況のようですし・・・。もし破綻すればリーマンショック以上の金融危機になるかもしれません。ドイツ銀行が破綻するというようなことはないとは思いますが、影響は多岐にわたることは確実です。その結果金融危機が起こることは十分予想がつきます。
8月末から9月。この期間は要注意かも知れません。それまでは、日経もやや下げ気味に現状維持で行くかもしれません。ただ、いつかは、わかりませんが・・・。
しっかり対策を立てるしかありませんね。

さて、台風が過ぎるとどうやら、40度超えもあるようです。猛暑をこえて、酷暑。熱中症で亡くなる方のニュースも毎日聞きますが、、、さらに増えるのかもしれませんね。私もそうならないようにしないといけません。なんせこの部屋・・・・。
まあ、終わるときは終わるとき。一つのことに対して常に正反対の立場の方がいます。悲しむ人もいれば笑う人もいる。勝つ人負ける人、正解の人・不正解の人、どれも当たり前のことです。
どちらを望まれてるかわかりませんが、私の希望の道のためにやるしかない。

今の日経平均、どちらに転ぶのか面白い。



明日へ

 こんにちは。
お盆、真っただ中という感じですね。
台風も近づいているので、要注意です。気を付けてくださいね。

イメージ 1
お盆休みだったので、日経を覗いていました。連休明けで一旦反発するかと思いきや、下落から始まりました。
最近のニュースをみても、いいニュースはありませんね。どこも赤字のニュースばかり。
ここまで、続くと下落の波は避けられそうにありません。NYダウも下落していますから、より一層です。
失われた10年の際現になりそうです。ただ、いつかが、分かりません。何がトリガーになるのか、不明なところもありますが、要注意です。
先行き不透明。それが今の正解だと思います。
株価は、下落。個別銘柄もかなり雲下を割っているようです。
下落の幅はまだ小さいのですが、今後が気を引き締めてみておく必要があります。
先の見えない状況だからこそ、意思が必要ですね。


昨日、山に行ってきました。山登りということではなく、車で・・・ですけど。
夕日が見たくなり、ふらっと・・・。
2日前くらいに、夕方の空がきれいだったので、もしかしてと思いながら、行ったのですが、残念ながら・・
そこから眺めると、いろんなものが見えてきます。
夕日は希望、そのものです。



恐慌のはじまり

 こんにちは。
日経平均は、先週大きな動きを見せました。
イメージ 1
あっさり、2,1000円を割り込みました。もともと、実感のない好景気でしたから、割り込むのも当然といえば当然です。日銀の手金利政策で紙幣を大量に市場に流し、余ったお金が株式市場に流れこむという状況でしたから、少しでも悪い状況が見えれば、一気に株価は暴落します。アメリカ経済も陰りが見えていますから、しばらくはこのような状況でしょう。おまけに日韓貿易戦争です。現代社会は一国で経済が回っているわけでもありませんので、どこかが不具合を起こせば必ず反動が出てきます。リーマンショックから、10年。この10年というサイクルは、暴落〜回復を繰り返してきました。ですからいつ起きても不思議ではありません。
今後は多少の反発はあるでしょうが、下落のトレンドは確定しました。
戦略も変えなければいけません。でないと、暴落でお金を失う人が多数出てきます。時代を見極める力が必要なわけです。来遊後半にかけて、さらに下落すると思われます。

世間ではお盆休み。
楽しい休みになることをお祈りします。
私は、戦いの幕開けです。

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事