ここから本文です
R35-CRAWLER
RC Custom Do It Yourself

イメージ 1

ボンベとTig本体を一緒に移動出来るようにしたかったので台車作ってました。

一から作るとコストかかるので、ベースの台車はJAKで買うという(笑)
そこに家に転がってた角パイやCチャン組み合わせて完成〜。

溶接棒は塩ビパイプ買ってそこに入れてあり、いつでも取り出せるように(´∀`)


イメージ 2

で!作業台も無いと困るのでこれも製作。
5mm厚の鉄板に足つけて、片側はキャスターにして移動も楽チンに。
流石にこの厚さの鉄板となると重さもヘビーでキャスター付けないと移動がキツい。


イメージ 3

とりあえずアングル材を溶接してみる。。
アーク溶接や半自動みたくスパッタが飛ばない事に感動を覚える(о´∀`о)


イメージ 4

試しに4mmステン丸棒を使い、バンパーをCチャンに溶接してみる

( ̄^ ̄)?

これは?

イケそうな気がする( ̄^ ̄)ゞ


とにかく練習あるのみ。。

この記事に

開くトラックバック(0)

明けましておめでとうございます!

今年も更新率が悪いブログですが、何卒宜しくお願い致します(⌒-⌒; )


イメージ 1

昨年は工作機械4つ導入しました。
☆プラズマカッター
☆100V卓上ボール盤
☆タブルソーカッター
☆Tig溶接機

どれも安物ですが、プライベーターで使う分には十分ですハイ(^-^)v


イメージ 3

作業台を事務所の中にぶっ込みました。
これで冬季もヌクヌクと作業可能に(゚∀゚)
ただね、作業台だから基本立ち位置で作業するようになってるから座ってやると位置が高い(笑)。少し車高短に…


イメージ 2

海外サイトで見つけた40のロールケージ画像ですが、いいですね〜(゚∀゚)
このスタイルを完成予想図としていこうかな?ん?。


他は趣味のPCもチェンジ!

イメージ 5

6年程前に7〜8万で作ったPC。
Corei5 2500K・GTX560Ti・SSD・大容量電源・Blu-rayドライブなどなど。
当時はゲームもやるし、DVDやBlu-rayとかも編集するのに金かけたが、もうゲームも横のPS4proさんにバトンタッチしたし、スペックも時代の波に取り残されて引退( ̄^ ̄)


イメージ 4

そこで手に入れたのがAmazonのサイバーマンデーセールで29800円買えたAcer Aspire xc730 n18。
OS単体で買えばWindows10ならやや15000円を考えると本体の価値って…。
CPUもCeleronの2Ghzデュアルコア、HDDは1TB、メモリも8Gととりあえず普通に使うには十分かなと思ってたが、動画見るとイマイチで見れない事は無いがレスポンスが悪い(u_u)。
やはり内蔵グラフィックでは不満が…

ここだけは耐え切れないのでグラボを突入させます。NVIDIAの1000シリーズの一番下っ端のGT1030。
下っ端のクセにスペックは先代のグラボの中堅クラス並のスペックと時代の流れを感じつつ組む予定で(´∀`)


イメージ 6

おっと忘れてた。
PCモニターも28インチ4Kモニターに変えました。youtubeの4K画像ですが、色彩豊かであります。


とまぁ、長くはなりましたが
では本年も宜しくどーぞー(о´∀`о)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

イメージ 2

初のRC4WDキット組立てでしたが、AXIALより楽です(笑)
ミッションやアクスルも組む必要が無いから、のんびりやっても1日でシャーシは組める感じ。


イメージ 3

OPのインナーフェンダーも取付けました。これあるとリアルで内部も泥で汚れない?( ´∀`)


イメージ 4

イメージ 5

K44も無事組み付け完了( ^ω^ )


鉄ちんがこれまたいい味出してるんだけど、オフセットもう少し欲しいかな〜。
満開切るとリンクにタイヤが干渉するんで最悪他のホイールにチェンジかも…

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

海外製の激安Tig溶接機買いました( ^ω^ )
何故か溶棒も使えるモードもあるみたいで、そっちは必要無いんだけど(笑)

パルス機能も付いてるけど、その機能使う出番が果たして来るのか?( ̄▽ ̄;)


イメージ 2

イメージ 3

で、Tigに欠かせないアルゴンガス。
しかも7立米w
たくさん練習出来そう(。-∀-)


今回買ったのは直流なのでアルミ溶接は不可ですが、とりあえずはねスチールやステンレスが溶接出来れば満足です。

薄物・細物とか半自動じゃ泣きながら溶接してた物もこれがあれば!?

と期待をしつつ?

先ずはこのボンベを設置する移動可能な専用台を作らないと( ̄▽ ̄;)

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

PitBull Braven Ironside
外径106mm
今年の秋頃に発売されたピットブルの新作タイヤ。
ニューコンパウンドとの事ですが、結構触った感じではベタ付き感があり粘ってくれそうな予感たっぷり( ^ω^ )
内部のインナーは重量マシン向きの固め仕様なのでこれは後々調整して感じで。


イメージ 2

先日手に入れた鉄ちんに組んでみました。
いゃー相性悪いのか全部組むのに時間かかって苦労しましたわ…
まだウエイトレスなので、これでウエイト入れたら組めない予感が…(。-∀-)


イメージ 3

イメージ 4

HOLMES HOBBIES
CRAWLMASTER EXPERT 16T

モーターは初のホルムズホビー製をチョイスしてみました。
5スロットで下から鬼の滑らかを発揮するようで(°▽°)
もちろん上は弾ける加速も。。
機械巻きですが、これの手巻き仕様はもっと高いので諦めました(。-∀-)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事