ここから本文です
さいかちの蛹室
さてはて、どこまで続くかな?

書庫TOP

すべて表示

ご覧いただききありがとうございます。
このような辺境の地に迷い込んでくれた方に、ほんのひとときのヒマつぶしになれば幸いです。
所有する2台のバイクとそれにまつわる事などを書いていきたいと思います。

いやはや、参りましたね〜。
前回記事より1ヶ月以上の放置状態。
花粉の季節なので仕方ない面もありますが、一昨年より恒例のダルイダルイ病になりまして、本日も午後はしっかりと3時間のお昼寝タイムとなりました。
これが治らない限り、なかなか進展できそうにありません。

まぁ、今日もなんとかエンジンをかけることには成功したのですけれども、アイドリングで見事にプラグがカーボンだらけでしたんで、まだ時間がかかりそうです。
それにしてもカッタウェイ2.0は手強いです。
まるで異次元のような世界観?
なのでボチボチ頑張りましょう。

さて、そしたらこのTOPページに何を書こうかと考えたりもしたわけですが、最近はまっている、ダルイダルイ病でも楽しめるものの画像でも載せておこうかと考えたわけですよ。
未だ初心者ゆえに多くの言葉で飾れませんが、画像だけ見ていってください。






イメージ 1

はい、日本酒です。
今となっては全国区、首相御用達の獺祭でございます。
私に日本酒を教えてくれたのがこのお酒です。







イメージ 2

こちらは、主流 楯野川です。
楯野川の中ではこちらの黄色のラベルがイチオシです。

私は、本来アルコールに弱く、しかもスッキリとした味わいのお酒しか旨いと感じません。
そんな味覚障害の私が載せるお酒ですから、初めて飲むお酒にオススメですよ。
肴の微妙な味わいを邪魔しません。







イメージ 3

高千代からはこのひらがな赤ラベルが秀逸です。

思えばこのところ毎日のように飲んでおりますな。
日本酒なしでは、夕食が進まないくらいです。
ただ、本来が飲めない口なので、銚子ではなくお猪口に2から3杯だけなんですけどね。
それでも天ぷらやお鍋の日には、食べ過ぎてしまう事もしばしば・・・
旨い酒は、日本料理に合いますね。







イメージ 4

吾有事 「わがうじ」と読みます。
13は、アルコール度数です。
こちらは最近知ったのですが、13以外であっても出色の出来と思います。
私は、冷やでしか飲めませんが、何に合わせても食が進みます。
次もお店に有ればこれを買うでしょう。






イメージ 5

最後は、赤武 結の香 です。
同じ蔵で酒米を山田錦にしたものも出してはいますが、私はこちらを推しますね。
吾有事と同様に旨味だけでできている気がします。
飲んだ途端に獺祭を超えてるんじゃないかと思いました。
私にとっての双璧です。

以上、醸造用アルコールが体に合わない私が、冷やのみの感想でオススメできるお酒です。
共通事項はスッキリです。
それ以外の微妙な味わいを表現できる言葉を知りません。
てゆうか、感覚と言葉が一致しないって言う方がいいかもしれませんね。
この世界も深遠であるようですな。

では、明日も飲みつつ、キャブレターと言う別な世界に想いを馳せる事にしましょうかね。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • さて、その2でございます。 今回は、各社からZ900RSのカスタムモデルが出展されていましたので、そちらを中心に載せていきます。 こちらは、昔のZ1です。 こちらは今時のZ900RS。 ...すべて表示すべて表示

  • いやはや、すでに1週間も経ってしまいましたか。 毎年恒例になりましたモーターサイクルショーで撮ってきた写真のお披露目です。 ダルイ・ダルイと言いながらも行ってしまえばそれなりに見て歩きますんで、いい運動にもなりました。 せっかく行きましたんで遅ればせながらも載せておきますね。 今回、一番気に ...すべて表示すべて表示

  • TOPページでも書きましたが、スターターからのリークが治まったおかげで、見えて来たものがあります。 今までは、リークのおかげで様々な状況で濃くなったり、濃過ぎになったりしていましてはっきりと分からなかった事でもあります。 それから、内径39mmストレートポートにして何かしら変わってきたからかもしれません。 ジェットニードルのストレート径 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事