ここから本文です
おっさんライダー残酷物語〜愛媛松山編〜
ダイエット継続中!只今16kg減。衝原湖刀会ナルシスト部会会員でもあります。

書庫全体表示

ようっ!

幸田です。

昨日は天気も良かったので道の駅ふわりで行われたイベントに行って来たよ。

イメージ 1

愛媛の人ならだれでも知ってるゆるキャラ、「みきゃん」(笑)

3.11の地震への義援金のイベントでした。

今の幸田にできることは少しばかりの募金をすることくらいか。

カッパの被り物は我がマン〇〜ズのチームカッパのトレードマークである。

漢たるもの、

人前で大真面目でこれを被るくらいの勢いがあってもいいんじゃないかな?





さて本題。

今日はシュッと化最終章ということでカタナのデザインについて幸田なりの

解釈で語ってみるか。

まずはGSX1100Sファイナルエディション!

イメージ 2

文句なしにかっこいい!

伸びやかで迫力があって、シュッとしてて非常によろしいですな。

未だにこのデザインが最高という人が多いのも当然だ!

で、GSX400S!

こいつも全く同じカタナデザインでかっこいいよね?

イメージ 3

バイクを知らない人やオーナーじゃない人が見たら見分けがつかないだろうな。

でもこれ、どちらかのオーナーだと、全然違うということに気が付くんだよな。


で、何が違うんだ?

考察すると。

①シートの形状とシートカウル

1100Sのシートは厚みがあって段差があまりないのに対して、400Sのシートは

えぐれが大きくてリアシートも段差が大きい。

で、シートカウルは1100Sの方が高さが低くシュッとしているのに対して、

400Sは高さがあってちょっとずんぐりとしている。テールランプの大きさも

1100Sの方がかなり大きい。

この形状のせいでリア周りのシュッと感がかなり違うような気がする。

幸田のカタナはテール周りを1100用に交換しているのでこの部分はシュッと化

 完了している。(シートはそのままだが)
 
イメージ 4

②フロント周り。

400Sのフロントカウルは前後に短く、上下方向に高さがあるような気がする

のだがいかがだろう?それとそのアッパーカウルの下についているサイドのカウル。

これは確か1100Sとの共通部品だったと思うのだが、フロントカウルとのバランスが

1100を基準としてみた時、大きすぎのような気がする。

よってフロントまわり全体が良く言えばマッシブに、悪く言えばぼてっとしている。

これは250と共用の外装なので、エンジンの高さが少ない250Sは隙間を埋める為に

カウルをぼてっとさせざるを得なかったのではないだろうか?

全体的にタンクやカウルのボリュームでバランスを取っているような気がする。

1100Sはエンジンが大きいので相対的にカウルがシュッとして見えるのかも知れない。

幸田のカタナはフロントカウルのシュッと感を出す為に、このカウルを半分に切っていたのだが?

イメージ 5

③サイドカバーの高さ

もうこれは1100Sと400Sの基本骨格の違いである。

エンジンが大きく高さがある1100Sはエンジンを抱え込むようなポジションにならざ

るを得ず、タンクとシートの段差が大きい為サイドカバーも大きい。

比べたら一目瞭然だが、サイドカバーとタンクのバランスの違いがよくわかる。

でもこのサイドカバーの長さっていうのがカタナデザインの独特感を醸し出している

ような気がする。



まとめると、250Sと400Sは1100Sのデザインを非常にうまくまとめたかっこいい

バイクであることは間違いないのだが、1100Sを忠実に再現するあまり、

基準を1100Sとして見た時に何か違和感を感じるのだと思う。

カタナのデザインは1100のエンジン、タイヤサイズ全体から成り立っているもので

あってエンジンやタイヤの違うバイクに当てはめるのに相当な苦労があったのは

間違いないと思う。

こんなことを言っても仕方がないのだが、1100Sのデザインを忠実に再現するのでは

なく、ゼファーのように共通コンセプトながらそれぞれの排気量にあったオリジナル

なデザインに落とし込んでも良かったのでは?とは思う。



断っておくが、バイクのデザインなんて女性の好みと同じで、

幸田ああ!

貴様水冷カタナデザインをバカにしてるんかい?

なんて言わないでね。

私自身オーナーであるし私にとってかけがえのないバイクなのである。

大型カタナを買わなかったのもこの400Sの存在が大きかったというのもあるし。



さて前置きが長くなったが、

シュッと化最終章である。

あれやこれやとは語らないがこういう感じに仕上げました。

イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9

撮影時刻が日没後だったのでうまく撮れていないけど、

こんな感じです。

このサイドのカウルが長年気になっていたのでとうとう外しました。

外したままだと中途半端な感じになるので

黒カーボンのラッピングシートでカウルの流れを視覚的にごまかしています。

アッパーカウルの余分な爪は切り取りました。

黒カーボンのラッピングシートは引っ張った方向に自由自在に伸びて

非常に貼りやすいです。失敗してもはがして張り直しが簡単なので助かります。

ついでにトップブリッジも張り替えました。


さてカタナのシュッと化は今回ので納得がいったので今回で終了です。

ではでは。

この記事に

  • 純正維持かと思っていたら!?
    デザインを変えていましたか(^^)d

    シュッとして見えるのは色も影響しでふね!
    シルバーはラインがくっきり見えるのでシュッとして見えますよ!

    シートは加工しないんですか?
    竜王などでお会いした時にでも私のシートはめてみますか(^-^)/

    [ yuuki ]

    2018/3/14(水) 午前 0:04

    返信する
  • > hisa2さんコメントありがとうございます!
    hisa2さんは南の方が多いですよね〜。私の場合は南行きは渋滞の市街地または住宅地を通過しないといけないのでつい海岸線を走れる北を目指してしまいます。(笑)
    カタナはデザインありきのバイクだけにやはり細かいところですが、こだわりたいです。
    次の出撃は告知しますので都合が良ければぜひ!

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 9:56

    返信する
  • > 最強の負け犬さんコメントありがとうございます!
    400カタナの良いところは重量やパワーその他標準の人間が扱う乗り物としてちょうどよいバランスを保っているということだと思います。
    これ以上のパワーや車重は扱いきれない可能性が高いのと、大きくなればなるほど乗り物としての汎用性は失われていきます。汎用性がなくとも突き抜けた性能が魅力的なのもまた事実ではありますが。
    私も400カタナは手放すことはないと思います。
    お互い一生大切にしてきましょう!

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:01

    返信する
  • > FF−Cabinさんコメントありがとうございます!
    アニキは以前からそのことを行っておられますよね〜。
    (笑)
    カタナ400も立派な旧車ですし、ノーマルを維持するハードルは高くなっていくので、ノーマル状態には拘らずに維持していこうと思っています。
    もちろんノーマル状態を大きく変えることはないですが、気に入らない部分はちょこちょこ自分好みに仕上げていくつもりです。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:04

    返信する
  • > ひまおさんコメントありがとうございます!
    空冷刀はゴリゴリしてるんですかね?(笑)
    そういえば忍者黒王号もカタナ400にくらべたらゴリゴリしていますね。(笑)
    カタナ400は振動も少なく乗り味もゆったりまったりしていますね。ちょっとそこまで乗るのに気軽に走れるところが良いのではないかと?

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:08

    返信する
  • > けものさんコメントありがとうございます!
    銀尽くしの感じは私が中学生の頃みたバイク雑誌のスクープ記事のカタナと多分同じイメージだと思います。
    今のバイクとは明らかに違う金属感?でしょうか?
    250らしさ!良い言葉です。
    1100では出せない雰囲気を出してこそ値打ちがありますね。どんな風に仕上げるのか楽しみにしていますよ。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:11

    返信する
  • > なおぴーさんコメントありがとうございます!
    普通はウィンカーやラジエター、シートカウルの穴なんかで識別するみたいですが、オーナーだと細部の違いではなくぱっと見の雰囲気でわかります。
    400カタナらしさを追求していきたいです。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:14

    返信する
  • > 羽衣佐武牢さんコメントありがとうございます!
    オーナーにしかわからないこの微妙な雰囲気!わかってもらえますか?(笑)
    400,250のほうがちょっとかわいい雰囲気なんですよね。
    1100,750はカタナの切っ先感がうまく出ているんですよね〜。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:18

    返信する
  • > ミックさんコメントありがとうございます!
    どんなものも使ううちに不満や気に入らない部分が出てきますよね。そこを何とかしたいという気持ちなんです。
    あとは自分だけの1台にしたいという思いもありますね。
    全体のイメージからすると些細なことでもこれが意外にぱっと見のイメージを大きく変えるのです。
    こだわりが無くなれば情熱もないということなのだと思います。情熱ある限りこだわっていきたいです。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:22

    返信する
  • > ねむさんさんコメントありがとうございます!
    マフラーがノーマルの人はまずフェンダーレスはしていないし、外装をあれこれ弄っていないのは確かですね。(笑)
    社外品で2本出しがあれば交換するかも知れません。
    2本出しの後ろ姿が好きなんですよね。
    ノーマルにこだわっているわけではありません。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:26

    返信する
  • > デューク原口さんコメントありがとうございます!
    もしかしてカタナ熱再燃してきましたか?
    カタナに復帰しませんか?
    と期待をしてみる。(笑)

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:27

    返信する
  • > キュウタロウさんコメントありがとうございます!
    サイドのカウルを薄くしてバランスが良くなったと思いますが、それでも見る角度、特に斜め上から見た時の雰囲気に何か違和感を感じていましたので除去しました、
    今年の目標は断捨離だけにピッタリのカスタムかな?と。
    ファイナルはオリジナルの深みのあるシルバーがファイナル独特の雰囲気で私は憧れますがね〜。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:30

    返信する
  • > | | -;) ム・ラサーメさんコメントありがとうございます!
    た、確かに頭のボリュウムがなくなってシュッとしてますわ〜。(笑)
    もう時間の問題でカッパなしでシュッとしますのでご期待ください!

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:32

    返信する
  • > Autobahnさんコメントありがとうございます!
    ハンスムートが最初に描いたプロトタイプであるSXが本当のオリジナルであると私は思っていますが、あのイメージが強烈過ぎて、本当にカタナの切っ先のイメージがあるんですよね。あの鋭くとがったイメージに近付けたいっていう気持ちがあるんですよね〜。
    400.250のサイズを活かしてあんなイメージのカウルに最初から作ってもよかったのではないかなとさえ思います。

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:41

    返信する
  • > 玉子さんコメントありがとうございます!
    最終章と言いながらラッピングシートのすばらしさにはまって、色々小顔メイク中です。
    ちなみに今年は竜王行くんですかね?(笑)
    私よりも更に遠いですが。
    できたらお会いしたいもんですね!

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:43

    返信する
  • > yuukiさんコメントありがとうございます!
    シルバーは鋭く見るような気がするのですが、1100との違がわかりやすい色であるとも言えますね。
    ぜひシート装着させてくださいな!
    私のリアカウルはシート後端での段差をなくすために極力上にあげてセットしているのでリアシートから一直線のきれいなラインが出そうです!

    gt_yosshy

    2018/3/14(水) 午後 10:46

    返信する
  • ブレーキ、完成おめでとうございます。タッチ出にくいですよね。サイドスタンド、ハンドル左いっぱいで、あっさり出たりします。お試しあれ。

    [ kat*pan**25 ]

    2018/3/31(土) 午後 4:55

    返信する
  • こんにちは(^-^)/♪
    KATANAの世界は奥が深いですね。
    \(◎o◎)/
    最近のKATANA400が周りに増えてます♪
    私には400がベストな車格のように感じます\(^o^)/。
    もっとも、メタボなので痩せないといけませんが(^_^ゞ。

    [ メガリス ]

    2018/4/4(水) 午後 6:34

    返信する
  • > kat*pan**25さんコメントありがとうございます!
    エア抜きがこんなにこんなんだとは?(笑)思いませんでした。
    実は作業を一箇所ミスしてまして、マスターに入れたピストンを固定するクリップがきちんとはまっていませんでした。
    入れ直したら少しマシになりましたが、どうもタッチがイマイチです。効くのは効きますがね。
    色々やってはいるのですが。

    gt_yosshy

    2018/4/9(月) 午後 10:07

    返信する
  • > メガリスさんコメントありがとうございます!
    400カタナの良いところは標準の体格の人だとまさにちょうど良い重さ、大きさ、パワーであると言うことだと思います。
    これ以上重くても大きくてもパワーがあっても一般人には手に負えない部分が出て来るのではないでしょうか?
    もちろん大型の強烈なパワーは魅力的ですが、大型に疲れたライダーがいずれ400に帰って来ると思います。

    gt_yosshy

    2018/4/9(月) 午後 10:20

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事