気になる記事

自分が気になる記事、関心のある記事(子ども、虐待、教育、心理など)を転載しています

全体表示

[ リスト ]

 昨日カキコミの記事があったので、ついでにですが、性的虐待の少し古い記事だけど、重要なものを載せておきます。
 日本は性的虐待に対する発見・対応がかなり遅れています。
 虐待の統計を取り始めて、身体的虐待やネグレクトの相談・発見件数は他の国同様増加してきているのですが、なぜか性的虐待のみが3.0前後の水準で推移しているのです。
これは、日本が性的虐待が起こりにくい国を現しているのか、というと、私はまったくそうは思いません。臨床的にも、そんな割合ではないからです。
 もっともっときちんとした取り組みをしないといけませんね。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 子どもへの性的虐待は、約4割が実父によるもので、しかも被害を受けた子どもの4分の1が性交を強いられていたことが、児童精神科医の岡本正子・大阪教育大学教授を中心とした児童相談所職員らの研究班の実態調査でわかった。発見までに平均で2年半もかかっており、早期発見と子どもへのケアの重要性が浮き彫りになった。

 7府県1指定市の児童相談所が01年に扱った家庭内での性的虐待事例166件(162件は女の子)について調べた。

 内容は、「性的な言葉を言う」などから始まり、触る、性交など。全体の4分の1は性交があったことが確認された。

 加害者は実父が40%で最も多く、次いで継父が22%、母のつきあう男性が12%だった。

 虐待を受け始めた時期は小学4年から多くなるが、4人に1人は乳幼児期からだった。児童相談所への相談受け付けは中学生が約4割を占めた。虐待を受け始めてから相談するまで、平均で2年半かかり、中には7年以上かかったケースも複数あった。

 虐待が発見される経緯は、子ども自身が相談した例が半数以上。相談相手は教員が3分の1と最も多かった。

 虐待の影響として、75%の子どもに何らかの症状や問題行動がみられた。気分が変わりやすい、無気力、うつ、自傷など精神症状は約半数に、理由のない家出や徘徊(はいかい)、小さい子だと多動や乱暴といった行動上の問題は約52%に、性的な逸脱行動や年齢にふさわしくない性的な言動などが約36%に、夜尿や頭痛などの身体症状は22%に見られた。

 <日本社会事業大学教授の話> 加害者である父親が日本の場合はほとんど逮捕されていないのが問題だ。北米では逮捕され、服役して、家族関係の見直しをはかる。性的虐待は子どもの将来に重大な影響を残す。生涯を通じたサポート体制の仕組みも必要だ。

性的虐待で初の実態調査

   子どもへの性的虐待が、深く進行している。

 子どもへの虐待による死亡事件が報道されるようになっているが、性的虐待はまだ社会的に注目されたとはいえない。

 問題が複雑だからである。

 性的虐待とは何か。抽象的な言葉では事態の深刻さは伝わりにくいのだが、そうとしか語れない問題でもある。

 子どもへの性交の強要、体を触るなどの性行為全般から、子どもに対して体を触らせることを強制することも含む。体の接触がなくても性的虐待は成立する。たとえば、大人同士の性交渉の現場を子どもに見せること、ビデオ機器などで子どもの裸体を被写体にすることも性的虐待になる。

 もしこれらの行為を成人した男女に強要したら、すぐに強制わいせつ、強姦などの犯罪容疑者として警察に通報されるだろう。大人には「これは犯罪である」ということを認識する知恵と経験があるからである。しかし、子どもに対する性的虐待は、大人のそれとはまったく様相が異なる。

 初めての性体験を同居している父(または養父)から強制された子どもは、その行為の意味がわからないことが多い。また、父からの行為を母に伝えても、無視されてしまい、性的虐待を止めることができないこともある。

 こうした事実は虐待防止に携わっている関係者にはよく知られていた。しかし、行政機関としての実態調査はなかったのである。

 神奈川県中央児童相談所は2000年から2003年にかけて受けた相談36件を集計し、これを分析した。日本で初めての実態調査である。

 調査によると被害者は3歳から17歳の女の子だった。性的行為が28件。そのうち7件は性行為があった。女の子に虐待した加害者は、実父が13件、養父が9件、継父が1件。父親からの虐待が全体の6割を占めていた。

 性的虐待防止のために尽力している人にとっては予想された集計結果ではあったと思う。しかし、性的虐待について良く知らない普通の人にとってはショッキングなデータだろう。

 加害者が父親であるために刑事告訴が難しい。性的虐待の調査は家庭のプライバシーに踏み込むことにもなるため、虐待の被害者も加害者も口は重くなる。

 調査結果は3月24日に神奈川県の児童福祉協議会で報告された。このような報告が全国で実施され、性的虐待の実態が社会に広く知られることが期待される。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

いつも拝見させていただいています。

この記事、TBさせてくださいね。
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

2007/10/20(土) 午後 8:20 ※ Chikako ※ 返信する

顔アイコン

はじめまして
興味深い記事ですね
アメリカでは性的虐待は大変重い罪です
児童のフォローもさることながら性的犯罪者を公表し何処にいるか分かるようになっているようです。私はこの分野は素人なのですが、加害者の校正プログラムなどは難しいのでしょうけね。。
根深く、心痛む事象ですね。。

2007/10/29(月) 午前 11:25 [ sti*u*us_h*ran* ] 返信する

顔アイコン

いつも見てくださってありがとうございます。
仕事が忙しいので、不定期upですが、細々続けて以降と思います。

どうぞどうぞ、どんどんwTBしてください。
少しでも役に立てればと思います。

2007/11/6(火) 午後 11:34 [ gta*ca ] 返信する

顔アイコン

>hiranoさん
加害者の更生プログラムは本当に大変です。性的犯罪は、再犯率が非常に高いですが。
ですから、向こうでは子どもに関わるような職につく場合はポリスチェック(無犯罪証明)を受けなければなりません。
性的虐待は重大な犯罪です。本当になんとかしなければと思います。

2007/11/6(火) 午後 11:38 [ gta*ca ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事