屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

小沢亜穂15歳。世にも珍しい“両刀投げ”を引っさげて、高校野球界に“アー坊旋風”を巻き起こせ! 
アー坊・花ちゃん・のりっぺの幼なじみ3人組と愉快な仲間たちが紡ぎ出す、
青春☆トキメキ野球漫画

ストライプブルー1巻
前作「ショー☆バン」は未読。
前作を知らなくても入っていける作りになってるらしい通りすんなり世界観に入りこめた。
そしてなにより・・・
こいつぁ面白い!
野球とラブコメの二対一体。どちらも偏ることなくバランスよく物語が進んでいる。
1,2巻同時発売ということで『しっかりまとめて買いなさいな!』と。
物語は、中学の野球活動が終わるところから始まる。
その野球部のエースピッチャーはなんと女の子である江口花こと“花ちゃん“

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_1?1194731205

彼女の補欠ピッチャーである「第2投手」こそが主人公の小沢亜穂こと“アー坊“
世にも珍しい左右投げ(両刀)ピッチャーである、アー坊に目を付けた高校野球関係者
またライバル選手がこぞって彼の周りに現れて、どこの高校に進学するか悩むアー坊の姿を
この1巻では描かれてる。
アー坊のことが好きで、高校に進学しても彼と一緒に野球をすることを望む花ちゃん。

「あたしもアー坊の夢に協力するよ」

「女は・・・高校じゃ・・・・・・試合に・・・・・・!公式戦に出れない」

「そんな事わかってるよ だからあたし“バッティングピッチャー“やる。
 3年間バッティングピッチャーでいいんだ」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_2?1194731205

もうほとんど愛の告白同然の台詞だけど、鈍感なアー坊には気づいちゃいない。
それよか迷惑がっちゃってるものだから困り者。
こういうタイプには“押してみるより引いてみろ“ですよ奥さん!
そんなラブでコメな展開を一蹴する存在がここで登場。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_3?1194731205
妄想野郎・直木君の登場ですよ。
一応アー坊の恋のライバル・・・というか一方的に花ちゃんにゾッコンなのが彼。
花ちゃんとチヤホヤしてるアー坊に嫉妬して、私的な理由※(勝ったら江口は俺の嫁さん)
で野球勝負したり、妄想野郎というより電波野郎みたいな気がしないでもない。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_5?1194731645 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_4?1194731205
誰か止めろよ。。。とんだKY野郎だぜ

花ちゃんとアー坊には幼馴染で、もう一人幼馴染がおります。
それこそが、浅井紀子こと“のりっぺ“
あだ名こそ田舎の娘さんみたいで、ダサめですが私は花ちゃんよりのりっぺ派ですよ?
花ちゃんとは親友でありながら、アー坊を奪い合う恋敵。アー坊と同じような偏差値で
同じ高校に行ける事を喜んでいるのりっぺ。

野球一筋なカンジのするアー坊はお世辞にも勉強が出来そうに見えないのは分かるんだけど
見た目おしとやかで優秀そうな彼女がアー坊と同Lvって、意外とバカキャラなのかな(;^ω^)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_6?1194731553

成績のいい花ちゃんは私立の女子高に行かなきゃもったいないんだよ!
要約すと・・・
「アンタは頭良いんだから、私達の邪魔せず違う高校行け!」。。。となりますね?
意外と彼女“黒い素質“持ってそうで。
補欠で目立たなかったアー坊に、周囲が賑わしくなって
彼の両刀投げに目を付ける人物が多く現れる。

変な人〆箴絛岼
進直高校野球部の監督。
自分で言わなかったら決してそうとは思えない風貌だが、アー坊のことを高く買っていて
史上初の両手投げ投手としてスカウトしにやってきたのだ。
・・・んでいきなり

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_7?1194731456

その場で球を受けたいと言い、公共の道路でしゃがみこむ坂上。
それに拒むことなくミット目掛けて投げるアー坊。
うん、こいつら迷惑すぎ
精密な制球力の左、ノーコンだが剛速球の右を使い分けるアー坊だが、
坂上はその辺も承知のこと。
「ウォームアップすれば140でるな・・・・しかも今投げたのは軟球・・・・・これが硬球だったらあと3キロ速くなってた・・・そして高校に入って体鍛えりゃあと5キロは速くなる」
ズバリ!高2で148まで行くね(ハート)高3になったら150だ!」

ホントかよ(笑)


変な人関口平太
シニア日本代表の野球エリートで、眼鏡掛けてて
やや天狗気味の少年。ポジションはキャッチャー。六大学出身の叔父の噂を聞きつけ
アー坊の実力を試しにきた。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_8?1194731205

生身の人間の帽子のみ当ててみろと要求する、平太。
いきなり訪れて無茶な要求突きつけて、傍迷惑なヤツだがこの漫画の中ではマトモなほうか。


変な人C陛槌五郎
平太とバッテリーを組み、シニアの日本代表エースとして世界大会に出場した野球エリート。
関口平太が自分を差し置いてアー坊とバッテリーを組みたがっている事を聞きつけ、アー坊に
勝負をもちかける・・・のは言いのだが

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_9?1194731205
勝手に人の家に侵入してるんですけど・・・
いきなり現れて名前も告げずに「どこの高校に入るんだ?」と訪ねる非常識さは、さすが
平太とバッテリーを組むだけのことはある。
アー坊との勝負は結局八五郎がフライを打たされ負ける。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_50347411_10?1194731205
なにこの爽やか展開。グッドラックとか言うなよ

ラブコメ要素の強い漫画ですが、私はそれ以上に周りの濃ゆいキャラ達に
魅力を感じましたね。特に八五郎なんてまんま雲竜(ドカベン)じゃん!とか思ったり。
とってもツッコミ所満載なとこもお気に入りです。
だって作中、ずっと「両刀」「両刀」言ってるけど、両手投げとかスイッチ投法って言やいいのに。

両刀って・・・ねぇ?

絵柄も「ドカベン」とか「俺はキャプテン」みたいな古臭いかんじのタッチが逆にいい。
時間あったら2巻の感想も書きたいと思います。。。

【評価:★★★★★★★★★☆】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事