屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

オクターヴ(2)

イメージ 1

イメージ 2

ふたりでいることに、おぼれていく――。隠しているわけじゃない。でも誰にも言ってない
宮下雪乃と岩井節子、ふたりの“関係”――それは、秘め事ばかりの恋愛風景。

オクターヴ(2)
(著)   秋山はる  (アフタヌーンKC)

恋に溺れ、肉体もあなたに溶けていく――

元アイドルだったものの内気な性格から恋愛経験皆無な少女が、かつてミュージシャンとして活動して
いたという女性・岩井節子と、女性同士ながら肌を重ねあい恋をしていく恋愛物語「オクターヴ」2巻。

ラストのあの衝撃展開は……いや実はそれほど衝撃でもなかったんだな。節子への憧れからくる男性との
繋がりを意識した描写もあったし、いつかはこうなるんじゃないかと思ったりしました。そういう展開を望んでい
たわけではないんですけど、雪乃の人間的(精神的)な成長のためにも必要悪だと感じてしまうとこがあります。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_56784627_1?1235709560

世間との葛藤、精神的にも肉体的にも未熟で・・・

1巻で肉体関係を持った雪乃と節子は恋人同士になりました。今まで恋人なんていなかった雪乃ですから、
一番の親友・鴨ちゃんについつい節子さんを紹介してしまう気持ちも分からないでもないです。けど、一般的に
女性同士のお付き合いを世間は受け入れてませんよね。親友とてそれは変わらない反応なわけで……。

事実を知った鴨ちゃんの「信じられない物でも見た」とでも言わんばかりの表情が印象的でしたが「あの人女だ
よ?」という親友から突きつけられた現実に、雪乃は悪い方向ばかりに気持ちが追い込まれていくんですよね。

より彼女を知るために男を知るのか。それとも

節子のほうもはじめは「雪乃とヤリたい」という軽い気持ちのつもりが、雪乃の純真なまでの想いが届いたの
か、雪乃を大事にしたいと心から想うようになって、いい感じになってきたなと思ったら……嗚呼あの展開。

「男性経験済み」の節子に対しての嫉妬なのか、それとも男性の肉体を通してより節子との繋がりを感じた
いのか。ラストでの展開からどう察していいのかまだ分かりませんが、雪乃くらいの年頃の女の子なら何が
起こっても不思議ではない。おかしくない、とも思うわけです。なにせまだ18歳の少女なわけですからね。

不安定なまでの雪乃の行動には誰かが付いていなければいけないと思ってしまいますが、その「誰か」が
節子であってほしい。そのためにも危うい関係でもお互いを「好き」という気持ちだけは胸に秘め続けて
ほしいなと思います。本来ドロドロ展開は好きじゃないんだけど俄然、お話としては面白くなってるから困る。

【評価:★★★★★★★★★☆】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事