屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


神を殺した者は神の権能を得る。そしてその力を得た者は王者『カンピオーネ』と呼ばれ、
覇者とも魔王とも称される。そんな高校生・護堂の求めるものは平穏な日々。しかし魔術師にして
自称護堂の愛人・エリカがもたらすのは荒ぶる神との邂逅!?さらには、媛巫女・祐理も護堂に接近!?
新たな神話を紡ぐバトルファンタジー開幕!

●神殺しの魔王で高校生、魔女と共にド派手に戦う!

「今はまだ限られた力しか持たなくても、いずれあなたはウルスラグナの権能を
完全に掌握するわ。あなたはあらゆる障碍を打ち破り、勝利を奪い取る人だもの。護堂が真の王者に
なるまで、わたしが必ず守ってみせる。どんな敵にも殺させないし、渡さないんだから」
いつもの軽い調子ではなく、決意を込めた静かなつぶやき。それはうれしい。

シリーズ第一弾。
神を殺し、その権能を得た『覇者』たる者こそがカンピオーネと呼ばれる。高校生の草薙護堂は神殺し
としてカンピオーネになったことで、自らを“護堂の愛人”と自称するエリカにその力を利用されるのだが……。

著者曰く『超必殺技しか持たない主人公が、途中のレベル上げ行程をすっとばして大ボスと戦う物語』と、
あとがきにあるように、スーパー神話大戦なド派手なバトルが繰り広げられるファンタジー。主人公は魔王の力を
持っているけど、平和主義者。でもやる時はやるタイプだし、愛人のエリカともいいコンビで読んでて心地いい。

神々と戦う高校生のお話

巡回サイトでも評判良さげだったけど、多くの人が思っているように、2巻から読んでしまったのか?と
勘違いしてしまいました。ほんとに。護堂の立場とかエリカとの関係とかの説明もこの1巻では語られずじまい
であって、どうしても置いてけぼり感はありますかね。その辺の事情は今後語られていくのでしょうけれど。

殺害した神々の能力を簒奪、その奪った力『権能』で神々と戦うアクションシーンは、薀蓄バトルな印象。
それゆえに爽快感はそんなになかったけど、護堂が様々な超必殺技を駆使して戦う姿はなかなか面白かった。

冗談のようで本気なエリカの誘惑がまた……

本筋はそういった神々との超常バトルなのだろうけど、作品的にはラブコメとしてのが楽しくなりそうかな。
エリカ嬢と万里谷で三角ラブコメの下敷きが出来上がったし、ハーレム化の兆候もありますし、そこは期待。

でもあくまでメインは、愛人であり“本妻”であるエリカでしょうねー。護堂をいいように扱っていてずっと
主導権は握りっぱなし。けれど、カンピオーネとはいえ、護堂と常に同列の立場でいようとする相棒っぷりが
素敵だと思いますし、好きな男のやる気を奮い立たせようとする姿がとてもいい女なんですよね。エリカは。

1巻としては置いてけぼり感を食らった部分もあるけど、そこを含めて今後の内容に
興味がそそるような作りになっていますし、多分シリーズ重ねてどんどん面白くなっていくのでしょう。

とりあえず5巻までは買ってあるので読み進めていきます。

【評価:★★★★★★★☆☆☆】

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事