屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

怪獣のテイル(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

金持財閥の令嬢・円はその莫大な財力を元にメカ怪獣・セイバーとバトルステージを
作り、テイルを『ごっこバトル』に誘う。ほのぼの生活は一変、マサキ(特撮オタク)・テイル(怪獣)
親子は、本気の怪獣ごっこ…『ごっこバトル』三昧の日々。これでいいのか子育てはっ!?

怪獣のテイル(2)
(著)  F4U   (ヤングジャンプコミックス・ウルトラ)

メカ怪獣・セイバーちゃんとお友達になりました

ある日、隕石の落下を目撃して『来たれ!宇宙怪獣!世界に破滅を!』と叫ぶと、ほんとに怪獣のタマゴが
降ってきて、そのまま怪獣の娘・テイルの父親になってしまったマサキ。日々、娘はすくすく成長中です……!?

ニートなパパ・マサキと怪獣の娘・テイルによる、ほのぼの子育てコメディ『怪獣のテイル』2巻です。
いやなんと言いますかね。F4Uワールドとでもいうのか、テイルの可愛らしさで売る安易な萌えに走るでもなく
ほのぼのコメディでもバトルでもない。この掴みどころのなさが、なんだか素敵な漫画なんじゃないかしら。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_60436886_1?1303248482

金持財閥の令嬢・円さんがテイルに対抗せんと仕向けてきたのはメカ怪獣のセイバー。差し詰めゴジラに
対するメカゴジラといったところか。二人を戦わせようと、特撮セットの戦いの舞台まで用意してたりともうノリノリ。
言うなればこの『ごっこバトル』というのは、他の親/子供たちとの初顔合わせ。コミュニティの場ともなる

『公園デビュー』みたいなものだと思うんですよ。……うん、ちょっと自分でも適当なこと言いすぎたと反省。
うーんしかしアレだなぁ、まるで『逆上がりするとこ見ててねおとーさん!』とばかりに、作り物の街を破壊する
ことに目を輝かせるテイルの純真さがいいのよ。やはり子供の成長には、同じレベルの友達が必要なわけで。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_60436886_2?1303248482

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_60436886_3?1303248482

出る漫画間違えたんじゃないかと思うほど、セイバーも無駄に高性能でカッコよいのですな。多分、女性型の
ロボのはずだけど、オプションで漢のロマンであるドリルでバトっちゃったりテイルのお使いの中身を見てメニュー
を予想してみせたり。そこから買い漏らしてる品物を当てたり…ってどんだけだよ!すでに探偵の領域だよ!

今回はそんなメカ怪獣なセイバーだけでなく、怪獣モドキ?な野生児・あづきも登場して怪獣的少女たち
による、にぎやかシュールコメディがたまらなく味があって、なんかほんとF4U先生の漫画だなぁと感じます。

安易な萌えに走ってないと書きましたが、そうはいえどもやはりテイルがかわいいわけで。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_60436886_4?1303248482

個人的な2巻のかわいいテイルは、
怪獣の着ぐるみを着た怪獣娘な図だと思うわけだがどうか?

しかしまぁ、いちいち(無駄に)説得力のある語りと大仰な演出が効いていて、超新星爆発やら宇宙怪獣の
襲来なんかの、本来ならシリアスになりそうな流れさえも、F4U流のエンターテイメントとして昇華している
ように思うのです。このテンションに乗っかったもん勝ちですよマジでね。このごっちゃり感がいいんだ、うん。

子育てコメディとしても、テイルがいい娘にスクスク育っていてニンマリしちゃいます。素直で優しくて
お使いも出来るようになってと、買い物に行くエピソードでは、新しい洋服を買いたいテイルだったけど、
マサキの軍資金が少ないと知ると、セール品の靴下でガマンしようとする気遣いがね……テイルいい子すぎる。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/71/c3/gtjttfg/folder/1462600/img_1462600_60436886_6?1303248677

テイルがかわいいのは勿論の事ですが、私的には終始、円お嬢様のデコっぷりに目が釘付けでしたわ。
ただ逆に、お嬢様の活躍多目だったぶん、幼馴染のかなめの出番が少なかったのは寂しいところかもですね。
彼女には巻末収録の、特別読み切りで見せたような可愛い一面をもっとマサキの前でも見せてほしいな。

テイルの成長と共に、物語もまだまだこれから
進化していくのでしょうかね。このままF4U先生のセンスについて行きますぜ。

【評価:★★★★】

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事