屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

生徒会選挙最終戦を前に、最凶の過負荷・球磨川禊が帰還。
球磨川はめだかとの決着を誓い「はじまりの過負荷」を取り戻していた。
そして遂に幕を開け会長戦。長きに亘る過負荷との戦いに、いま終止符が打たれる!!

めだかボックス(11)
(原作)  西尾維新   (漫画)  睦月あきら    (ジャンプコミックス)

生徒会戦挙、大決着――!

会計戦を引き分けで終え、副会長戦では日之影の活躍により勝利をもぎとった箱庭学園生徒会。
最終決戦となる会長戦はこれまでの遺恨に清算をつけるべく、めだかと球磨川が戦うことになるのだが……。

『生徒会戦挙編』の最終決戦めだかちゃんvs球磨川戦と、その後に待ち受けている新たなる敵?も登場する
『めだかボックス』11巻です。“負けたと思った方の負け”という至極単純明快なルールで戦うことになった
二人ですが、最後の戦いは以外にも、ジャンプのバトル漫画らしさのある真っ向勝負を演じてくれましたねぇ。

イメージ 2

これまでジャンプ三大原則や、ジャンプ的な展開をことごとく否定してきた球磨川禊でしたが、めだかちゃん
が『負けて這い上がる者が強い』と言っているように、自分で思っているほど弱くはないんですよね、球磨川は。
弱い自分を自覚して認めているからこそ、それを表に出そうとせず遠に回りなやり方ばかり選んでるだけで。

結局はめだかちゃんという絶対的な主人公の引力に引かれてか。『ぬるい友情・無駄な努力・むなしい勝利が
モットー。』といっていた少年が、気がつけば括弧つけない“本来の球磨川禊の姿”で、めだかちゃんとの少年
漫画らしいバトルを演じるだなんて、初期の球磨川を思い返せばダレも予想できたなかったんじゃないかなぁ。

『大嘘憑き』を失った代わりに、球磨川にとっての固有スキル『却本作り(ブックメーカー)』で
もってめだかちゃんに挑むも、なんだかはじめから敗北するために戦っていたようにも自分には見えまし
たかね。まるでスーパー戦隊シリーズで巨大ロボットにトドメを刺されるのを待っている敵キャラみたく。

イメージ 3 

前回で球磨川が異常な怪物ではなく、普通の感情を曝け出した普通の人だったと分かって
しまった時点で、この結果には納得済みなところはありますが、やはり少々拍子抜けな部分もあります。

とどのつまり『めだかボックス』も、
異常なキャラの立ち回りや面倒くさいやり取りで誤魔化されてはいるけれど、しっかりジャンプのバトル漫画の枠に納まっている作品なんですね。

イメージ 4 

しかも、『戦いが終わればノーサイド』とは言いますが、そのまま空席だった副会長の座に
めだかちゃんは球磨川を使命します。……うわぁ、めだかちゃんやっちゃったなぁと思いましたわ。

善吉の気持ちを知っている上で、なおのこと善吉なら自分のやり方を全て受け止めていると信じてくれている。
これは互いに絶対的な絆があればこそだけども、だからこそめだかちゃんのこの行為は、夫の目の前で堂々と
不倫相手を交えて同居生活はじめてもいいですか――と、聞いてるようなものと思うのは考えすぎなのかな。

イメージ 5 イメージ 6 

戦いが一件落着したと思ったら、次の敵が現われるのはバトルの漫画の鉄則。今度の敵は安心院なじむと、
不知火半纏の二人合わせて『悪平等(ノットイコール)』。しかしラスボス候補の安心院から『主人公には勝て
ないから戦わない』と言われ、ある意味ではバトル漫画における前代未聞のシュート発言をされてしまいます。

とりあえずは神の気まぐれに流されるまま、しばらくは日常編に戻りそうな気もします
が。ともあれ後半のエピソードは、完全に球磨川が主人公になって物語を牽引しておりました。

安心院さんによるフラスコ計画は、めだかちゃんが学園卒業後に発動することをぶちまけます。ならばと、
めだかも卒業後に学園を任せられる後継者を見つけるべく、人材発掘に中学生を対象にした学園見学会を催す
ことに。ここで5人の女子中学生がお披露目されますが、相変わらずいい意味でキャラが薄っぺら濃いな!

新キャラのJC5人娘に関してはなんともいえないとこだけど、生徒会メンバーとして生まれ変わった
球磨川の活躍がとにかく目立っていました。変態でヘタレ、普段は弱っちいくせに、本気を出せば強いという
実に主人公らしい活躍っぷりを見せていました。5人娘のひとり・財部ちゃんとの絡みも楽しいっすね。

イメージ 7 イメージ 8 
そんな11巻はJCの縞ぱんと、球磨川のレイプ目(完全に事後)が見所になっておりますよ。
うおおおおおおいツンデレJCの縞ぱん乱舞オイシイ過ぎんぞゴルァ!
どんだけぱんつ見せつけるんだよってくらいでね。恐らくはそれを念頭に入れて11巻は描いたんだろうね。
真面目な善吉ではこういったシチュエーションに対応できなかっただろうし、球磨川は3人目の主人公として
見た方がいんでしょうな。どうなるか先が読めない展開ですが、今後の『男塾』的な展開に期待ですよ。

本編ではさっぱり見せ場のなかった喜界島さんも、巻末でかわいいとこ見れたので良し。

【評価:★★★】

閉じる コメント(2)

顔アイコン

お久しぶりです。
縞ぱんの回を本誌で読んだ時のインパクトは凄かったです。
めだかボックスは、1話からちゃんと見ていないので、
ちょっとコミックス集めたくなってきました…。球磨川先輩が面白い。

2011/8/11(木) 午前 1:10 八月一日 返信する

顔アイコン

ほづみさん、お久しぶりですー。

めだボは本誌では読んでないのですが、コミックが発売すると
かかさず感想書いてるので、なんだかんだで自分、この作品好きなんだなーと。

縞ぱんもおいしかったですけどやはり11巻は
球磨川に尽きますよね。もう、彼が主役でもいいってくらいですよ。

2011/8/11(木) 午後 8:02 Glenn 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事