屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

フロッグマン(6)

イメージ 1

自分に気持ちに正直になったミチル。果たしてハルカは、その想いに応えることができるのか……!?
恋に、部活に、十代特有の濃厚な時間が流れる。そんな中、水泳部を潰そうという動きが……。
このピンチにみんなが団結して心をひとつにしていく!!一瞬のような夏が、永遠にきらめく!!

フロッグマン(6)
(著)  ナイロン  (ジェッツコミックス)

ハルカちゃんのことが好きだから、ずっと一緒に泳いでいたい!

ミチルに大胆に迫り、ついに告白までしたマコトだったが、ハルカへの想いを裏切れないミチルは、
マコトを振ることになる。元の3人の水泳部の関係に戻れないと悟ったハルカは、どういう応えを出すのか……。

恋に水泳に、ちょっぴりエッチな青春ラブコメ『フロッグマン』も、この6巻で堂々の完結となります。
やはり思い返してみても、本作は“水泳漫画”というよりも、甘酸っぱくも爽やかなラブコメとしての印象のが
強いですよね。モチのロンですが、本編そっちのけでサービスシーンは今回も大盤振る舞いでございますよ〜。

イメージ 2

……と、いうかですね。最終巻だというのに。いや、むしろ最終巻だからこそか?巻を重ねるごとに
サービスシーンが過激になっているのですがどういうことなのですか!正直なところ、『え、最終巻なのに
ちょっと脱線しすぎじゃないか?』と思わなくもありませんが、むしろ脱線が本流になっているような…?

6巻の最初のお話(50話)と、最終話(58話)は本編としても、それまでの過程となるエピソードは、
まるでボーナストラックでも見てるかのような、ミチルとハルカを中心とした、ラブラブでエッチなサービス
エピソード集。2人の絆を深めて、夏の思い出を作るという意味では、構成自体になんの不備もありませんよね。

しかし、1巻から読んでいるとハルカちゃんの成長を感じまくりますよなぁ。3巻の感想の際には、
“ハルカの巨乳化”を指摘しましたが、ナチュラルなエロさにもますます磨きが掛かってからに……。

イメージ 3 イメージ 4
うなぎを掴もうとしたら、ミチルのナニを掴まえてしまうハプニング。

以前も、ミチルに電気あんま蘇生法を試みたことがあるハルカちゃんですから、ミチルのティンティンを
ニギニギするなんてことはお手のものなのでしょう。ただ、こうゆうエロいイベントであっても、ハルカちゃんの
優しさと純粋さ、そして何事にたいしても一生懸命なその姿に、ぼかぁエロスよりも感動さえ覚えましたよ?

これまで以上に大胆なシチュエーションが用意されており、ハルカもフル回転で体を張ったサービス
シーンを見せてくれますが、そんな中でも『ヒロイン・泉遥』として、新たな一面も見せてくれたりしています。

それは……。

イメージ 5 イメージ 6
黒のヒラヒラでスケスケなパンティー!

うん、マジでね。ハルカちゃん成長したなぁ(ニッコリ)これは夏祭りでの一幕ですが、浴衣なのだから、
下着は身につけていないのかな?と思わせておいて、黒のスケスケ下着を持ってきたところにナイロン先生の
こだわりを感じたというか。浴衣の下に黒のヒラヒラスケスケ下着。これは非常にエロくていいものですね。

5巻までは、マコトも入れた三角模様を注目していた本作だけど、6巻はこれでもか!という勢いでハルカちゃん
のグラマラスな肢体眩しいエロスが満載。それは同時にこれでもか!と競泳水着を使ってのエロコメも満載な
わけで。ミチルとの肉体的な接触も増えているのは、それだけ2人の気持ちが通じ合っている証拠なのでしょう。

イメージ 7 イメージ 9 

終盤には水泳部廃部の危機!?にも直面しますが、まぁ水泳部らしい活動してなかったんだから、
残念ながら当然と思ってしまったり(苦笑)そんなピンチ気味な展開にもミチル、ハルカ、マコトが協力して
難を乗り越えたところに、これまでの活動が無駄ではなかったんだなぁと思ったりなんかもしました。

とはいえ、水泳部なのにシンクロショーってのは…最終巻なのに、どこまでも水泳をしないなぁ(笑)プール
でやったことといえばシンクロとうなぎと戯れていたことだけか?ま、本筋はそこじゃないからどうでもいい(えー

そしてそして。ミチルに告白されたハルカの返事も最終話できくことができますが、
それよりも海外で手術しに行った青木コーチのビッグサプライズに驚いてしまいましたよ。

イメージ 8
あれ?……ということは、マコトだけあぶれた?と思ったけど、マコトにはみやびちゃんがいるし、終わってみれば主要キャラはみんなカップル成立。めでたしめでたし、ですね。

最後の最後まで恋に水泳に、そしてちょっぴりエロスなサービスシーンも大増量されていて、
それもこれも、ナイロン先生による魅力的な絵の成せるところですよね。脱線し過ぎな感もあるエピソードも
それはそれでこの作品らしいですしね。なんにせよ、1巻から彼らの成長を見ることができて良かった。

ナイロン先生の次回作にも期待しております!

【評価:★★★★】

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事