屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

犬とハサミは使いよう Dog Ears1 (ファミ通文庫)
著者/更伊俊介   イラスト/鍋島テツヒロ

天才作家秋山忍こと夏野霧姫の飼い犬として、日々読書に勤しむ俺、春海和人。
その妹、円香が高校に合格し、入寮前に夏野家を訪れたのだが――何でお前らそんなに険悪に
なってるの? そして"エターナル和兄プロジェクト"って何!? 『犬は災いの元』、夏野にある相談をする
ためやってきた映見。だがそこに鈴菜が来襲、映見が発する強力な"苛めてオーラ"に戦慄し……って
だからそれ何!? 『千里の犬も一歩から』他、俺を取り巻く混沌【カオス】な日常を描く、短編集第2弾!

●鮪喰『零式』と『無限』があれば、もう何も怖くない!

『じゃあさ、一度そのハサミ、持ち歩くのを止めたらどうだ?』                    「あらあら、急に何を言い出すのかしら、このエロ犬は」                       『え、何その反応』                                            「私にとってハサ次郎とは、体の延長、そして鎧も同じ存在なの。それを手放せ          だなんて、それは私に真っ裸でいろと言うのと同じことよ。なんていやらしい犬なのかしら」          『えええ……』

短編集第二弾。
春海和人は読書バカである。それは死んでも、犬になっても変わらない。犬になっても本を読む。
犬であろうが本を読む。ドSで人気小説家の夏野霧姫との奇妙な生活は毎日がデンジャラスそのもので……。

二冊目の短編集もこの作品らしい夏野さんと犬の会話劇が面白いけれど、非日常的な日常が描かれる
不条理っぷりと変態キャラばっかりしかいないハチャメチャさが面白おかしいですねぇ。表紙を飾って
いるように和人の妹・円香の活躍が目覚しかった短編集でした。いや、この妹。夏野さん並みに危険だわぁ。

『犬は災いの元』

メインヒロインと妹が主人公を取り合って口論になったらなぜかバトルが始まっちゃいました!?
ラブコメ作品なら、間違いなくそういった展開の妹回なんでしょうけど、どうしてこうなった……としか言い
ようがないほど妹・円香の異常性が垣間見えたエピソードでもありましたな。和人もシスコンなのだけど、

円香はそれ以上にブラコンなんですよね。ヤンデレ?いやいや、あれで正常だからタチが悪い(笑)

『諸刃の犬』

夏野さんとハサ次郎の歴史のお話。夏野さんにとって小さい頃から大切にしていたお友達がぬいぐるみ
とかではなくハサミだったという、ただそれだけのことなのですよ。まぁそれだけで済ませちゃいけないほど、
彼女がハサミを手放しただけで、日常が歪んでしまう超常現象が…って、ハサ次郎は伝説の神器かなにか?

夏野さんは父親似らしいのですが、夏野さんとは違って“アレ”が豊満なお母様の登場を強く希望します!
お姉さんの方はそのうち登場しそうではありますけどね。この家族のことだから皆個性が強いんだろうなぁ。

『千里の犬も一歩から』

表向きは映見の成長と必殺技修得回(笑)なのだけれど、タイプの違うMキャラに対抗心を燃やして暴走する
鈴菜さんの変態ぶりが平常運転すぎてある意味心地いいお話でした。私この作品では彼女がお気に入りキャラ
なもので。鈴菜さんの巨乳に負けず、映見も隠れ巨乳ということが判明して、意外と似たもの同士なお二人さん。

この二人の共演をまた見た……別にいいかw

『鬼の犬間に洗濯』

この作品でハサ次郎の次に恐ろしいものは円香のカレーであることを再認識させられたお話。

『躓く犬も縁の端』

東川高校に入学した円香とその友人たちを取り巻くお話。作中では数少ない“一般人”の女子高生、
奈央視点で語られることが多いため、ちょっといつもの犬ハサとは毛色が違ったエピソードになっていたかな。

兄を失った円香の、普通の妹としてのちょっぴり切ない気持ちが描かれてもいましたが色々な意味で円香
は強いからなんの心配もないよねと思ったり。円香と友人たちの活躍は今後の短編集でも見られそうですね。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事