屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

BTOOOM!(10)

イメージ 1

ゲームの黒幕ティラノスジャパンに勤務する飯田と島で再会する坂本。そこで打ち明けら   れるゲームの謎と驚くべき計画とは!?残りわずかとなったプレイヤー達が最後の戦いを開始!!  

BTOOOM!(10)
(著)   井上淳哉   (BUNCH COMICS)

デスゲームの中で助かる答えを探して…。

ゲーム開始から5日目。足を負傷中の坂本とHIMIKOは、織田との戦いを避けて静かに身を潜めていた。
そんな二人の前に現われたのは、ゲームを主催する黒幕の一つであるティラノスジャパンの飯田だった……。

爆弾を駆使した殺人ゲームを描く戦慄の“リアルボンバーマン”漫画『BTOOOM!』10巻です。これまで
繰り広げてきたデスゲームによって多くの犠牲者が出ましたがここに来て坂本&HIMIKO。織田と秀美、そして
東郷率いる4人組に絞られてきて三つ巴のバトルの様相を呈してきて、物語も最終局面を迎えつつあります。

イメージ 2 
明かされる『BTOOOM!』の真相!

このデスゲーム『BTOOOM!』は世界中の有力企業の出資によって作られた巨大企業複合体による巨大ネット
共同体である次世代ネット配信コンテンツ。名目上は社会をよりよくするための改革事情ということになっている
けどどの国の法も適用されないんだから、殺し合いを見せ物にする殺人ショーであることに変わりないですよね。

そんな物語の根底に関わる重要機密を坂本と語ったのが、誰であろうゲームを主宰する
黒幕の一つであるティラノスジャパンの開発スタッフであり、坂本の学生時代の先輩でもある飯田でした。

飯田は坂本にゲームの矛盾を暴きシステムを破綻させることで、このデスゲームの開発を中止させること
を頼みます。この飯田の坂本への“お願い”自体がゲームをクリアするための一つの答えになっているといって
いいのかもしれません…。デスゲームの敵がプレイヤーではなく世界=主催者たちであるわけですからね。

イメージ 3 イメージ 4

デスゲームは最終局面を迎えつつある一方、シリアスな環境に身を置いているからこそ人と人との
繋がりが大切であることを気づかされるのも事実。坂本にとってはまさに今、HIMIKOの存在が生きる希望に
なっているけど、それはHIMIKOの方も同じ気持ちでしょうね。二人の絆はさらに深まってきていました。

ゲームクリアの答えが見つかったことで、終盤の坂本の戦いぶりは活き活きしていましたね。これまでも
窮地に立たされ、それを乗り越えて成長してきましたがここに来て天才プレイヤーの本領を発揮しつつある感じ。

イメージ 5 イメージ 6
覚醒してさらに強くなる坂本――!

恐らく織田でさえ今の坂本を倒すことはできない状態でしょうね。そんな坂本だからこそ三つ巴の戦い
を制してプレイヤー同士の戦いを終らせるために動き出すことに。このままプレイヤー同士が協力してゲームの
システムをぶっ壊して物語も終焉を迎えるのか、それとも……やー続きが楽しみな展開になってきましたよ。

次巻予告だと織田と手を組むような展開みたいだけど、そうすんなり事が運ぶのか、逆に不安だなぁ。
ティラノスジャパンの鷹嘴も飯田の動向に気づいている感じがするし、飯田さんの安否も気になるところです。

ということで引き続き11巻を楽しみに待ちたいと思います。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事