屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ハクメイとミコチ。緑深き森で暮らしている、小さなふたりの女の子。木の洞に家を造ったり、   葉っぱを傘にしたり、昆虫や鳥の背に乗ったり…身長9センチメートルなら、そんな事も     出来るのです。そーっと覗いてみませんか? 穏やかで愉快で、とびきり愛らしいその生活を。

ハクメイとミコチ(1)
(著)   樫木祐人   (ビームコミックス)

覗いてみませんか?ハクメイとミコチの森の日常劇

森の奥で暮らすふたりの小さな女の子、ハクメイとミコチ。身長わずか9センチメートルの
彼女たちは、木の洞に建てた家に住みながら、森の住人たちや様々な人たちと交流しながら生活していた……。

身長わずか9センチメートルの小さな女の子・ハクメイとミコチ。そんな二人のほっこりファンタジックな
森の日常劇を描いた『ハクメイとミコチ』1巻です。表紙からして絵の巧さは伝わってきましたが“雰囲気だけ
の漫画”かも?と少し心配もしたんですけど、全然そんなことなかった。久しぶりに当たりの作品でしたよ。

イメージ 2 

一話完結のお話で、毎回ハクメイとミコチの森での生活とそこで暮らす人々との交流を描いた漫画なのですが、
世界観と内容。絵の技術とびっしりと描き込まれた背景…すべてが絶妙にマッチングしていてほんとに二人の
暮らす日常を覗いている感覚。樫木氏は漫画誌『Fellows!』の新人作家みたいですが、只者じゃないですよ…。
ほんと、ちっちゃかわいいハクメイとミコチを見てるだけで楽しい。
これが一番の本作の魅力かなぁ。けど、ただかわいいだけじゃない。昆虫を乗り物にして移動したり街に
繰り出したら色んな人たちと交流したり、森で野宿したときにはちょっとしたプチ冒険気分も味わえたりとか。

作品が醸し出す雰囲気はかわいらしいものなのだけど、しっかり作りこまれているから自然と入り込み
やすいファンタジックさと、ゆったり時間が流れているような和み空間にほっこりさせられること請け合い!

イメージ 3 イメージ 4

主人公のハクメイとミコチもいいコンビというか、よき相棒同士って感じで二人のやり取りには長年連れ
添ってきたパートナーの阿吽の呼吸を感じますね。ハクメイは修理屋の仕事をしていて、元気いっぱいで猪突
猛進なタイプの女の子。その彼女を制御しているのが、家庭的な性格でしっかりもののチコリ。チコリの方は、

保存食や日用品を作ってそれを卸して生計を立てていて、そんな二人の名コンビっぷりも相まって
森での楽しそうな生活を形作っております。ほっこりさせられるお話が多い中、第5話『仕事の日』では
いつになく真剣な面持ちで仕事に励むハクメイが印象的。イイ話系でこれには思わずグッと来ましたよ。

あと、本作を語る上で欠かせないのが、料理や食べ物のシーンも上げられると思います。

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7 イメージ 8
森での魅力的な衣食住に注目。

絵もいいし世界観の雰囲気もすごい気に入った作品で、これは何度も読み返したくなるような、
そんな一冊でした。『こびと日和』というタイトルで読切りとして始まったみたいですがそこから今の
タイトルになって正式に連載がスタートしたみたいです。いやぁ『Fellows!』作品はほんと侮れない。

1話ごとに描き下ろしイラストコラムも載っていてそちらも作品の世界観に一味加えいる。
ということで、オススメもオススメのファンタジック日常劇。是非多くの人に読んで欲しい漫画です。

【評価:★★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事