屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

らぶなどーる!(3)

イメージ 1

らぶなどーる!3 (電撃文庫)
著者/上月司   イラスト/アマガイタロー  

生徒会が設置した「お願いBOX」に、初めての投書が。それは、窮地に陥った「軽音楽会」を
救って欲しい、という依頼内容だった。 この事態を解決するため、生徒会のマスコット
「ラブらん」こと虎太郎は人生初のバンド活動をすることに……。成功の鍵は、
虎太郎の幼馴染みの少女、蒼海が握っていた。 引っ込み思案で大人しい彼女が秘めた謎とは……?

●妹分な幼なじみの、その想いをキャッチしろ

「出来れば最初の段階で気付いて欲しかったよ……」                        「あの……やはりこの場合、お仕置きされてしまうんですか?縛られたり盛られたり」     「いやしないよ!?しかも縛るのも大概だけど、盛るって何?!何を盛るっていうの?!」 「それは…………恥ずかしくて説明できません……!」 

シリーズ第三弾。
幼馴染みのツテで生徒会の女子寮で居候することになった平凡な高校生・雪村虎太郎。生徒会副会長の
雛姫と友達になり着ぐるみ着て生徒会の奉仕活動を続ける毎日。今回は初めてラブらん宛に依頼が来て……。

前半は学生寮メンバーとの他愛もない勉強会。そして中盤からはラブらん宛てに初めて依頼が届くのだけ
れど、その内容というのが文化祭での『軽音楽会』のバンドメンバーのヘルプをお願いされるというもの。
そして今回のストーリーに絡んでくるのが年下の幼なじみ・蒼海。彼女の秘めた想いを知ることにもなります。

――短評――

いやはや残念地雷原ヒロイン・雛姫さんの安定感ったらないですね。ちょっとめんどくさい性格も愛嬌に
さえ思えてくるのは超絶美少女ヒロインの特権か。そんな雛姫に負けじと蒼海回でもあった3巻は、ツンとした
態度に見え隠れする蒼海の素直になれないイジらしい想いに、キュンキュンしたり…。恐らく本作の中では

誰よりも女の子らしくて、誰よりも虎太郎のことを想っているヒロイン(現時点で)そのふくよかな
胸元も実に女の子らしくあるわけでして。地味なあの子の、僕だけが知っている秘密…みたいな蒼海の素顔が
見れたのは良かったですね。ただ如何せん、本番であるはずの文化祭の尺が短すぎたのが勿体ないよなぁ。

一番見たかったシーンをカットされた気分で、いまいち尻すぼみに終わったというか盛り上がりに欠けた
のは否めないと思う。ただ、エピローグでの二人のヒロインの独白からも、彼女たちの中では恋のバトルはすで
に始まっているご様子。一大決心をした雛姫がどこまで行動に移せるのか。次巻はそこに注目ですかね。

【評価:★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事