屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 6 (GA文庫)
著者/裕時悠示   イラスト/るろお

「偽の彼氏って、どういうこと?」鋭太と真涼の偽物な関係が、ヒメにバレてしまった。
その翌日から、ヒメの様子がおかしくなった。あきらかに中2病が悪化しているのだ。
「我が剣に手を触れるな!呪われた竜に魅入られたいのか!」風紀委員にすら反抗し、暴走するヒメ。
その理由はやはり鋭太と真涼にある訳で…。ヒメの件を相談する二人は、真涼の希望で鋭太の家に。
「えーくん、お帰りなーさい…ッ!?」キッチンから千和がエプロン姿で駆けてきて、真涼とはち合わせ!?

●俺たちの甘修羅からの卒業?

「ちゃんと毎日メールしなさい。たまにはこっちにも遊びに来て。絶対よ」             「わかった、わかったってば」                                       「体には気をつけてね。カゼなんかひかないで。他の女と話した数だけ刺します」       「なんで最後だけ殺害予告なんだよ!?」 

シリーズ第六弾。
カノジョの夏川真涼、幼なじみの春咲千和。重度の中二病で“元カノ”な秋篠姫香とそして婚約者の
冬海愛衣の4人に猛アタックされている季堂鋭太だったが、今回は偽の恋人設定がヒメにバレてしまい……。

はいはいいつもと同じ……じゃない!変わらない日常、馴れ合いの修羅場ラブコメと見せかけておいて、
着実にヒロインズの心理には変化が見えていますよね。今回はヒメのターンのようでいて、鋭太への本心と偽り
恋人関係を演じていることで色々とボロボロな真涼さんが印象的。馴れ合い関係もここらでお仕舞いかな?

――短評――

前巻から引き続きググっと(俺的)評価を上げてきたのが千和。“幼馴染みヒロイン”としていい感じに
なってきた。愛衣ちゃんは相変わらずの平常運転過ぎて…うん、特に言うことはないな!愛衣ちゃんかわいい!

そしてようやく成長の一歩を踏み込んだのがヒメだったわけだけど、純粋なヒメだけに真っ向から真涼の本音を
聞きだそうと食って掛かったり、自身が嘘で塗り固められたキャラを作っていたから余計に真涼の嘘にも敏感
だったんでしょう。ヒメの過去も知ることができて、単なる中二病な不思議ちゃんではない、普通の女の子として

少し理解することができたかなぁ。ただ物語としてはそろそろクライマックス?いやらしい言い方をする
ならば、メインヒロインがメインヒロイン足るカードをここで出してきたなぁと。で、ここで肝心なのはまだ真涼が
鋭太に本当の気持ちを告げていないこと。この意味、分かりますよね?なんだかんだで今回も正妻強しよな。

ヒロインたちが成長したことで、ラブコメとしても成長してきた本作。次は大きな動きがありそうだ。

【評価:★★★★】

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事