屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

のうりん(5)

イメージ 1

のうりん 5 (GA文庫)
著者/白鳥士郎  イラスト/切符

現代動物調教研究同好会―通称『どうちょけん』。
それは私、良田胡蝶が新たに創部した、人と家畜の心を通わせるための部活である。
…そんな私の前に立ちはだかる黒い影!飛騨高山のライバル校、過激な動物愛護団体、
そして…謎のサングラスの男!貴様は―!?人は虚無の畜産にぬくもりを見つけられるか!?

●畜産に携わるということ――。

「ま、待て!早まるな良田ッ!!」                                   「止めるな過真島継!いま使わずして何のための乳か!                          わ、私の乳房の力で、貴様の陰茎をガチガチに勃起させてくれるわっ!!」 おおっ!     よ、良田さんが脱ぐっ……!?ポロリ!?ポロリが来るの!?ついにWカップ開催か――!? 

シリーズ第五弾。
田茂農林高校に通う畑耕作は憧れのアイドル・草壁ゆかこと木下林檎や幼馴染みの農らと農業に費や
す青春を送っている農業ボーイだ。今回は良田さんが創部した『どうちょけん』で畜産に関わることになり……。

『おっぱいさん』こと良田さんメイン回!という以上に今回のテーマである畜産が非常に重く真面目な
お話だったために、なんだか考えさせられることが多かった5巻でした。我々人間と家畜の関係は、私たちが
生きていくうえで欠かせないものであるゆえに、これ読んだ人はそれぞれ思うところがあるんじゃないかなぁ。

――短評――

動物や植物など他の生き物の命を頂いて生きている人間にとって、今回は避けては通れないテーマの一つ
だったと思いますけど、本来ならば避けがちな畜産の“舞台裏”をあえて正面から逃げずに書ききった著者の
白鳥氏も、相当に勇気が必要だったんじゃないでしょうか。それだけに、やっぱり来るものはありましたし。

そんな重く真面目なエピソードにやや押された感はあるが、ギャグ方面も相変わらずの安定感。扉絵でまさか!?
と予想はしていたものの、期待どおりのZガンダムパロに、新キャラ・姉小路千草はまんまキャラがギンガナム
御大将で草不可避。ほんと白鳥士郎はガンダムとおっぱいが大好きだな!著者とはいいお酒が呑めそうです(笑

農業コメディとしての本分とライトノベルらしいギャグ成分のハイブリッドな本作はこの巻でもう一皮
剥けたかな?という印象を与えてくれました。ガンダム風にいえば『さらに出来るようになったな、のうりん!』。

さてさて、最後の寮生の登場でラブコメパートも大波乱の予感ですな。

【評価:★★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事