屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

全てを与えられた魔界の新王・ヴェルモート13世は、自分自身の力で全てを手に
入れたいと渇望する。そして、自ら打った剣と美しきメイド・サラだけを
連れて人間界に侵攻。人類の運命や如何に!?未曾有のダークファンタジー、堂々開幕!!

お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。(1)
(原作)  KAKERU   (作画)   サイトウミチ  (ニチブンコミックス)

世はまさに、大魔王時代――!!

あらゆる全てのものを有している魔界の新王ヴェルモート13世。魔界を穏やかに納めていた彼で
あったが自分自身の力で全てを手に入れようと地上に降り立つ。最凶の魔王の地上侵略が始まったのだ……。

最強最悪の魔界の新王ヴェルモート13世が邪悪なまでに地上を喰らい尽くす!圧巻のダークファンタジー
『お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。』1巻です。ここ最近の流行り(傾向)として魔王と
勇者を題材にした作品は漫画にしろラノベにしろよく目にしますが、魔王が“弱い”作品が多かった気がします。

本作は久しぶりに『これぞ魔王!』と唸らされる圧巻なまでの邪悪っぷり!

イメージ 2 イメージ 3
最強魔王によるダークファンタジー!               そのあまりの最凶っぷりはダークヒーローのごとく!!!

権力、財力、知力、実力、才能、全てを持っていてなんでも手に入る。魔界ではやることをなくして
いた魔王ヴェルモート13世。しかしそれは18年間生きていて先代魔王たる父から与えられたものだったと気づく。

そんなヴェルモートは父から受けついだ魔王軍ではなく、自身の力で地上を征服しようと立ち上がります。
いわば勇者の逆Ver。勇者は魔王を倒して平和を取り戻すべく旅立つが、魔王は勇者を倒して地上を征服して
地上に絶望を与えるために降り立つ。世はまさに、大魔王時代!――といった幕開けの物語なのであります。

イメージ 4 イメージ 7

とにかく外道で残虐非道なこの魔王。私なんかは『幻想水滸伝2』のルカ・ブライトを彷彿させられましたが
その実、唯一頭が上がらないのがメイドのサラというのも面白い。ヴェルモートにとっては地上以上の手に入れ
ることが困難なのが彼女なのかもしれません。誰もが魔王に屈服して、それこそ女とあれば彼の前では股を

開くというのに、サラは決してヴェルモートになびこうとせずに、それどころか魔王を茶化して嘲り
本音と拳をぶちまける事を許されている。愛されているからこその特権ではありますが、サラのヒロインとして
のこの気高さもいいですね。その一方でサラと真逆の立場にいるのがもう一人の本作のヒロイン?ルナス姫。

地上侵略の第一手としてヴェルモートに城を奪われ、王やメイドらを殺されて自らは愛玩動物と同然の
扱いで生かされてしまいます。それこそ彼女にとっては殺された方がずっとマシだったと思えるほどに……。

イメージ 5 イメージ 6
魔王の寵愛を受けるメイド・サラと魔王の犬となった元お姫様のルナス。

中盤には正義の使者として黒騎士一行が魔王討伐にやって来ますが、そこそこの頑張りを
見せるものの、それさえも魔王の掌で遊ばれていた感覚で全滅させられてしまうバッドエンドな展開。

魔王のその圧倒的な強さは爽快感さえ覚えるものがあり、最初にも書きましたがダークヒーローのそれ
と同類のかっこよさがあります。きっと今後の物語でも打倒・魔王を掲げて様々な刺客がやって来るのでしょう
が、それらを華麗に……いや、残虐に返り討ちにする展開が待っていることでしょう。ゾクゾクしますねぇ。

漫画担当のサイトウミチ氏はこれがデビュー作だそうですが、そうとは思えないくらいに力強くて迫力の
ある絵を描いていて惹きこまれましたね。ということで期待のダークファンタジー今冬発売の2巻も楽しみです!

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事