屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

変態王子と笑わない猫。6 (MF文庫J)
著者/さがら総   イラスト/カントク

年末恒例、ちょっと変わった修学旅行の季節がやってきた。果たして誰の意思なのか、
ぼくと一緒の班になったのは、小豆梓と天敵・副部長!? 「最後の旅行なのに――ずるい。です」
……一方、学年の違う月子はのけ者扱いに拗ねまくり、暗黒魔王ポイントをもりもり貯めていく。
魔王×猫像×天敵ときたら、何も起きないはずがなく――「げへげへ。女の子のパンツ食べたい」
「ぎゃー! なに言っちゃってんの!?」……この冬、彼と彼女の関係に重大な異変が?
爽やか系変態ラブコメ、待望の第6弾! 優しいコミュニケーションの物語は、新たなる青春のステージへ――。

●ないものねだりのI need you

「先週の繰り越し9ポイントを足して、合計700000とんで35ポイントですね」
「桁がおかしいよ!なんで小豆梓のときだけ配点が異様に飛びぬけるの!?」
「逆に訊くですが、どうして小豆さん相手だけ行動が異様に甘くなるのですか」
「誤解だよ、邪推だよ、大いなる勘違いだよ!
痛くもない腹をおさわりするのは、ベッドの上だけにしてほしいな!」
「意味がわかりません。変態さんなのですか」

シリーズ第六弾。
横寺たちの学年では恒例となっている年末の修学旅行の季節がやって来た。ひょんなことから共に
する班のメンバーは、小豆梓と副部長。そんな中、学年の違う月子は思いもよらない行動を起こして……。

表紙は鋼鉄さん?微妙に幼いような…と思ったら副部長だったでござる!な久しぶりのシリーズ六冊目。
今回は修学旅行にて、天敵である副部長こと舞牧麻衣と横寺が入れ替わってしまうエピソードがメインとなって
います。その一方で月子ちゃんと小豆梓による恋のバトルもなかなか白熱していて面白かわいいですね!

――短評――

お互いが自分にないものを持っていて、ないものねだりの羨ましさがどこかにあった横寺と副部長。
そんな二人を見て神様のいたずらか…いや、猫像さまのいたずらによって人格が入れ替わってしまった今回の
不可思議展開。お互い認め合えない部分も踏まえてようやく二人が分かり合えた青春しまくりなエピソード。

横寺少年の性格。彼がなぜ“ああなのか”という部分で、今回の騒動解決は自己犠牲そのもので切なくも
ありますが、著者曰く『新しいステージのスタートライン』らしいので、横寺自身の本質を解きほぐすような
展開もあるかもですね。そうなるとやはり、キーとなってくるのはメインヒロインの月子ちゃんなのでしょう。

しかし、この巻では小豆梓に圧倒されまくって完敗…。小豆梓、思った以上にいい女です!やっぱり僕は
小豆梓派!月子ちゃんとしては優位性を活かせなくて、最後は月子ちゃんのテンション極大ダウンで不穏な
終わり方をしていましたので、こういうときこそ横寺には本音で語り合って解決策を導き出してほしいね。

【評価:★★★★】

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事