屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

少女の恋と罪。夫婦の見えない秘密。古書にまつわる事件を解き明かすうちに、
本を読めない青年と美貌の女店主に絆が生まれた。だが、彼女が抱える事情が語られるとき穏やかな
日々は一変する―――美しいものとは限らない。それでも始める。ここからは篠川栞子の物語。

ビブリア古書堂の事件手帖(2)
(原作)  三上延   (作画)  交田稜  (アフタヌーンKC)

ときとして優しい嘘も必要な時がきっとある――。

人の手を渡った古い本には、中身だけではなくその本、そのものにも物語が宿るという。
これはある古本屋の店主と、そこの従業員によって語られる古い本と、それをめぐる人間のお話……。

三上延氏によるミステリー作品のコミカライズ版『ビブリア古書堂の事件手帖』2巻です。原作に忠実な
安定感と落ち着いた雰囲気の作風。そして作画担当の交田稜氏が描く栞子さんの可愛らしさが見事に同居した
素敵なコミカライズなのですが、2巻でもその抜群のクオリティを維持しておりまして、とても面白いですね。

イメージ 2 

1巻からの続きで、本を盗んだ恋する女子高生のお話。ある秘密を抱えた熟年夫婦のお話。そして、
栞子さんが怪我をして入院するハメになった“事件”の末端を知ることになるエピソードと、3つのお話から
なる“古書と絆”の物語。 今巻までが原作の1巻までのエピソードが収録されていることになります。

特にお気に入りなのは二話目のヴィノグラードフ・クジミン『論理学入門』です。とある夫婦の出会い
から、夫に隠された秘密が奥さんに明かされるお話なのですが、これは原作でもとても好きなエピソーでして
この奥さんの夫への揺るぎない愛情に胸が熱くなりました。ああ、こういう嘘は“アリな嘘”なんだなぁと。

ジ〜ンとくる夫婦の絆を感じる心温まるお話なんだけど、ここでは極度の人見知りな栞子さんが坂口夫人
にビビリまくりなのが可笑しくも抱きしめたくなるほど可愛かったですねぇ(やはり本作は栞子さんなんですよ)

イメージ 3 イメージ 4 

そして三話目のエピソードは、栞子さん個人の私物である太宰治『晩年』のアンカット本。売るとすれば
三百万以上も価値があるが、それ以上に栞子さんにとっては大切な本。その本を欲しがっている謎の人物に
よって襲撃されて栞子さんは怪我を負って入院することになってしまったのです。謎の人物への復讐もあって、

栞子さんは五浦に、犯人追究の協力をお願いすることに…。五浦からすれば気になる女性からお願い
ごとをされたらそりゃ断る術があるはずもない状況ですね(笑)本を介して、また一つ五浦と栞子さんの間に
絆が芽生えたようで、なんだか初々しい二人のやり取りに、くすぐったくも嬉しくなってしまった私です。

……で!今回も色んな表情を見せてくれた栞子さんがかわいくて満足でありました!

イメージ 5 イメージ 6 

イメージ 7 イメージ 8 
栞子さんこそ理想の文学美女ですね。

もう、守りたいこの笑顔…って感じですよね!この漫画版の栞子さんが一番可愛いです。間違いない。
やっぱり栞子さん、はオドオド小動物みたいに震えている姿が最高にキュートでございますよね〜(ゲス顔
てことで、2巻も素敵なクオリティに仕上がっているのでオススメです。栞子さんかわいい!(そればっかw

積んでいる原作の方もほんと読まなきゃですよ…。

【評価:★★★★】

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事