屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

高校生活も冬を迎え、槙の寮で盛大にクリスマスパーティーをすることになった1-Aクラスの
面々。パーティーも終わり槙は藍川を家まで送る。そして、二人っきりになった槙は藍川に
プレゼントを渡す。嬉しがる藍川を見た槙は、好きという気持ちを認める。ついに二人の恋に進展が…!

プラナス・ガール(6)
(著)  松本トモキ   (ガンガンコミックスJOKER)

小悪魔なあいつに翻弄され、そして恋に目覚め――。

冬を迎え高校生活1年も終わりを告げようとする中、相変わらずの友達以上恋人未満?な関係を維持
している槙と絆。絆のことは女装男子と思いながらも、少しずつ自分の中での気持ちの変化を自覚していき……。

自称『男』の女装少年・藍川絆と、そんな“彼”に振り回される槙とによる学園ラブコメ『プラナス・ガール』
6巻です。自称・女装男子な絆くんと槙によるラブコメもこれにて完結。足掛け4年の連載。男の娘ブームの
一翼を担っていた作品だったと思いますし、小悪魔かわいい女装男子に最後まで翻弄されっぱなしでしたねw

イメージ 2
絆くんの女装男子かわいさは最後まで健在♪

個人的にはハッピーエンドは約束されていた作品だから、やはり最終的に『どっちなのか』が気になったわけ
で。そうか、絆くんは認めたんだなぁと。いや、作中でも彼は自分のことを女の子だなんて言っていませんでし
たし何度も『♂』を主張してた気もしますけれど、それでも槙同様に読者も翻弄、困惑、振り回されたわけで。

まぁ“そっち”だと信じていたのでまずは満足。そんな最終巻に相応しく?なのかな。非公式の絆くん
ファンクラブの間で絆は本当は男なのか?女なのか?と派閥間で論争が勃発してしまいます。季節も冬を
迎えて高校生活1年も終わろうとしているシチュエーションが後押しをしたとでも言ってよいでしょうか。

槙の中での絆くんへの感情が変化していきます。これまでは友達以上恋人未満?なあやふやな関係も
“あくまで男同士だから傍にいる”なスタンスだった彼が『男だろ!?いや、男でもいいか!』になったわけです!

イメージ 3

いやいやしかし!槙をその気にさせたのはあくまで絆くんがそういう風に誘導したからなんですよねw
↑の画像の絆くんの顔を見れば分かるように、まさに『してやったり!』ってところでしょうか。いつまで
経っても告白をしてこないヘタレ野郎に自分から餌を蒔いたわけですね〜。やっぱり絆is小悪魔!ですなぁ。

クリスマスにプレゼントを渡すも、告白までには至らず。でも自分の気持ちを再確認できた槙は
ついに気ずきます。そう、絆が男だろうが女だろうが誰にも渡したくない。男だとしても大切なヒト…と。

当の絆くんも槙のことを…。まぁなんというか確信犯ですね。やはり
男の娘ないし女装男子は2次元に限る!そんな風に改めて実感させてくれる絆くんのこの一言。

イメージ 4 イメージ 5
はい!!!(声を大にして)

最初にも書いたように、ハッピーエンドは約束されていた作品なので最終的に『どっちなのか』が
気になったので、そこのところをぼかすことなく“絆は男の子”と答えを出してくれたのは良かったなぁと。

あとがきのおまけページでも松本氏もハッキリと絆は『男』と断言しちゃっていますからね(笑)
まぁ今さら絆くんが女の子だったら興ざめってなもんで、男同士だからこそ価値があるラブコメですのよ。

やー、しかし。

イメージ 6 イメージ 7
お前ら結局最初から最後までイチャイチャなバカップルでしたね!ご馳走様でしたっ!

巻末の後日談マンガは、色々と今後の二人の(性)生活を想像させられるものがありました。
いったいどっちが攻めでどっちが受けなんだ!?という妄想は管轄外なのでこの辺にしときましょうw

異色のラブコメでしたが堂々の完結。松本先生、お疲れ様でした。次回作にも期待したいです。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事