屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

受験が間近に迫る中、勉強がなかなか手につかない朝木日摩裏。彼女の心は        ある想いでいっぱいだった。居ても立っても居られなくなった日摩裏が向かった先は…。 


むすんでひらいて(7)
(著)  水瀬マユ   (エデンコミックス)

恋の数珠繋ぎ、広がって結ばれる――!

幼馴染みの明智桂に想いを寄せている澤村夏だったが、桂はクラスメイトの牧原理央といい感じに
なってきていて割り込む隙も見当たらない。そんな彼女に西野友樹が積極的にアプローチを掛けるが……?

高校生たちの様々な恋愛模様をオムニバス形式で描く青春ラブストーリー『むすんでひらいて』7巻です。
本編はこれが最終巻となりますが、高校生たちによる甘く切ない――それでいて目いっぱい青春している姿が、
眩しくて素敵な恋愛漫画を読めた満足感でいっぱいです。最後まで恋愛模様は見逃せないものがありましたね。

イメージ 2 

さて、7巻のメインエピソードとなるのは夏、桂、理央、西野の四角関係。桂は理央が好きだけど夏との
間でまだ揺れ動いている。その夏は友人の理央の恋を応援するも、桂への想いは消えないまま。そして理央は
夏の遠慮して自分の想いを受け入れないまま。……と、どうにもあと一歩を踏み出せないままでいる三人の

関係がもどかしいわけですが、この四角関係の現状をぶち壊したのが西野でした。王子さま風のイケメン
な彼ですが、中身は非常に男の子していた!ちょっと積極的過ぎないか?と思わなくもないけれどもあえて言う
なら恋愛勝ち組はいつだって多少、強引なんですよね。相手が(精神的に)弱いときにグッと攻めてきた西野は

ある意味ではズルくもあるけど、彼の積極的な攻めがこのもどかしい四角関係をぶち壊す大きな一手と
なったのは間違いありませんでした。その夏は、桂に未練はあるものの徐々に西野の想いに応えていきます。

イメージ 3 イメージ 4 

幼馴染みヒロイン大好き野郎な私にとって夏はこの漫画で一番好きなキャラでして、本来ならば最後に桂と
くっ付くのが理想なんじゃないのかな?と思っていました。自分が選ばれないとしても最後まで桂の傍にいよう
とする姿は、痛々しくもあったし西野の台詞にもあるように自分から傷付きにいくようなものでしたよねぇ…。

まさかこの二人がカップルになるとは…と、意外な気持ちもあるものの夏がようやく
幼馴染みから解放されて新たな一歩を踏み込めたことがすごく嬉しかった。あえて、あえて言おう。

イメージ 5 イメージ 6 
夏、大勝利だ!!

そんな晴れやかな表舞台の裏では、夏と理央の本音トークもあったり。恋愛って当人たちの問題なんです
けど、恋敵だったり相談相手だったり友人だったり家族だったり……色んな人たちを巻き込んで最後は当人たち
で完結するわけですから、本作の『むすんでひらいて』というタイトルは、まさに言いえて妙なわけです。

恋愛の楽しさよりも、恋愛することによる苦しさや切なさ、つらさを重点的に描いていたように思える
本作ですが、私はそういう恋愛漫画の方が絶対に面白いと思うんですよね。単純に心に来るものがあります。

イメージ 7 イメージ 8 
むすんでひらいた、恋物語たち。

本編ラストを飾るのは、この物語の始まりでもある広呂と日摩裏先輩でハッピーエンドの
フィナーレ。7巻もかけただけあって、日摩裏先輩からの告白には感慨深いものがありましたなぁ…。

7巻で完結に最初は驚いたものの、著者の水瀬氏のあとがきによると、自分で決めてた所まで描ききることが
出来てきて円満終了みたい。本編はこれで終了ですが、本編では描かれなかった脇役たちの恋愛模様を描い
た番外編収録のほんとの最終巻となる8巻が今夏発売予定らしいです。これはこれでとても楽しみですよなぁ。

ということで、もうちょっと『むすんでひらいて』を楽しめそう嬉しいですね。

【評価:★★★★】

イメージ 1

優等生以上、フリョー未満な俺ら。5 (GA文庫)
著者/初美陽一   イラスト/さくらねこ

クリスマスを目前に控えた2学期の終業式。迫る一大イベントにテンションMAXな
女性陣に圧倒されつつも、悠馬自身、仲間と過ごす冬休みはとても楽しみにしているのだった。
だが、いつものように姫子を自宅に送り届けたところに現れたのは、姫子の母親にして、世界的シンガー
であるアリス・ブロッサム!?姫子をアイドルにするべく英才教育を施してきたという彼女は、いよいよ
デビューの日がやってきたと告げる。そのまま連れていかれそうになる姫子を悠馬は引きとめようとするが!?

●舎妹からアイドルへ華麗に転身――!?

「お前には、悲しい顔なんて――して欲しく、ないんだよ」                     色を失った彼女の世界に――鮮やかな色彩を、与えてくれた。 「――だからさ――」     そして彼は最後に、かけがえのない宝物を慈しむように、心の全てを注ぐように――          「笑ってくれよ――――姫子」 彼女の名を――――呼んだ。 

シリーズ第五弾。
相変わらずかわいい舎妹には大甘な悠馬だったが、彼と姫子を引きはがすような出来事が
突如、勃発してしまう。姫子の母・アリスが、姫子をアイドルデビューさせようと企みだしたのだった……。

これはもう、姫子ルート(エンド)一直線ですねぇ…。自称“フリョー”な悠馬と仲間たちによる熱い友情と
緩やか〜にハーレムラブコメを展開していた本作も、この巻はメインヒロインたる姫子回にしてラブコメとして
は“決定的なエピソード”になってしまったかなぁと。うん、舎妹がかわいいんで全然構わないんですがね!?

――短評――

形としては所謂『捕らわれのお姫様を救って二人の仲はさらにラブラブ♪』な、ラブコメとしては定番な
エピソード。母親からアイドルとしての英才教育を受けてきた姫子だったけど、本当に彼女にとって幸せなもの
とは?そして大切なものとは?最初から答えは出ていたことだけど、あらためて再認識するための回だった。

その上で普段はふわふわしている姫子も、より悠馬への想いが強くなったし、ひと山乗り越えたことで一回り
成長した姿を見せてくれました。ちょっと真面目(シリアス)な展開が続いた5巻でしたが、仲間たちはみんな
それぞれの役割を果たしていましたし、何より今回は裏MVP的な活躍を見せてくれた悠馬の母がGJでしたね。

これが最終巻でもおかしくないくらいの終わり方だったけど、どうやらもうちょっとだけ続くらしい。
ここまで来たらあとは悠馬はが姫子を舎妹”からひとりの女の子として意識するだけな気がするがさて…。

委員長は論外(笑)としても、真理亜が幼馴染みの意地を見せてくれることにほんの少し期待。

【評価:★★★★】

しこたま(1)

イメージ 1

くらえ!ノーザンクロス投法!!夢は大きく甲子園!!                                父と2人で編み出した必殺投法を引っ提げて剛力たま(15歳)が男縛りの高校            野球界に殴り込み!!美少女“熱血”野球まんがプレーボール!

しこたま(1)  
(著)   ニシカワ醇   (少年チャンピオン・コミックス)

異色の美少女系熱血野球漫画、登場!?

甲子園出場の夢を叶える為に名門・私立国際天上高校野球部に入部しようとした剛力たま。だが、
女性のため入部を断られてしまう。勝った方が“公式野球部”としてメンバーを集めることになったのだが……。

夢はでっかく甲子園!必殺投法『ノーザンクロス投法』を引っ提げて女子禁制の高校野球界に殴り込み!?
異色の熱血野球漫画コメディ『しこたま』1巻です。いやぁ、これはまたなんというか……野球にかこつけた
活きのいいバカ漫画が現われましたね〜。おバカな作品が大好物な私はこれ、一発で気に入っちゃいましたよ。

イメージ 2 イメージ 3 

女だてらに甲子園を目指す、野球少女・剛力たま(15歳)による熱血野球漫画――の皮をかぶった何か…。
まさにそんな感じで、当のたまは大真面目なんだけど、気がついたらバカコメディになっちゃってるというね。

父と編み出したノーザンクロス投法という大開脚パンチラ投げも斬新なようなそうでもないような感じで妙に
サービスシーン全開でパンツ丸出しは当たり前だったり、本気モードになると、ケン○ロウよろしく服が破けて
しまったり、“エロでバカで熱いスポーツ漫画(のような何か)”という、なんだかすごい勢いがある作品なんだ。

内容は女子禁制の野球部に入部を断られたたまだけど、たまがメンバーを9人集めて野球部に勝つ
ことが出来たら“公式野球部”として認められるというもので物語はメンバー(仲間)集めから始まります。

まずはたまとバッテリーを組むことになる相撲女子・大関しこ!

イメージ 4 イメージ 5 

男子相撲部を全滅させてしまうほどの相撲の強さを持つ彼女は、祖父が大横綱の相撲一家の生まれ。
しかし女性ということで、入部を断られてしまう経緯はたまとまったく一緒ですね。そんなこともあって野球と
相撲の混合勝負で勝負を制して晴れて甲子園出場を目指してバッテリーを組むことになった、たまとしこ。

そう、タイトルの『しこたま』はこの美少女バッテリーのことを差していたんですね。
ともあれ、そんなこと(?)はどうでもいい。相撲出身だけあって裸でいることが平気なしこはサービス要員。

登場シーン大体マッパですね!(髪で隠れてるけど)

イメージ 6 イメージ 7 

ブラパッドや100kgのブルマ脱いでリミッター解除したり、衣服脱いで闘気解放したり…どこぞのバトル漫画か
よ!ってくらい着てるもの脱ぎだして本気モードになる彼女たち。あまりにも羞恥心なき脱ぎっぷりにありがたみ
がない気もしますが(笑)なんつーか、それだけ本気ってことだよ!頑張ってる女の子って素敵じゃない!(強引

三人目の仲間として登場するのは、男の娘な伊集院ヒカル。たまたちに比べるとややキャラが薄いかなと思わ
なくもないが、彼もまた必殺打法を持っていたり、どうやらたまの下に集まる仲間たちは一筋縄ではいかない
超人プレイヤーが集いそうです。しかし心配なのは、連載が終わる前に9人(残り6人)集まるのか?ということ。

前のめりしながら全力疾走してる            ように見えるが、色々と大丈夫か…!?

もう勢いありすぎて『俺たちの戦いはこれからだ!』でこのまま終わってもおかしくないようなモノを感じた
1巻目。掲載されている別冊少年チャンピオンも読んだことないですし、この作品がどんな位置にあるのかも
分からないですが帯に『好評連載中!』とあるので大丈夫なのかな。甲子園行くまで続いてほしいですね。

イメージ 8 

とりあえず、しこちゃん素直でいい子だよ!勢いあるバカ漫画読みたい人は是非。

【評価:★★★★】

監獄学園(7)

イメージ 1

「裏生徒会」の陰謀を暴くために看守室に忍び込むガクト。                    その時間を稼ぐため、男たちは無謀にもあの副会長に「腕相撲」で勝負を挑む!!                    己の身を捨ててでも、脱獄に賭ける男たちの生き様を見ろ!!

監獄学園(7)  
(著)   平本アキラ   (ヤングマガジンコミックス)

退学を免れるためのキーワード。おっさんと…尻!?

元女子高の八光学園に入学した5人の男子生徒。だがそこで彼らは女子風呂を覗いた罪で裏生徒会に
より懲罰棟へ入れられてしまう。裏生徒会による『DTO』によって、ついにキヨシたちに退学を告げられて……。

お嬢様学校に入学した男子生徒5人による、天国のような地獄のスクールコメディ『監獄学園』7巻です。
裏生徒会の仕組んだ“DTO”(男子退学オペレーション)により、退学を命じられるキヨシたちですが最後の
悪あがきとばかりに看守室に潜り込んでDTOの計画書データを入手して自分たちの無実を証明しようします。

ガクトが実行している間。その時間稼ぎのために副会長と腕相撲勝負をすることに。

イメージ 2 イメージ 3 
7巻の見所はエロバカ腕相撲!

ある者(キヨシ)は副会長のチラチラと見え隠れする乳首に幻惑され、またある者(副会長)は、
アンドレの一際長い一本の乳首毛が気になって気になって仕方なくなったり……毎度のことではあります
が、いやはや非常にくっだらない!この副会長との腕相撲対決だけで3話分も費やしてますからねぇ!

このくだらない腕相撲対決に副会長は「バカ共と関わっているうちに私の思考能力まで鈍った」って言ってる
けれど、まぁ芽衣子はアホの子だからね。しかし、相手が副会長なだけあって妙にエロい腕相撲でもありました
な。確かに副会長の手を握りながら罵声やらツバやらが飛んできたら、アンドレじゃなくても興奮しそうですw

しかし、「DTO」のデータを入手することが出来ず、この作戦は徒労に終わってしまいます。
7巻目にして、キヨシたちが本当に退学してしまうのか!?という作中最大の危機的展開を迎えてしまいました。

イメージ 4 

そんな退学が決定したキヨシたちに、副会長なりの最後の情けなのか。死刑囚の最後の晩餐として
最後の食事を自由に選べる権利を与えてくれます。退学が決まって半ば精神が壊れてしまったガクトは
ここで『バッタのかき揚げの天丼』を食べたいと副会長に無茶注文しますが、それを許可する副会長。

はたしてほんとに『バッタのかき揚げの天丼』が出されたわけですが、それを食ったことでそのあまりの
マズさにようやく正気を取り戻したガクト。結局、バッタ天丼を食い残してしまうことになるのですが、

それを見て猛烈な怒りを見せる副会長。それもそのはず。そのバッタ天丼は副会長自らが虫捕りで捕まえて
揚げた、副会長手作りの料理だったのです。この行為からも彼女なりにキヨシたちには色々と思うところは
あったんでしょう。いやしかし。精神が壊れていた状態とはいえ、ガクトはマジで許せませんわなぁ、これ。

イメージ 5 イメージ 6 
ああ、ドSなようでいて心優しく             アホの子な芽衣子ちゃんが可愛すぎる…。

さて、終盤は退学願を提出されてもはやここまでか……というところで、キヨシは最後の賭けとして理事長に
脅迫めいた形で独房に呼び出して、退学の延期をお願いすることに。ここでお尻大好きの理事長はキヨシに胸と
尻、どちらが好きか?と問います。この問いには問題なくクリアするものの次になぜ尻が好きなのか?と

問いかけてきます。究極の選択なようで、一般的には絶対的に尻派より胸派のが多いのはこの世界の理。
キヨシも胸派なのですが、人は窮地に立たされた状態だとこうも“変われるものなのか”と思わされました。

イメージ 7 

キヨシのこの熱い尻語りは必見です(笑)その熱い語りに本物の尻好きと認めて、キヨシたちの退学
を延期する理事長。なんだそりゃくだらねぇ!でも最高だ!表紙を飾っていただけあって今回は理事長も
なかなか出番も多くていい活躍しておりましたね。ですが、彼らに与えられた延期日数はわずかに一日。

たった一日で退学を免れるための証拠を集めなければならないので、危機的状況には変わりありません。
しかもここにきてキヨシに恨みをもつ花ちゃんが復讐鬼と化して、再び彼らの前に立ち塞がりそうであります。

いずれにせよ、まだまだ彼らの監獄学園生活を楽しめそうです。

【評価:★★★★】

恋染紅葉(4)

イメージ 1

翔太と小鳥の本当の関係を確かめる為、小鳥の元へと向かった                紗奈と由比。そこで二人が目にしたのは…?そして紅葉祭りの夜に、翔太と紗奈と             由比の三角関係が大きく動き出す──。鎌倉恋物語、完結!!

恋染紅葉(4)
(著) ミウラタダヒロ, 坂本次郎   (ジャンプコミックス)

ドラマよりドラマらしく二人の恋は――!

葛城翔太は、たまたま写真の撮影を頼まれたアイドル女優・紫之宮紗奈にひと目惚れしてしまう。その
彼女から役作りのための恋人役をお願いされた翔太。由比を交えた三角関係が、いよいよ変化していく……。

赤面症な葛城翔太がアイドル女優の美少女・紫之宮紗奈からドラマの役作りのために恋人役をお願いされ
たことから始まる、鎌倉を舞台にした恋愛ストーリー『恋染紅葉』最終4巻です。本誌掲載分28話と単行本用に
新たに描き下ろした3つのエピソード(37ページ)を追加した、言わば完全版の結末が収録されています。

イメージ 2 

3巻で登場した三人目のヒロイン・小鳥のエピソードを乗り越えて物語はメインの翔太、由比、紗奈の
三角関係に変化の兆しが見え出す中盤。やはりこの手の三角ラブコメで“きっかけ”を作るのはメインヒロイン
ではない方のヒロインなんですよね。負け戦だと分かっていても、自分の気持ちを告げて、そしてフラれる。

本作でも三角関係の均衡を崩したのは、由比の役目でした。翔太の初恋相手であり、小学生時代の幼馴染み。
スタイル抜群で性格も最高!とあって、そのポテンシャルを短い連載期間で十二分に発揮していた由比。
そんな彼女をもってしても勝てないところにある意味“メインヒロインの強さ”を強調していたように思えます。

茶目っ気たっぷりで、どこかトボけたところがある由比の、勇気を出して初めての告白。
これにドキドキしない男なんていないはず。うん、由比ちゃんよく頑張ったよ。ほんといい娘だった!

イメージ 3

イメージ 4

告白した方が勇気が必要なのは当然ですが、告白を断る側もそれ相応に勇気がいるもんです。
誠実で、そして紗奈一筋を貫いた主人公・翔太も、赤面してしまうほど恋愛に奥手だった少年も彼女たち
と出会ったことで男として成長したことがうかがえたシーンでもありました。ともあれ、言ってしまえば

最初から紗奈とのハッピーエンドが約束されていたような物語。一般人と人気のアイドル女優でお嬢様。
二人の格差は見るまでもなく明らか。三角関係から抜け出して、辿り着いた先の告白とそして……キス。
作中のドラマ『恋染紅葉』じゃないけど、ほんとにドラマのようなラブストーリーを展開していたと思う。

142ページの紗奈の『大好き…!』の破壊力たるや相当なものですけど、
ただこれが本誌での最終シーンとなると、やはりどこか物足りなさが残る終わり方になっていますね。

イメージ 5 イメージ 6

ぶっちゃけて言わせてもらうとこの最終巻は…
描き下ろしが本編です!!

3つのエピソードを軽く説明すると、付き合ってからのその後、いまいち仲がぎくしゃくしていた紗奈と由比の
和解話。女性陣揃ってのムフフな温泉エピソード。そして1年ぶりの再会して晴れて恋人同士となった紗奈と
翔太の“現在”を描いたエピソードで締めていて、もうここまで描ききってくれたら何も文句なしって感じだ。

本作は三角ラブストーリーがメインでしたが、女性陣の人間関係のいい意味でのギクシャク感と翔太の
恋を応援してきた義孝と海音もいい味出してましたよね。その二人もちょこっとだけ描き下ろしでスポットが
当たっていました!やっぱり義孝は海音のこと好きだったんだなぁ。この二人も幸せになってほしいねぇ。

イメージ 7 

全4巻。もっと連載が続いてほしかった気もするけれど、漫画って連載が長ければいいわけじゃないし、
面白い作品ってわけでもない。私はこの作品がこのくらいの話数で終えたのはそれほど不満はありません。

3巻の感想でも書いたように、ひと夏の青春ドラマを描いた王道ラブコメ然としていて、この話数では
これ以上ないってくらいのハッピーエンドでまとめてくれていましたし、尖ったところはないもののいまどき
珍しいくらいに、誠実で爽やかなで一生懸命に真っ直ぐなラブストーリーで最後まで好感触で読めました。

イメージ 8 
ドラマよりドラマらしく、            恋に染まった二人の紅葉(想い)!

ミウラタダヒロ, 坂本次郎両先生による次回作。期待して待っています。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事