屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

"自分の名前が言えない"大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての        友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。いつも後から                    遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?

志乃ちゃんは自分の名前が言えない
(著) 押見修造    (太田出版)  

言葉に出せない。出したくても、出来ないんです…!

自分の名前をうまく言えない(発音できない)少女・大島志乃は、高校の入学式での自己紹介で緊張と
焦りから自分の名前を言うことが出来なかった。周りから馬鹿にされるが、そんな彼女にも友達ができて……。

自分の名前を言うことができない吃音症の少女・大島志乃を主人公にした心に響く“痛い”青春物語、
『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』です。やはりこの人が描く青春漫画は一味違います。著者自身の
経験談で描かれたという本作ですが、言葉を発せられないツラさ、苦しさ、もどかしさが伝わりまくりでした。

イメージ 2 イメージ 3

吃音症は所謂『どもり』と呼ばれる言語障害なのですが、著者があとがきで書いていますが症状のタイプは
『連発型』と『難発型』があるそうで、志乃の場合は母音から始まる言葉が言えず『お、おおおおおおお…』
となってしまう連発型。そして当事者の吃音症に対する認識や考え方すらもそれぞれ異なるみたいで一概には

ひとくくりで纏められない疾病のようです。そんな多感な学生時代においては、残念ながらどもってしまうこと
で嘲笑やいじめの対象になってしまうことも多いようで。うまく名前を言えない、言葉を発せられないことから
くる他人との壁、コミュニケーションの取り方の難しさをリアルに描いていて何度も心にグサっと来ましたよ…。

その志乃にできる友達・加代との不器用なコミュニケーションで紡がれる友情もこの作品のポイント。

イメージ 4 イメージ 5

Wikiでちょっと見ただけでも吃音による症状と、それに伴って起こる精神的な疲労は甚大であることが
分かりますが作中でも志乃と加代が友達関係になったからといって、何事もなく二人の友情が続いていくわけ
ではありません。そこには人一倍ナイーブな少女の、どこまでも“普通ではない人”の葛藤がありました。

特に終盤、友人らと相容れない態度を見せる志乃には理解できないところもあり…。そこは非吃音の
人間が決して分かることができない気持ちがあるんでしょうから、分かることもできなくて当然だと思うわけで。

ともあれ最終話での志乃の“本音の心の叫び” には鳥肌立って何か感じ入るものがありました!

イメージ 6 イメージ 7

吃音症の著名人として私が思い出すのはスキャットマン・ジョン。吃音を逆手に取った独特の歌唱法で
日本でも一世を風靡して大ヒットしました。彼が吃音症の人たちに勇気を与えたように、本作も吃音への
認知を広めて、理解されるための一手になればいいんじゃないかな、と思います。まぁ著者のあとがきでは

『吃音漫画』にしたくなかったそうで、そういう向きではなく誰にでもあてはまる物語を目指していたそう
なので、あまり意識しなくてもいいのかもしれませんが。とにかく、私はこの作品を読んで感じるものがあり
ましたし、素直に『読めて良かった!』と思います。なので、多くの人に読んでほしい気持ちは変わりません。

周りがどう思うと。思われようと自分が自分であることを受け入れる。そこは吃音者、
非吃音者とも誰でにも当てはまる内容であると思いましたし。気になった方は是非チェックしてほしいです。

【評価:★★★★】

B.B.GIRLS(1)

イメージ 1

県立清宮寺南高等学校女子バスケットボール部。                                 部員不足でまともに試合すらできないこの部に、青春を謳歌すべくやってきたのは            「チビ」「もやし」「運動オンチ」三拍子揃った…バスケ部の…救世主!?

B.B.GIRLS(1)
(著)  くみちょう   (BLADE COMICS)  

三島勇美、バスケ部で青春を謳歌します!

高校生になったことで、熱くて感動的な青春を送ろうと燃えている三島勇美。バスケ部への入部を試みる
勇美ではあったが、スポーツ経験なくチビでもやしな彼女がそう簡単に周りから受け入れられるはずもなく……。

チビでもやしで運動音痴の三拍子が揃った主人公・三島勇美が、高校入学を機にバスケ部に入部する
ことから始まる、青春バスケストーリー『B.B.GIRLS』1巻です。表紙からくるイメージだと女子高生4人組による
日常系ときたま部活。みたいな作品なのかと思いきやなかなかどうして。ちゃんとバスケ漫画していて驚いた!

イメージ 2

主人公の勇美は体が弱く入院しがちな子供の頃。病室で読んだバスケ漫画に感動して高校に入ったら
バスケ部に入部しようと決意していた女の子。所謂『漫画の影響でスポーツを始めたにわか』ではあるのです
が、スポーツ漫画の影響からそのスポーツを始める……誰しもが最初はそうだったんじゃないでしょうか。

スポーツ漫画には天才(才能)型とド素人の努力型、主人公は二つのタイプのどちらかに分類されるとは思い
ますが勇美は言うまでもなく後者タイプ。ですが、個人的には天才型よりも運動音痴でド素人な主人公が泥臭く
我武者羅に頑張る方が好きなんですよね!そういう意味でもこの勇美はなんとも応援しがいのある女の子です。

『チビ』『もやし』『運動オンチ』の三拍子揃ったド素人は伊達じゃない。1巻ではバスケは全く上達は
しませんが、とにかく勇美は諦めることを知らないド根性娘なんです。いいですよね、こういう泥臭い青春も。

イメージ 3 イメージ 4

入部試験に初めてのバッシュ選び、そして部員探しに奔走したかと思えば急遽決まった練習試合に大慌て
だったりと、なかなか目まぐるしくもハードな幕開けとなった勇美のバスケ部ライフ。本作は部活あっての
高校生活ではなく、高校生活あっての部活――という感じで女子高生たちの学園生活も描かれていることからも

スポ根漫画というよりも“健全な部活漫画”として彼女たちがバスケで青春の汗を流す様を楽しめる
と思います。キャラクター的には、表紙を飾っている勇美たち4人の一年生sがみんな個性的でキャラが立って
いますね。中学時代に『ワイルドボア』の異名を持っていた高校デビューの優等生・藤上さんもいいのですが、

私的には身長もおっぱいも態度もでかい“おっぱいヤンキー”松下ありさがお気に入り!

イメージ 5 イメージ 6

ということで、意外にも熱血な青春スポーツ漫画していて、面食らった部分もありましたが思った以上に
イケる!とも思わされた作品でしたね。女子のバスケ漫画ってあんまり読んだことないので勇美の成長と共に
本作がどんなスポーツ漫画になっていくのか、今後に期待したいですし、注目したいところでありますな。

いやぁ〜しかし…。
オチに二度もGネタを持ってくるとは思わなんだわwww

そこは読んでみてお確かめを?女子バス青春もの。これはなかなか面白い作品ですよ。

【評価:★★★★】

イメージ 1

宇宙人・大鳥希が求めるまま彼女の“地球侵略”に手を貸す決意をした岬一。          少しずつ変化していく彼の日常。そこへ入院していた双子の兄・凪が退院して――!? 

ひとりぼっちの地球侵略(2)
(著)  小川麻衣子   (ゲッサン少年サンデーコミックス)  

意外な闖入者登場の巻!?

入学式に奇妙な仮面を被った変わり者の先輩・大鳥希に目をつけられたことから、彼女と関わりを
もつことになった広瀬岬一。“宇宙人”だという希の地球侵略に手を貸すことになるのだが前途は多難で……。

宇宙人の少女との出会いから、少年の運命が大きく変わることになる。二人で一緒に地球を征服する
ボーイミーツガールストーリー『ひとりぼっちの地球侵略』2巻です。ふわふわとした優しい絵柄から時に
コミカルに。時にシリアスに。今回も“魅せる”ボーイミーツガールストーリーを十分堪能できましたね。

イメージ 2

さて、この2巻ですが岬一の双子の兄・凪が登場します。希と岬一の関係――いや、どういう意図があってか
希に興味津々のようで、まとわりついてくるのが何とも癇に障りました(笑)この作品は希と岬一の二人による
ボーイミーツガールストーリーが大前提だと思っているので、ハッキリ言って他のキャラはどうでもいいんです。

お邪魔虫というべき凪の存在ですが、10年前の宇宙船団が岬一の住む街へやって来た事件のことを
覚えているようで、どうやら今後のキーとなるキャラになりそうなのは間違いなさそう。果たして凪は岬一たち
の敵になるのか?味方なのか?気になるところではありますが、そこも含めて3巻は波乱必至でしょうか。

そして今回も悪い宇宙人の手から、正義の宇宙人の希が『この星を守るために侵略する』ための
バトルはありました。いやぁ、どこかコミカルさを醸しつつ、シリアスに進行しているのはこの作品らしさか。

イメージ 3 イメージ 4
希先輩、強いよ…!

侵略してきた宇宙人を使役して、その宇宙人がなんでも変身できる特異性を利用して自分好みのマスコットに
しちゃうあたりは、宇宙人といえども希先輩も女の子らしいというかチャーミングというか?基本的には希に
振り回されっぱなしの岬一ではあるけれど、やっぱりこの二人の関係はいいですね。前巻以上にこなれた印象が

あるというか、絆が深まりつつあるように感じました。愛だの恋だのではない、精神的な繋がりみたい
な。そういう強いものがあるんですよね。ハッキリいって岬一の活躍はほとんどありませんが全然問題なし。

うん、この2巻も色んな表情を見せてくれる先輩が可愛かった!

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7 イメージ 8
今回も希先輩無双です!              こんな美少女宇宙人に振り回されたい!

ストーリーが面白いのは当然ながら、先輩を見ているだけでも十分面白いんですよね。
まだまだ物語は序盤に過ぎないでしょうし、これからの展開が楽しみでならない作品であります。

【評価:★★★★★】

小橋建太、引退。

12月9日。プロレス界で『鉄人』と呼ばれた男が引退を表明しました。小橋建太――。
私にとっては非常に思い入れの強いレスラーでもあり、全身全霊を傾けたファイトに何度も心を熱くさせられた。

『この人を見て元気が出た、勇気をもらった』って思える人は、そんなにいないと思うんですが私が
唯一そう思わされた人物が小橋でありました。全日時代のオレンジパンツの頃から応援してきて、NOAHになって
からは絶対王者としてその圧倒的な強さに磨きがかかっていました。私は今でも史上最高のプロレスラーは

ジャンボ鶴田だと思っている『鶴田最強論者』ですが、その鶴田に匹敵するほどの強さを持っている
現代の最高のプロレスラーこそ小橋だと思っていたのですが……その小橋も腎臓がんを克服して奇跡の復帰を
果たしたこともありましたが、過去の戦いで体はとっくにボロボロでまさに満身創痍な状態なんですよね。

それでも、引退試合でもう一度リングに上がりたいという…。
とりあえず、偉大なるプロレスラー・小橋建太への別れはまだ告げません。

ただ、『プロレスを好きで良かった!』と思わせてくれた最高のプロレスラーに今は心から感謝したいです。

開く トラックバック(1)

惡の華(7)

イメージ 1

“向こう側”へ行くため、最後の舞台に立った二人だが、寸前で失敗に終わってしまう…。  時は経ち、新たな町で、新たな友人に囲まれ、春日は高校生活を送っていた。消息を     絶った仲村の影を追い、抜け殻のように過ごす毎日。そんな春日の前に現れたのは…!?

惡の華(7)
(著)  押見修造   (少年マガジンKC)

惡の華(クソムシ)舞い散る

夏祭りの夜に、ついに計画を実行することになった春日と仲村。この街のクソムシどもを糾弾しつつも
それは自分たちに対しての心の叫びでもあった。この出来事を期に二人は切り離され、そして時は経ち…。

思春期の少年少女による変質的純愛ストーリー『惡の華』7巻です。来年2013年からのTVアニメ化も決定した
本作ですが、今までと違ったテイストの表紙カバーに一最初まったく気がつかなかった私です(笑)前巻での
出来事から、もしかしたら最終巻か?と思ってましたがまだ続くんですね。なんと高校生活編がスタートしました。

イメージ 2

さて、まずは前回からの続き。夏祭りをジャックしてこの街のクソムシどもを糾弾する春日と仲村でしたが
それは自分たちに対しての心の叫びでもあったように思います。この街から離れ、この街のクソムシどもとは
自分たちは違う…そう考えていた二人でしたが、結局は“向こう側”なんて無いことを理解し、自分たちも

クソムシであることを“分かってしまった”んですね。ここまで若さゆえの過ち。若さゆえの暴走を
リアルに体現している漫画のキャラクターは珍しいと思うんですが、この二人なりの青春の迷走はそれなり
に輝かしいものだったのだなぁと、後の春日の高校生活を見ていると思ったりなんかしてしまいますねぇ。

そして中学生編は夏祭りからそのままフェードアウト。次のエピソードからは時が経ち、
新たな街で高校生活を送っている春日の姿が描かれていました。そう、まさかの高校生編スタートなのです。

イメージ 3 

仲村が傍にいなくなり、まるであの街に魂を置いてきたかのように心ここにあらずな春日がなんともいえない
ですね…。あんな体験を中学時代にしたことからか、クラスメイトとの談笑にもとけ込めず、どこか達観した
感じさえする春日。今の彼は仲村という依存してきた心の拠りどころを失い、生きてる意味さえ見失っています。

そんな春日は、あるクラスメイトと出会うことで高校生活に転機が訪れます。それが、たまたま本屋で
『惡の華』を持っていたことで春日に目を付けられてしまった(笑)常盤さん。彼女との出会いから本が好き
だったかつての自分を取り戻していき、春日の灰色の高校生活が多少、華やかな『色』が付くことになります。

読書が趣味でスタイル抜群のイマドキ女子な常盤さん。実は彼氏がいたりしますが…

イメージ 4 イメージ 5
常盤さんは春日の新たなミューズとなるのか!?

春日の方も常盤さんに彼氏がいることを知った上で、本好き仲間としての交流を続けていますが、
他人に依存しやすい彼のこと。いつ“それ以上の気持ち”になるか分かりません。常盤さんも見た目こそ
お近づきずらい美少女に見えがちですが、話してみるとなかなか気前のいい砕けた女の子が好印象です。

7巻ラストでは春日が常盤さんの家(部屋)で彼氏と鉢合わせか!?な絶妙な引きに早くも高校生編で
絶望が見え始めてたりしますが、新章になって舞台が一新されたこおでこちらも新たな気持ちで読めました。
仲村や佐伯さんがどうなってるのかも気になりますが、まずは常盤さんともっと仲良くなるのが最優先事項か?

ということで、アニメ化も決まってますます注目度が上がった本作。8巻も期待です。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事