屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

下ネタという概念が存在しない退屈な世界 2 (ガガガ文庫)
著者/赤城大空   イラスト/霜月えいと

「ハートマークって、亀頭にそっくりよね」「静かにしてろ」パンツ泥棒の張り込み中に
言っていいセリフではない。ペロリスト・華城綾女の起こした“谷津ヶ森のエロ本騒動”は、
PMによって性的な言葉を規制された少年少女に多大な影響を与えた。その結果。
「群れた布地」というパンツ泥棒の組織が横行することに…!?暴走に難色を示す綾女とは逆に、
「SOX」の新メンバーである女子中学生・鬼頭鼓修理は、彼らを容認し下ネタテロを
加速させようとするが―。世界に誇る下ネタラノベ。調子に乗って出しちゃう2発目。よろぴゅぴゅっ。

●脱ぎたてパンツのように2巻も濃厚下ネタ満載!

「それは違うわ狸吉。私たち自身が私たちを悪とみなすのと、周囲から悪と認識される              のとでは、日本製Lサイズコンドームとロシア製Lサイズコンドームくらい違うの!」       「たちえがなげえ!」    「ロシア人のチンコも長いのよ!」                      「うまいこと言ったつもりかあ!いい笑顔しやがって!」

シリーズ第二弾。
性的な表現が全面的に禁じられてから十数年。風紀優良度最上位校の時岡学園に進学した奥間狸吉だ
が、気がつけば下ネタテロリスト集団<<SOX>>の一員になっていた。今回は一癖ある新メンバーも加わり……。

出オチ作品?なんて言われたり言われなかったりな作品のシリーズ二冊目。…にして、早くも下ネタ&変態
ラノベのトップクラスといっても過言ではないんじゃないでしょうか。いやぁ、これだけち●こだま●こだと
連発する作品を私は知りません!息をするように発せられる綾女の下ネタトークがいっそ清々しいよね(笑

――短評――

くっだらねー下ネタと変態テロリスト集団なはずなのに、それでも彼らを嫌悪できないのはどこまでも
芯がブレていないからでしょうかね。今回は別のテロ組織との戦いがありましたが、まぁ表紙からも察する
ことが出来るように?なんともパンツパンツな内容でしたとさ。パンツ泥棒の組織だからね、仕方ないね。

新メンバーの小生意気な女子中学生・鼓修理は苦手なキャラでちょっと読む気力ダウンさせられたけれど
その分、前巻以上にぶっ壊れてきたアンナ先輩がヤバイことになってきていい感じ…♪狸吉のパンツを嗅がない
と禁断症状に陥る変人っぷりに、おかしなキャラしかいない本作の中でも完全に最強キャラになったような。

綾女や狸吉たちの存在と行動が悪なのか正義なのかは分からないけれども、最後はスカっとさせられる
気持ちのいい王道展開に、アクは強い作品だけど物語としてはそんなに外れたことをしてないと思うんですね。

さて、続きはあることでしょうし。さらに加速するであろう下ネタワールドを楽しみたい。

【評価:★★★★】

101番目の百物語(8)

イメージ 1

101番目の百物語 8 (MF文庫J)
著者/サイトウケンジ  イラスト/涼香

一文字疾風、通称モンジは、日々の平穏な学園生活を過ごす中、何故か胸の中にもやもやした
ものを感じていた。そんな中、突如ある日出会った謎の少女を思い出す。その名は…『一之江』。
徐々に蘇る共に歩んだあの日の記憶…。決して消え失せない強い想いが込み上げる!
「さあ、百物語を始めよう――! 」サイトウケンジ×涼香が贈るノンストップ学園アクション
ラブコメは遂にクライマックスへ! そして終わらない物語…そう、ハッピーエンドを紡ぐため――。

●これぞ最高のハッピーハーレムエンド

「……兄さん、兄さんの寂しい気持ち、                                      私がなんとかしたいと思うのですけど。何かして欲しいことはありますか?」                   「して、欲しい、こと?」                                           「その、例えば……その……」                                       「う、うん」   「……………………えっちなこと、とか」 

シリーズ第八弾(完結)
『百物語の主人公』に選ばれてた一文字疾風ことモンジは、平穏で平和な学園生活を送っていた。
幼馴染みの音央とは恋人同士になったが、どこか胸の中にもやもやするような違和感を感じ始めていた……。

一文字疾風ことモンジによるハーレム百物語もこれにて最終巻。前回、主人公ながら物語の表舞台から降ろ
されてしまったモンジでしたが、やはりこの男はただでは転びませんね。大方の予想通りでしたがこの巻では
全てを取り戻すための道程を歩みながら、ノストラダムス――ヤシロちゃんとの最終決戦が待っていました。

――短評――

感想としては、まさに『自分たちの未来は自分たちで切り開く』と言わんばかりの熱い展開、
そして清々しいまでのハッピーなハーレムエンドで大満足の最終巻でしたねぇ。理亜とのいちゃいちゃな
甘噛み兄妹ラブ、音央とは恋人同士という設定でのラブもあり、そしてあの一之江もデレたり(!)と、

最後までこの作品らしいハーレムラブコメを貫きつつ、最終決戦での盛り上がりではタイトル
どおりに本当に百物語が完成してしまって、文句のつけようのない物語を書ききってくれたと思います。

ただ、やはり言わせてもらうのならメインヒロインは一之江だよなぁ。最高のヒロインにして
最高の相棒だったぜ!面白い作品でしたし、サイトウケンジ氏の次回作にも期待したいなぁ、これは。

【評価:★★★★】

恋愛ラボ(7)

イメージ 1

ナギのことが気になるリコ。だけど素直になれなくて…度重なる衝突からお互いを意識    し始めたマキとヤン?バス酔い王女、エノにもついに王子様が…!?ドキドキいっぱいの夏!!

恋愛ラボ(7)
(著)  宮原るり  (まんがタイムコミックス)

妄想で終わらない、それぞれの恋愛始まる――!

私立藤崎女子中学校の会長と副会長のマキとリコ。恋愛研究に没頭する妄想アホ少女の一面もある
マキに振り回される藤女生徒会の面々だったが、そんな彼女たちそれぞれの恋の芽吹きが生まれ始めて……?

生徒会室を舞台にした学園コメディ4コマ『恋愛ラボ』7巻です。いやー、4巻以来ブログに感想を書いて
いなかったみたいでほぼ2年ぶりの感想なわけですが、なんと来年2013年のTVアニメ化が決定したみたいです。
『僕らはみんな河合荘』のがアニメ化されるかなぁと思ったのですが、ともあれ宮原先生おめでとうございます!

イメージ 2 

さて7巻ですが、ここ数巻でマキとリコが南中男子と関わりを持ったことでグッと恋愛実践が本格的になって
きた『恋愛ラボ』。今回の大きなストーリーラインとしては、幼馴染みのナギに素直になれなかったリコがようやく
自分の気持ちが『恋』であることを自覚したことと、今まで誰よりも男子との接点のなかったエノ先輩にも

お相手が見つかったこと。その二つが7巻のポイントでしょうね。それに加えて相変わらずの笑いあり、
青春あり、恋愛あり、の宮原ワールド全開で文句のつけようのない面白さで、巻を重ねて宮原先生の絵の
クオリティもますます上がって、ポップでキュートに可愛くマキたちが描かれていて見所がありすぎます。

恋愛面でのリコの“恋の自覚”をあげましたが、ナギのためにとガラにもなく女の子らしくいようと
自分を作るリコがまた、恋する乙女発揮しまくりでイジらしいんだけれど逆にじれったくもありましたかねぇ。

イメージ 3 

しかし終盤のとあるシーンで、ふとした衝動で素が出てしまって女の子らしい清楚キャラを自分でぶち壊し
てしまいます。そんな素の、ありのままの自分を意中のナギから『好き』だと言われてしまえばそりゃどんな
女の子でもときめいてしまいますよね。自分の性格を相手に認めてもらい、受け入れてもらえたのですから。

うん、やっぱりリコはこうでなくちゃね。
恋をしてパワーアップした(?)今後のワイルドの君に乞うご期待!

イメージ 4 

そしてエノ先輩の方は、南中生徒会長ハルとの恋愛実践スタート。出会いはバス酔いでダウンしそうな彼女を、
ハルが『ウンコをしたいから』の理由でバスを止めて降車して助けたのがキッカケ。そんな経緯もあって、ハルは
『ウンコ王子』という不名誉なあだ名を付けられてしまうものの、それに相応しい?ヘタレ男子だったりします(笑

ふわふわな髪型にクリッとした瞳と太眉。実際はハルにも負けないヘタレっぷりと勘違い娘なところが
非常にかわいくて、個人的にはラブラボで一番好きなキャラなのがエノ先輩なのですが、その彼女にも春が来た
のは若干、寂しくもあるけど素直にこの二人の関係を応援したいですね。でもほんと、エノ先輩一気に来たなぁ。

イメージ 5 イメージ 6 
恋する乙女なエノもかわいいなあ!

他校の生徒会との交流会では、マキがヤンに藤女生徒会長であることがつにバレてしまいましたが、
遅かれ早かれいつかはバレること。結果的にはようやくこの二人も変な壁が取り除かれたような気がします。

藤女生徒会メンバーにそれぞれお相手ができて(サヨは彼氏あり)男子との接触が増えたことでこれまで
以上に女の子らしい魅力や一面が発見できてることは嬉しいところですし、男子連中もいい奴らばかりなので、
全員の恋愛模様を応援したいですねぇ。次あたりは、そろそスズの成長とか色々とテコ入れが入るかしら?

ということでアニメ化決定を期に、気になっていた方はここらで全巻まとめ買いしちゃいましょう!

【評価:★★★★★】

開く トラックバック(1)

イメージ 1


「ここは……どこだ……?」目を覚ますと、キリトは、巨木が連なる森の中──ファンタジーの
仮想世界に入り込んでいた。手がかりを求めて辺りを彷徨うさなか、彼は一人の少年と出会う。
「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」この世界の住人──つまり≪NPC≫である少年は、
なんら人間と変わらない感情の豊かさを持ち合わせていた。ユージオと親交を深めるキリトだが、
その脳裏にとある記憶がよみがえる。それは、子供時代のキリトがユージオと一緒に野山を駆け回って
いた思い出。そこには、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。
忘れてはいけないはずの、大切な少女だった。ウェブ上で最も支持を得た超人気エピソード登場!

●新章アリシゼーション編スタート

「いま……今、解ったよ。僕はずっと、君は待っていたんだ。                        キリト。この森で六年間、君がやってきてくれるのをずっと待ってた……」              「――――ああ」 俺も、声にならない声でそう応じると、                     青薔薇の剣を握ったままの左手でユージオの背中を優しく叩いた。               「……俺もきっと、お前に会うために、この森で目覚めたんだ、ユージオ」 

シリーズ第八弾。
キリトが気絶して目を覚ましたときには、今まで見たことも踏み込んだこともない未知の仮想世界に
いた。全てのものがあまりにも現実的なリアルさを伴うその世界で、キリトはユージオという少年と出会うが……。

新章アリシゼーション開幕となる9巻目。登場キャラ(NPC)や肉体的な痛みなどが、現実のようなリアル
さがある今までとは趣のことなる仮想世界で、目的も分からないまま手探り状態でレベル1から新たな世界に
挑むキリトが新鮮ではありました。ともあれ、終盤にはいつもの強いキリトも見れてホッと安心したりも。

――短評――

とりあえず散々言われていることでしょうがプロローグが長すぎました。序盤から中盤にかけての前振りが
ようやく終わって本編に入ったかと思えば、まぁ本編の方もまだまだ先は長いのであろう始まりに過ぎないまま
終わってしまいましたし。ハッキリ言ってアンダーワールドに入るまでは読んでても訳が分からなくてキツかった。

ただ、ユージオと出会い、そして彼と友情を育みながら目的も見つかり、終盤にはモンスターとの決死の
バトルシーンが発動してからはいつものSAOの面白さがありました。キリトさんは相変わらずナチュラルにキザ
ったらしいタラシっぷりで、レベル1のくせにソードスキルを使えるのは…まぁ作者も言ってるけどご愛嬌か。

まだまだ謎の部分が多くて把握できないことだらけですが、次からが本編も本番でしょう。
ユージオとの旅を楽しみにしつつ、現実世界でのキリトがどうなっちゃってるのかも気になるところ。

10巻も早いうちに読みたいと思います。

【評価:★★★★】

11月の読了まとめ

ラノベ5冊、漫画11冊 (計16冊)

更新頻度ガタ落ちの一途をたどってますが11月はヒドイもんでしたね……。こんな体たらくブログでも見に来て
くれる人がいるのが、ありがたいやら申し訳ないやらです。やはり感想ブログたるもの感想の内容や文章なんか
よりも感想上げてなんぼなんです。それが一番大事ですよね。自分が今出来ていないから余計強く思いますよ。

ということで、今月も残すところひと月のみ。
モバマスばっかりやっていないで、少しでも本を読みたいです(切実)

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:26冊
読んだページ数:4157ページ

イメージ 1


感想記事内でのお気に入り作品は、11月も該当なし。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事