屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

血を吸う事をやめて人間との共存の道を選んだ吸血鬼の少女画ボクの                             “血”を見た瞬間豹変して迫ってきて…。美少女巨乳吸血鬼のちょっとHなラブコメディー!!

いんブラ!〜美少女吸血鬼の恥ずかしい秘密〜(1)
(著)  炎堂たつや    (チャンピオンREDコミックス)  

吸血鬼なあの娘が、僕の血求めて発情中――!?

平凡で退屈な高校生活をおくっていた天城光一は、クラスメイトの美少女・板波伊杏とある出来事が
キッカケで関わりをもったことから学園生活が一変。なんと伊杏は光一の血を求める吸血鬼だったのだ……!

美少女巨乳吸血鬼の板波さんと、なぜか“吸血鬼が夢中になる美味しい血”を持っている天城くんとが
繰り広げられるちょっとHな学園ラブコメディー『いんブラ!〜美少女吸血鬼の恥ずかしい秘密〜』1巻です。
吸血鬼の美少女・板波さんに血を吸われたことで、天城少年のラッキースケベな学園生活が始まります。

イメージ 2 イメージ 3
開始早々から繰り広げられるラッキースケベ展開!

『主人公の血を求めて〜』とか『吸血鬼ヒロインと』とか、『ハーレム展開なエロコメ』などなど…。
設定として見ると目新しさはないものの、非常に分かりやすい学園エロコメディとして頭空っぽにして楽し
める作品になっていますね。主人公・天城くんの血は“吸血鬼が我をも忘れてしまうほど美味しい血”らしく、

彼の体から血が流れると猫まっしぐらなカルカンよろしく、天城くんに飛び掛って血を舐める…というより
も、愛撫し始める板波さん。もう、天城くんからは女の子を発情させる変なフェロモンでも発散しているんじゃ
ないかってくらい、板波さんが痴女になってしまうから大変だ。しかも吸血鬼なのは板波さんだけでなく、

天城くんの血を狙うライバル吸血鬼・九条さんや、彼に好意を寄せる幼馴染み・美紗。
そして板波さんの使い魔執事・リアなども天城くん争奪戦に参加してエロエロなハーレムを展開します。

イメージ 4 イメージ 5

もうね、ほんっと頭悪くてストーリーなんて二の次のエロコメ。でも、
そんな漫画が大好きだ!おバカなエロコメ        が僕は大好きなんだ!(溢れ出る心の叫び)

天城くんがドジッこで、板波さんもドジっこ+トラブルメーカーということもあり、天城くんは大なり小なり
出血してはラッキースケベ&エロハプニングが繁盛に発生する仕様になっている本作。幼馴染み派の自分として
は、早い段階で天城くん争奪戦に名乗りを上げた、幼馴染みの美紗押しですかね。とにかく彼女は甲斐甲斐しく

天城くんのお世話をするのが好きな娘で『光一は私がついていなきゃダメなんだ』とか思っちゃっている娘。
それだけならありがちな幼馴染みキャラなのですが、美紗の場合は板波さんに負けじと天城くんとエッチなこと
をしようとアプローチを掛けてくるアグレッシブさがいいんですよね。ちょっと珍しい幼馴染みキャラですな。

なにより…。

イメージ 6 イメージ 7

イメージ 8 イメージ 9
出てくる女の子みんな巨乳すぎィ!

ま、個人的にもそこは本作の大きなセールスポイントだと思いますよ。エロコメ的には乳首券は巻末の
おまけ漫画でのみ発行されているに留まっているものの本編では大胆なエロシチュエーションと、攻撃的な
までのヒロインたちの“攻め”で十分そそられるものがあります。エロコメにばかり注目しがちですけど、

私としてはラブコメとしても今後期待したいところでもありますね。血を求める女と差しだす
男の関係から、精神的にも求められる関係になってほしい…いや、既になりかけてはいますけどね。

ということで安心して楽しめるエロコメでした。吸血鬼女はエロい!はっきりわかんだね。

【評価:★★★】

電波教師(4)

イメージ 1

鑑がネトゲでパートナーを組む美少女・ルーチェ。超絶カワイイ少女の              正体は、超絶カワイイ「男の娘」!?不登校児・ルーチェ編開幕!ゲイツ編も完全収録!!

電波教師(4)
(著)  東毅    (少年サンデーコミックス)  

覚醒したアキバ系オタク教師が生徒の悩みを一刀両断!

アニメブログの更新が生き甲斐の、YD(やりたいことしかできない)な引きこもりニートの
鑑純一郎。そんな彼に生徒会会計の蔵持園が結婚を前提にしたお付き合いを申し込んできたのだが……。

“やりたいことしかできない”『YD』で引きこもりニートなアキバ系オタク教師・鑑純一郎が巻き起こす
学園コメディ『電波教師』4巻です。前巻で“教師・鑑鑑純一郎”が覚醒しましたが今回も個性的な問題児たち
を相手に、鑑が破天荒にトラブルを解決する痛快なストーリーは健在。やー、相変わらず熱い作品ですよ。

イメージ 2

4巻はゲーム会社の娘・蔵持円の政略結婚を阻止すべく、円の結婚相手のゲームチャンピオン・ゲイツと
FPS勝負をすることになる『ゲイツ編』と、鑑のネトゲ内での美少女パートナー・ルーチェが、実は鑑の
クラスの生徒だった!?ということで始まる不登校児『ルーチェ編』の二つのエピソードを収録しています。

個性的……というよりも問題児ばかりいる鑑のクラス。それでも原石ともいえる素晴らしい能力を秘め
ている彼らを導けるのは、やはり只者ではないアキバ系オタク教師・鑑純一郎だけしかいないとこの巻では
あらためて思わされましたね。本作では鑑と関わるのは女生徒がほとんどなのだけれど、彼女たちが揃いも

揃って、大なり小なり鑑に対して好意を抱いていますがそれも納得。唯一無二ともいえる解決方法で
生徒の悩みを紐解き道を示してくれる鑑を、好きにはなれど嫌いになんかなれる生徒なんかいませんよねぇ。

4巻は円から熱烈なアプローチを掛けられますが、彼女のアタックがなかなか強烈でしたな。

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6
今回もしっかり女子生徒とフラグを立てています!

そして後半からのルーチェ編では、鑑のネトゲパートナーが実は鑑のクラスの不登校児で、
その正体はとてもかわいい男の娘!?本名・荒木光太郎くんをクラスメートたちと打ち解けさせるために
鑑が行ったことは、光太郎たちの土俵ともいえるネトゲ世界の中。クラスの生徒たちをMMORPGの世界の

住人にして、馴染みやすい状況を作り出す鑑の手腕に天晴れ!なのですが、同時に光太郎が不登校に
なった原因を克服するための下地も出来上がっていたなぁと、3巻に続くストーリーではきっと光太郎がクラス
メイトと打ち解けている姿が目に浮かぶようです。っていうかかわいい男の娘を嫌いなやつなんていないよ!

イメージ 7 イメージ 8
ただし二次元に限る…!

何気に兄想いな妹・鈴音のよくできた妹っぷりも見逃せないところだったりしますが、
鑑の取り巻きの二人(名前忘れた……)が鑑を取り合ってのいざこざもなかなか楽しいところでした。

5巻ではルーチェ編の完結でしょうが、彼が心から笑えるシーンを見てみたいですね。

【評価:★★★★】

イメージ 1

朝岡ひよりのドキドキカルテ (電撃文庫 と 11-7)
著者/時田唯  イラスト/タケイオーキ

文化祭シーズン到来! 見習いドクター仁の提案で決定したクラスの出し物は……ナース喫茶!?
さっそく診療所(仁の実家)の見学に訪れたクラスの女子たちだったが、
コスプレ好き看護師・小枝子さんの悪巧みで、いつしかナースコスチュームへのお着替えタイムが
スタート!  そんなお気楽ムードの中、文化祭を前にして浮き足立ったクラスメイトに推され、
なんとひよりがミスコン大会に出場することになってしまう。“ドキドキ体質”を克服すべく、ひよりは
勇気を出してミスコンへの出場を決意するのだが、きわどいナース服姿に周囲の熱い視線が絡みつき──。

●ナースな朝岡さんが大舞台で花開く!?

「あの…………高宮先生。ち、ちょっとだけで、良いので。お願いが、あるんです」      「うん」                                                   「私の不安を、本番中に抑えるために……」口にしながら、                         ぽおっ、と頬を赤く火照らせる。 その細い指先で、ベッドの上に置いた俺の手先を掴んで、       「私を、ぎゅー、ってしてください!」 

シリーズ第二弾。
父親の診療所で医者の手伝いをしている高宮仁は、転校してきた美少女の朝岡ひよりに一目惚れする。
ひよりの秘密――ドキドキ体質を克服するべく、専門医となった仁だが二人に新たな試練が待っていて……。

医師見習いの主人公・仁が、一目惚れしたヒロイン・朝岡ひよりの特異体質を治すため主治医になって
あんなコトやこんなコトまでしちゃう――!?な、リアルお医者さんゴッコな医療もの+ラブコメのシリーズ
二冊目。やはり同級生なのに健気にも主人公の仁を『高宮先生!』と慕ってくれる朝岡さんがカワユスなぁ。

――短評――

朝岡さんのドキドキ体質を克服するべく彼女の“主治医”の仁が奮闘しますが、今回は体質を治すためにやや
荒療治で攻めてきましたね。文化祭のミスコン出場という舞台で、緊張しながらも一歩踏み込むことができた
朝岡さんが頑張っていたし、表紙や挿絵でやけにナース服(コスプレ)推しな一冊でもあったのも嬉しいところ。

医療的な要素は必要なのかもしれないけど、そんなに気にしなくてもいいのかな。仁と朝岡さんの初々しくも
微笑ましい、じれったいラブコメを楽しめればいい作品。もうね、ほんとこっちの言うことならなんでも聞いて
くれちゃいそうな朝岡さんの素直さと愛らしさがいいのよ。うん、まだこの体質、克服しなくてもいいよね!(エー

ラブコメ的にはお互い意識しあっていて、あとちょっとで告白!ってところまでいけた
だけに、盛り上がりかかったところで終わってしまったので是非、次巻では告白の続きまでお願いしたい。

タケイオーキ氏のイラストも好みなので、いい感じに朝岡さんの可愛らしさが出ていますね。

【評価:★★★】

イメージ 1

冴えない高校生・悠の前に現われた怪しい少年、その正体は未来からの                   タイムトラベラー・来人!来人は悠に言った。「未来の人類を救うため、片想いの相手にして  幼なじみ・今日子と子作りしろ」と!シゲキ連発のジェットコースターストーリー開幕!!

正しいコドモの作り方!(1)
(原作)  もりた毬太   (作画)  黒田高祥  (少年サンデーコミックス)

未来の世界を救うため、僕は幼馴染みと結婚する――!

幼なじみの高嶺今日子に密かに想いを寄せている悠だったが、文武両道でクラスの人気者の今日子に
対し、冴えない自分との引け目を感じていた。そんな悠の前に未来からやって来たという来人が現われて……。

遠い未来に人類を滅亡させてしまう遺伝子を秘めた主人公の悠。そんな彼と子作りをしても未来が滅び
ない唯一の遺伝子を持ったのが幼なじみの今日子。未来からやって来た来人は人類を滅亡させないために二人
をくっ付けようとするが、彼らを邪魔する刺客も現れて…というSFラブコメ『正しいコドモの作り方!』1巻です。

イメージ 2 イメージ 3 

どうも最近は『未来からやって来た系』の作品が多いなぁと感じていますが、流行りなんでしょうかね?
本作は主人公・悠の遺伝子が原因で未来の人類が滅亡寸前になってしまうのだが、幼なじみ・今日子との間で
作った子供なら、人類が滅亡しない…というもので、未来人の来人の協力のもと恋愛成就に乗り出すものの、

未来の人類が改変されては困る組織が、悠に精神操作で操った女の子たちを次々と送りこんで強制的に
子作りをさせようと迫ってくるからさぁ大変。幼なじみとの恋愛成就→子作りが最終目標なのだけれど、
やはり男の子としては、精神操作で操られているとはいえ、女の子たちに迫られれば抗えないわけでして。

前途多難で命懸けなラブコメをしつつ、次々と女の子たちがあの手この手で迫ってくることで
しっかりサービスシーンも見せてくれます。う〜んこの状況。多少は悠に同情してしまうけどやっぱり…。

イメージ 4 イメージ 5 

イメージ 6 イメージ 7 
ええい、うらやまけしからん!俺と代われ!
なお未来のことはどうでもいい模様。今がよければそれでいい←クズ

未来の人類の滅亡がかかっているという、大仰な命題はあるものの。まぁ、要はサービスシーン
ありの刺激的なドタバタラブコメなんで、ラブコメ好きには安心して楽しめる作りになっておりますね。

典型的な冴えない主人公の悠と、まさに高嶺の花な幼なじみの今日子。今日子は未だに恋愛について
よく分かっていない女の子で、今なら悠にも幼なじみ補正も手伝ってチャンスあり!とも思うのだけれど、
この1巻では、迫られてきた女の子たちとのラッキースケベ展開を何度も目撃されて一切の進展はなし。

イメージ 8 
悠は刺客からの誘惑に打ち勝って、今日子との恋愛を成就できるのか!?

やはり今日子とのラブコメをもっと見たいところですが、1巻ラストでは(何度目かになる)貞操の危機
を迎えてしまう悠。今後は新たな刺客――未来からの能力者なんかも登場しそうですが、ほんと悠にはヘタレ
を脱却して誘惑にも負けずにいってほしい。そういう意味では、彼の成長にもかかっている作品なのかも。

といううことで、サービスシーンを楽しみつつ刺激的な展開に2巻にも期待したいと思います。

【評価:★★★】

ウワガキ(4)

イメージ 1

「ひとりの女子高生をふたりに分裂させる。半年後に融合させた時、“好き"の気持ちが   弱いほうは、強いほうに上書きされる」。そんな恋愛実験がついに終わりを迎える。      だが融合の瞬間、気持ちの強さを計測するラブラブチェッカーから、エラー音が鳴り響く……!

ウワガキ(4)
(著) 八十八良   (BEAM COMIX)

膨れ上がる想いと共に――融合!

謎の化学教師・山田の実験で照井千秋が二人に分裂。彼女のことが好きな“アジオ”こと安治川良男は、
千秋のコピーである小秋と恋仲になろうとする。そんな三人の奇妙な恋愛実験もいよいよ終わりが近づき……。

化学教師・山田のもと、『人間の恋愛感情について』というテーマで“好き”の強さを比べる実験に巻き込まれ
てしまった千秋とアジオ。そして千秋のコピー・小秋。好きの気持ちが弱いほうは強い方に上書きされるという
恋愛実験でおくるSFラブストーリー『ウワガキ』4巻です。彼らの恋愛バトルに決着がつく最終巻になります。

イメージ 2 

さて、好きな気持ちが弱いほうが強い方に上書き(融合)されてしまう、というまさに恋愛実験な
SFストーリーも、アジオと小秋が相思相愛でこれで決着がついて千秋は“積み”の状態なのかと思いきや、
アジオは千秋と小秋が融合した後に、千秋を落とすことを提案。つまりは都合よく、どっちの『好き』にも

応えたいという、ハッピーエンド主義な最善策。小秋に肩入れしていた私としてはこの決断はんんん…と
思ったりもしましたが、融合しても想いは一つ……といったところでしょうか。三人の恋愛はすでに実験とか
関係のないものになっていました。そして物語はアジオたちの修学旅行に向かったことで一気に動き出します。

イギリスの研究機関からやって来たスミスが化学教師・山田が捕獲しようと仕掛けてきますがその
いざこさにアジオ、千秋、小秋の三人も巻き込まれてしまう。まさにアクションありのハードSFバトルに加速!

イメージ 3 イメージ 4

まさに紆余曲折の末に千秋と小秋はついに融合することになるのですが……この実験がそもそも千秋が
アジオのことを考える(想う)ために必要な準備期間だったように思えましたね。研究機関の横槍も入って
千秋は命の危機にさえ見舞われますが、そういった危機的状態もあったから千秋が小秋との融合に踏み込め

たのかもしれません。色々なことがあり、アジオのことを好きになっていった千秋。つまりは好きな相手が
同じ対象人物なものだから上書きではなく、完全に二人の『好き』が重なった上での融合なわけなんですね。

最終的には納得がいく形での“融合”。そしてラブコメとしても堂々のエンディングを迎えました!

イメージ 5 

分裂、そして融合したことで千秋、そして小秋のふたり分の想いを受け止めることになったアキオですが、
最終話には『ふたり分好きだから』と言い切れる立派な男に成長していましたねぇ。ハッピーエンドのあと
には後日談となる番外編も収録。アジオが名前の呼び方を同じ数になるように呼んじゃうところなんかは、

ひとりではなく“ふたり分を愛した結果”をまざまざと見せつけてくれてニヤニヤ。番外編も含めてまさに
大円団の終着を見せてくれた本作を読み終わって、思わずその結末にガッツポーズをしてしまった私ですよw

いやぁ、ほんと面白かった。
認定・極上のSFラブストーリー!

全4巻でまとめたストーリー構成と、八十八良氏の高いレベルで魅せる画力が最後まで素晴らしかった。
山田もいい味出してましたが、彼に好意を寄せる石崎先生も影のMVP的な活躍を見せたのも見逃せないところ。

ということで、オススメのSFラブバトル。気になった方は是非是非。

【評価:★★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事