屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

恋染紅葉(2)

イメージ 1

アイドル女優・紫之宮紗奈の役作りの為、恋人役として                            協力するこになった葛城翔太。しかし、そのことを知ったグラビアアイドルの               幼馴染・七里由比も翔太に恋人役を頼み、なんとキスまで迫ってきて――!?

恋染紅葉(2)
(著) ミウラタダヒロ, 坂本次郎   (ジャンプコミックス)

ドラマのように三角関係、始めます

葛城翔太は、たまたま写真の撮影を頼まれたアイドル女優・紫之宮紗奈にひと目惚れしてしまう。その
彼女から役作りのための恋人役をお願いされた翔太だが、恋人役を志願する女の子がもうひとり現われて……。

赤面症な葛城翔太がアイドル女優の美少女・紫之宮紗奈からドラマの役作りのために恋人役をお願い
されたことから始まる、鎌倉を舞台にした恋愛ストーリー『恋染紅葉』2巻です。グラビアアイドルで幼馴染み
で強力な“ウェポン”を所有している七里由比の参戦で、本格的に三角ラブコメに突入しつつありますね。

イメージ 2

一目惚れした美少女・・紫之宮紗奈にドラマの役作りのためと恋人役をお願いされた主人公の翔太。
そんな彼の前に現われたのが、紗奈と同じく『恋染紅葉』のもう1人のヒロイン役として出演している七里由比。

由比からも恋人役をお願いされてしまう翔太だけれど、困惑したまま断ることもできないままこの2巻は
進行することになります。まぁグラビアアイドルらしい官能的なボディで小学生時代の初恋相手ともあれば邪険
に扱えるはずもありませんよね。本作は丁寧な恋愛模様を描いていると思うと同時にやや展開が遅いかな?

とも思ってしまうわけですが、ようやく三角ラブコメの『一歩』を踏めたかな、と感じました。
1巻ラストの展開を考えるとやや由比のアタックが弱いように思えたけどその分、今回は翔太と紗奈。

お互いの想いを深めるための巻になっていたかな。この漫画は翔太の青臭さがいいんだ。

イメージ 3 イメージ 4

翔太、紗奈、そして由比の三人とも恋愛経験がなくウブなんですよね。リアルで『恋染紅葉』な三人の
関係なれどもそこに介入してきたのが、紗奈のマネージャーである京子さん。やー、この京子さんがまたいい
キャラしておりまして。愛らしい紗奈ちゃんを愛でたいと思う気持ち以上に『いじめたい!』と思ってしまう、

真性のドS変態キャラでありました!京子さんが紗奈から男の気配を察知して、翔太と由比の三人でのデートを
尾行したりもするのですが…尾行だけでなく紗奈のことを想うあまり盗撮までしてしまう変態マネっぷりを発揮
します。ラブコメにおいては所謂“お邪魔虫キャラ”なれど、こういう障害を越えてこそ恋は燃えるというものだね。

イメージ 5

イメージ 6

展開が遅いとは書きましたがこの『まだ恋にまで至っていない微妙な関係』な状態は嫌いではあり
ません。むしろラブコメにおいては、一番ドキドキワクワクが詰まった楽しい段階であるとも思うわけですね。

そんな、まさに『まだ恋にまで至っていない微妙な関係』で、でも読者をドキドキさせたりワクワクもさせてく
れるのが、紗奈の感情の変化。ドラマ作りのための恋人役から、本当の恋人に……?と期待させられる。まだ
紗奈自身もこの感情が恋と自覚してはなさそうだけど、ラブコメとしてしっかり段階を踏んでいるなと感じました。

ああ、これは『恋する乙女』の顔ですね、間違いない。

イメージ 7

2巻の最萌えシーンといえば、やっぱり水着を試着するシーンで恥ずかしがる紗奈ちゃんでしょうなー。
試着室からなかなか出てこなくて『1、2の3で見せる』と言いつつ、羞恥から出てこれず『1、2の3…』を繰り
返す紗奈ちゃんが赤面かわいい。まぁ焦らしただけあって、水着姿は由比にも劣らないナイスボディでしたな!

まぁ、そうは言いつつも……。
やっぱり僕は由比ちゃんのおっぱいに釘付け!

イメージ 8 イメージ 9

イメージ 10 イメージ 11

紗奈ちゃんも可愛いんだけど、潜在的に由比ちゃんの方が気になっている俺がいる。
やっぱりおっぱいだからか?それとも幼馴染みだからか?あの不思議ちゃんキャラもまだまだ活かし
きれていないと思いますし、是非3巻では由比の活躍(逆襲回)に期待したいところです、はい。

コミック派なもので掲載誌の情報は掴みきれていないのですが、どうやら打ち切りの噂もある本作。
確かに設定的にも短期集中連載でもおかしくはないと思うんだけど、絵は綺麗で上手いし女の子たちも可愛い
んだから、できるだけ長く続いてほしいが……ジャンプで恋愛漫画を連載するのはほんと難しいんですねぇ。

2巻も読み切り作品を収録。うん、このコンビは恋愛漫画がフィットすることがよく分かった。

【評価:★★★★】

ニセコイ(4)

イメージ 1

千棘の誕生日プレゼントを買うため、小野寺と二人きりで出かけた楽。             “約束の女の子"と小野寺の姿が重なり、10年前のことを尋ねてしまうが!?             さらに、参加した千棘の誕生日パーティーで衝撃の事実が発覚し!?

ニセコイ(4)
(著)  古味直志   (ジャンプコミックス)

過去の思い出がまたまた混沌をもたらす――!

有名なヤクザの元締めの二代目ながら、将来は堅実な公務員を目指している一条楽は家の事情で
ギャングの娘・桐崎千棘と恋人のフリを装うことになる。今回は10年前の思い出の女の子がついに発覚……!?

ヤクザの息子・一条楽とギャングの娘・桐崎千棘は、家の事情で偽の恋人関係を継続中。楽はクラスメイト
の小野寺小咲に片想い中だが、そんな三角模様に新たなヒロインが参入する『ニセコイ』4巻です。この巻では
10年前の思い出の女の子の“真相”に迫りつつあり、三角ラブコメとしても非常に燃え上がってきましたね。

イメージ 2

その燃え上がってきた三角ラブコメに、さらなる混迷を生まんと第三の思い出の女の子候補が後半に
登場しますが……まぁとりあえずそれについては一先ず置いといて。4巻も序盤は誠士郎が貰ったラブレターの
エピソードで、彼女の女の子な一面が大爆発。前巻でダークホースと位置づけて楽ともフラグが立ったけども、

あくまで“サブヒロイン”であることは変わらない誠士郎。ギャルゲーで言う個別ルートの無いいわゆる
『攻略対象外』のヒロインキャラなのですが、だからこそ魅力的なのかなぁ。しかし、誠士郎や千棘に負けじと
小野寺さんも今回頑張った!頑張った…よね?千棘の誕生日会に二人でプレゼント選ぶことになった回では、

楽のことを名前で呼ぶ場面も。そして10年前に約束した女の子は、小野寺さんだった…!?

イメージ 3 イメージ 4
小野寺さん、まさかの逆転大勝利だああああ  あああああああああああああああああああ…!
もういいだろ?これでハッピーエンドだよ!両想いじゃないか!エンドロールはよ!

と、思ってしまったのはさすがに早計でした。あくまで可能性として10年前の思い出の女の子候補として
本格的に小野寺さんも急浮上してきたので、今まで扱いが不遇だったことを考えれば大躍進とも言えますかね。
後半には新キャラの影に隠れてたり『このチャンスにもう一押し!もう一押しだよ、小野寺さん!』と叱咤せず

にはいられないいつもの小野寺さんに逆戻りでしたけどね(苦笑)肝心なところで締まらないのは、
しっかりしているようで抜けている彼女の魅力の一つ。買い物デートでの顔芸とか超かわいいよ小咲ちゃん!

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
正統派美少女ヒロイン小咲ちゃんはやっぱり可愛い。

ただ、小野寺さんに負けるどころか、なおその存在感を強くしていたのは千棘の“メインヒロイン力”か。
小野寺さんと同じように、彼女もまた楽との10年前の思い出を共有している過去を明かしてきたものだから
ますます約束の女の子がダレ(どっち)なのか分からなくなってきたのです。得てしたことではないにせよ、

小野寺さんが10年前のことを明かしたことで、彼女の勢いをストップせんばかりに、
千棘の方も過去のピースをひけらかしてきた。両者とも恋敵に譲ることなく三角ラブコメが燃え上がってきた。

イメージ 8 イメージ 9

小野寺さんと千棘、どちらにも思い出の女の子の可能性が…!?という中で新たなヒロインが登場する
わけですが、それが楽の許婚であるらしい橘万里花。10年前に楽と一緒に写っていた写真。そして手にして
いる思い出の鍵…と。本命の数え役満とばかりに、ここに来て真打ちヒロイン登場といった形なのかなぁ。

彼女の参戦で楽争奪戦はまたまた混沌めいてきたわけだが、小野寺&千棘がダブルヒロインとして読者に
認知してもらえるだけの魅力があるだけに、橘万里花がどこまで彼女たちに対抗できるだけの…読者を納得させ
るだけの魅力を放てるのか、そこを注目したいですね。 この巻ではまだ顔見せ程度で終わっていますし。

イメージ 10 イメージ 11
新ヒロイン・万里花さんは狡猾お嬢様?

性格的には千棘や小野寺さんよりも食えない性格というか、一筋縄ではいかない女の子っぽい印象。
欲しいものを手に入れるためなら、どんな手段も選ばない感じか?小野寺さん派の自分としては彼女の存在に
よってますます小野寺さんの存在が……と危惧しておりまして。なんとも複雑な気分の4巻でもありました。

ともあれ、巻末『シンコン』では新妻小野寺さんな夢妄想の番外編エピソードが。
ふぉぉおおおおおおおおおおおおおおお!やっぱり小野寺さん最高や!新ヒロインなんていらんかったんや!

ということで、恋の結末がどうなろうと私は最後まで小野寺さんを応援する所存ですよ!

【評価:★★★★】

10月の読了まとめ

ラノベ12冊、漫画12冊 (計24冊)

今年も残すところ2ヶ月余りとなり、年をとると月日が過ぎるのを速く感じるなぁとしみじみ思ったり
している今日この頃です。俺今年何をやってきたんだろ?とか、いや何も成し得ていないんじゃないか?とか、
課金しすぎたんじゃないか?とかとか。振り返ると色々とアレなんですけど、まぁ後悔先に立たずですわな。

先月のラノベの読了数10冊の目標はクリアしたので、
ブログ的にはもうちょっと頑張って感想書いて更新数を上げたいところです。

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:37冊
読んだページ数:5815ページ

イメージ 1


感想記事内でのお気に入り作品は、10月も該当なし。
い、いや手抜きとかじゃなく、感想数少ないとオススメできる作品も上げられなくて……。

イメージ 1

這いよれ!ニャル子さん 10 (GA文庫)
著者/逢空万太  イラスト/ 狐印

ニャル子が真尋のベッドに潜り込み、クー子に嫉妬の炎で焼き殺されそうになる――八坂家は
いつものように朝から大SAN事! 歴史は修復され、ニャル子達のいる日常が戻った。
ありえない非日常こそ、いまは自分の日常である――そう自覚した真尋だ。そんな矢先、
焼失していた地球拠点の修復が終了したとの連絡が入った。確認へ行くべきと提案する真尋と、
後回しにしようとするニャル子達。そんなやりとりのさなか知らぬ声がかかり――「アトラク=ナクア
星人、銀アト子と申します……どうぞ、よしなに」ニャル子の幼なじみ、アト子が地球にやって来て――! ?

●ニャル子の親友、アト子登場!

「……ニャル子、わたしが寝取られると思って妬いてるの?大丈夫、少年は                 ちょっと自分の立場を勘違いしているだけ。後でわたしが調教して従順にさせておくから」  「じゃかあしゃあ!真尋さんは調教する方ですよ、もちろん私を!」               「ハス太、黄衣の王になっていいぞ。亡びの風とかいうので身の程を教えてやれ」       「え、えっと、さすがにぼくのЯMИдOKOKУ(やみどうこく)はここじゃあ……」

シリーズ第十弾。
いつものように八坂家に住み着いた邪神との日常を過ごしていた真尋。そんな彼らの前にニャル子の
親友で「アトラク=ナクア星人」の銀アト子が現われた。地球には仕事と野暮用の為に訪れたと言うのだが……。

ニャル子の友人・アト子登場回。作中時間は前巻からほとんど進んでいなくて未だ(真尋がニャル子たち
と出会って)三週間くらいだと思います。この巻も相変わらず無駄にスケールがデカくてしょーもないオチが
待っている“いつものニャル子さん劇場”。安定感ある邪神コメディ……それ以上でもそれ以下でもないよ!

――短評――

結婚――それは地球人も地球外生命体の人たちにとっても同じことのようで、宇宙規模の婚活騒動が
今回のお話の要因。その渦中にいるのが新キャラ・アト子なのですけど、彼女がまた一癖あるドSキャラで
まさか○○○属性があるとは思わなんだ。和風で清純な見た目とのギャップと相まって面白いキャラでしたね。

しかし本作は感想書き泣かせです。10巻までシリーズが続いているものの、内容的には様式美といっていい
ほど『相変わらず』で『いつもどおり』な物語なので、少なくとも自分には感想を書くのが難しくなってきた。いや、
楽しめれば無理して感想なんて書く必要ないじゃん?とも思うけど、一応ここまで書いてきたし形式的にね…。

最近はデレ気味のヒロイン・真尋よりもニャル子とクー子の馴れ合いコントのが好みな傾向。

【評価:★★★】

けいおん!highschool

イメージ 1

先輩たちの卒業後、部長になった梓のもとに憂・純が入部した軽音部。
まずは軽音部恒例行事(?)、新入部員勧誘から!新入部員は未経験者でも大丈夫?楽器の割り
振りどうしよう?そもそもボーカル誰がやる?課題は山積みだけど、がんばれ梓部長!

けいおん!highschool
(著) かきふらい  (まんがタイムKRコミックス)

新生軽音部『わかばガールズ』でやってやるです!

桜高軽音部の部長となった梓だったけれど憂、純が加入してくれたもののまだ人数が足りない状況に
あった。このままでは廃部の危機もあるだけに、まずは新入部員の勧誘から始めることになったのだが……。

唯たち卒業後の梓たち在校生側のアフターストーリーを描いた『けいおん!highschool』です。大学編で
ある『けいおん!college』も読みましたけど、ハッキリ言ってこちらの高校編のが断然面白かったですよね。
やはり、桜高の制服着て。放課後のお茶会して。さわちゃんがいて。そう、これが『けいおん!』なんですよ。

イメージ 2

軽音部の部長となった中野梓ことあずにゃん。そこに友人の憂、純が加わって新たに軽音部が始動します。
唯たちが卒業したばかりですが、あずにゃんたちも三年生なんですよねぇ…。憂ちゃん、純との仲良しトリオの
息はピッタリながら、最初の問題として浮上したのが新入部員の勧誘。そこで新たに軽音部に加入したのが、

新入部員の一年生。斉藤菫と奥田直の二人。やー、このスミーレと奥田さんもとってもいい子たちで、
最初に書いた“けいおん!らしさ”に加え、彼女たちのキャラを活かしていたのはやっぱりあずにゃんたち三人
がちゃんと桜高軽音部の雰囲気を作り上げていたから。こうやって伝統は受け継がれていくのだろうなぁ。

そんなさわちゃんがつけたバンド名『わかばガールズ』で奮闘するのは我らがあずにゃん部長。『部長』
の肩書きにニヤニヤして乗せられやすい一面があるのはご愛嬌。やっぱり本作の中心にいるのは彼女です。

イメージ 3 イメージ 4

まぁ菫たち後輩に“あずにゃん”というあだ名で呼ばれていたことがバレて部長としての立場が危うく
なる場面もあったり?でも先輩らしく、後輩たちを唯ばりに可愛がったりする場面もあったりするのだけど…

後輩たちをかわいがる             あずにゃん自身がかわいいというね…!

イメージ 5 イメージ 6 

ただ、部長の肩書きに慢心して周りが見えてなかったわけじゃないのだろうけど、後半になってあずにゃん
は後輩の菫や奥田さんと少し遅くなったけど向き合うようなります。ラストステージに向けて後輩たちとの繋が
りを深めたことはそのまま、この作品の終幕を意味していたのか。学園祭で唯一『わかばガールズ』としての

バンド活動を披露してくれますが……ほんと『放課後ティータイム』とは全然違うあずにゃんたちによる
いいバンドがになっていたなぁと思わされましたねぇ。そのバンドを影から(影でもないか…?)支える形で
大きい存在だったのがさわちゃんの存在。前作『けいおん!』よりも出番が増えていたような気がしますし、

この作品でも主にオチ担当として大活躍。まだまだ未熟な『わかばガールズ』の5人をしっかり
サポートしていました。うん、さわちゃん先生がいる限りは桜高の軽音部はずっと続いていくんだよね。

イメージ 7

そしてこの『けいおん!highschool』に欠かせないキャラとして触れずにはいられないのが、
スミーレと奥田さんです。菫はムギと関わりのある女の子で、軽音部に入部することになったキッカケも
面白かったのですが、それもすべて彼女の“お姉ちゃん”であるムギの計らいであったことが分かった

エピソードにはちょっとグッとくるものがありましたね。ドラム担当ってのはちょっと意外な感じも
しますけど、日頃からストレス溜め込んでいるみたいなので実はドラムはピッタリなのかも…(笑)

二人とも面白くて可愛い後輩ちゃんたちで、今までと違った個性の持ち主たちだったので彼女たちの
おかげもあって新生軽音部が形作られていたのかなとも思いますね。二人の友情エピソードも良かったで。

イメージ 8 イメージ 9

イメージ 10 イメージ 11

『けいおん!』は唯たちの高校生活三年間を4巻で描いたのに対し、本作はあずにゃんたち3年生の
学園祭までの軽音部の活動を描ききっているので、残念ながらこの一冊で完結しています。『けいおん!』
シリーズとしても、恐らくはこれで完結……なのですかねぇ。大学編は少し物足りなさもありましたけど、

『けいおん!highschool』ではけいおん!らしさを感じまくりで、寂しさもあるけど満足感もあります。
かきふらい先生、本当お疲れ様でした!じっくり休養をとってまた新連載がスタートするのを心待ちにしてます。

あ、表紙カバー下にはあずにゃんの隠された秘密が明かされていますよ…(笑)

【評価:★★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事