屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

ハイスクールD×D 13 イッセーSOS(富士見ファンタジア文庫)
著者/石踏一榮   イラスト/みやま零

こんにちは、赤龍帝イッセーこと兵藤一誠です。やりましたっ!日頃の努力が認められて、
魔王セラフォルー・レヴィアタンさまからご指名依頼を受けちゃいましたっ!
依頼内容は特撮映画『マジカル☆レヴィアたん』への出演?「悪魔に仇なす赤き龍帝!この魔法少女
レヴィアたんが滅ぼしてあげちゃうんだから!」…なんだこりゃ!?いざ撮影に入ってみれば、
魔物、ビーム、爆発すべてが本物じゃないかっ!いや、それ死ぬって。いろんなものに
目が眩み、俺、今日ピーンチっ!悪魔な学園ラブコメバトルファンタジー、ぶっちぎりだぜ!

●おっぱいドラゴン、みんなのために頑張ります!

「イッセーくんは将来結婚したら男の子と女の子、どちらがほしいのかしら?」
「悩みますね……。双子で男の子と女の子って
いうのがいっぺんに希望を満たしそうですけど、育児が倍大変そうです」
朱乃さんがふいに自身のお腹に手を添えて微笑む。 「あなたに子なら何人でも産みますわ」

シリーズ第十三弾。
リアス率いるオカルト研究部のもとに、以前にひと悶着を起こした間柄である阿部清芽が相談を持ちこんで
きた。なんでも父親が持ってきたお見合い話を破談したいらしく、イッセーに偽の彼氏役をお願いしてきて……。

箸休め的な短編集。基本的に本作はハーレムラブコメバトルファンタジー=おっぱいドラゴン→イッセーの
物語――となるので、短編集といってもメインのキャラが変わったり趣向の異なるエピソードがあるわけでも
なく、メインはあくまでイッセーの物語なんですよね。そこはちょっと残念というか、起伏に貧しいかなぁ、と。

――短評――

今回のハイライトは(あくまでも個人的に)性転換して女の子になっちゃった木場でしょう。風邪でダウン
したイッセーのお見舞いにナース服を着込んだだけでなく、あのいじらしいほど乙女な仕草!うん。木場はホモ、
はっきりわかんだね。いまさらかもしれませんが表紙含めて、みやま零先生のイラスト効果が高くて素晴らしい。

全6編からなる短編エピソードは、どれもイッセーが身体を張って頑張っているのが印象的。
悪魔、堕天使、天使の三大勢力による運動会では、いかにもなスケールのデカさとこれだけの面子が
揃えば一触即発の危険性もあるのでは?という雰囲気もあったりして、ハチャメチャな楽しさがあった。

ただ、安定した面白さはあったけれどハーレムラブコメとしては不満の一言。おっぱいドラゴンが
全然おっぱいドラゴンしてないよ!所謂サービスシーン的な要素が圧倒的に不足していたのは明らかでした。

次からは新章が始まるみたいなので、気持ちも新たに期待したいところです。

【評価:★★★】

イメージ 1

バカとテストと召喚獣10.5 (ファミ通文庫)
著者/井上堅二  イラスト/葉賀ユイ 

進路希望調査に記入内容に迷う明久【あきひさ】・雄二【ゆうじ】・ムッツリーニの3人に学園長が
提案したのは、召喚者の未来をシミュレートする新たな実験――「間に合ってます」
「なんだいその反応!?」(正しい教師とのやりとり)。とはいえ興味をそそられたFクラス面々は早速
試してみることに……。『僕と未来と召喚獣』他、明久と雄二を襲った衝撃の人格入れ替わり事件の
顛末『僕と雄二と危ない黒魔術』など全4本でお贈りする青春エクスプロージョンショートストーリー第5弾!

●バカやって入れ替わって未来を知る僕ら――!?

『でも、ムッツリーニ君だってボクの身体確認したじゃない。おあいこおあいこ』
『…………ダメだ。ベルトから手を離せ……!』
『代わりにムッツリーニ君もボクの身体、好きにしていいからさ♪』
『…………それは既にやってある』
『待ってムッツリーニ君。ボクらが入れ替わってからまだ五分も経ってないはずなんだけど……?』

シリーズ第十三弾。
進路希望調査の用紙を前に、自分たちが将来どうなりたいのか悩んでいた明久たちFクラスの面々。
そんな時に学園長から未来をシミュレートできる召喚獣の設定を試してみるのだが……な他三本含をむ短編集。

幕間に(オカマの皆さんに聞いた)人気投票があるのもこの作品らしいですよね。本編の方は次巻が
ラストエピソードになってしまうようですが、そんなこともどこ吹く風。5冊目の短編集においてもいつも通りに
バカ騒ぎの平常運転でしたねぇ。しかし新キャラに久保くん弟ってほんと誰得(笑)…今回も以下各話感想。

『僕と兄さんと謎の抱き枕』

久保弟、ムッツリーニ妹が文月学園に高校見学に来るお話。兄の異変に明久が関わっていることを知り
高校にまで足を運んだ久保くん弟。第三者視点から見たFクラス(明久)って、感覚が麻痺して忘れがちになる
けれどあらためて異常だよな(苦笑)ギャグとは分かっているけど、度を越した異端審問会の行動は気分悪い。

『僕と雄二と危ない黒魔術』

霧島さんの持っていた黒魔術の本(←ここからしてオカシイ)が原因で明久と雄二が入れ替わってしまって…と
いうお話。意外とありそうでなかった入れ替わりネタ。明久と雄二から始まってそれがいつものメンバーにまで
拡散して事態は超カオス状態に。入れ替わりネタも、バカテスに掛かればバカ騒ぎのネタにしかならないね!

姫路さんと入れ替わった美波……いっときでも胸がある喜びを味わえてよかったね(´;ω;`)ブワッ
こういう短編だからこそ、表紙も飾った玉野さんと清水さんという危険な二人が活躍するのはある意味嬉しい。

『僕と未来と召喚獣』

学園長による試作召喚獣シリーズ未来編。井上先生によるとただ『イラストが見たかった』だけで作った
お話みたい。いや〜、それにしたって雄二の未来は本人的にBADエンドなんですか?Happyエンドなんですか?

どちらにしたって色々とアウトですわ!まぁそれ以上に扉絵の美波(大人Ver)を見て『よしっ!』って思った
のに、真実を知ってガッカリしたのは僕だけじゃないよね!?胸パtああああああああ…(泣)。ムッツリーニ
の未来なちょっと意外な感じでしたが、それを見た工藤さんの反応?にもニヤニヤ。やっぱりこの二人って…。

『私とウサギと仄かな初恋』

小学生時代の姫路さんと明久のお話。姫路さんにとっては大切な初恋エピソードになっていましたね。
明久のモテ期は小学生時代だったみたいで、女子にチヤホヤされる明久がなんだか笑える。けどやればできる
男の子なのは、今も昔も変わりないわけで。臭い言い方をしてしまうと、姫路さんが好きになるのも必然なほど

に優しくてカッコいい王子様しておりましたよ。いつも身に付けているうさぎの髪飾りに秘められた過去も
知ることになって、とてもあたたかい気持ちにさせられた素敵な過去エピソードでした。さすがメインヒロイン!

いつもの短編集と同じくバカで変態な内容で、最後はいい話でキッチリ締める構成なのはさすが。
やはり本作は明久を中心に回っていますね。次巻は本編のラストエピソードかな。楽しみに期待しています。

【評価:★★★★】

イメージ 1

ロウきゅーぶ! 11 (電撃文庫 あ 28-12)
著者/蒼山サグ   イラスト/てぃんくる  

真帆のお父さんの計らいで、小さいながらも初めての大会に参加する慧心女バスの五人。
気合い十分の彼女たちの前に立ちはだかるのは、五年生と昴の誕生日!?「手作りのものって…
何があるかな?」「紗季、ご指導よろしくお願いします!」「まずリボンを自分の身体に巻いて―」
「すばるん。プレゼントは、あ・た・し」「おー?それ、ひながやりたいかも?」
感謝を込めた誕生日会を過ぎれば、あとは一気に初大会へ向けて試合モード全開!バスケ部存続
+お手伝いをかけた五年生との再戦に、五人の想いと友情が炸裂っ!?そして試合後に待っているものとは―。

●日々、成長を続ける小学生たちに圧倒的感謝…!

「うーん、くやしーけどやっぱりエースはもっかんだなー。
すばるんの好きなモノを教えてくれたのももっかんだし、手袋のサイズを教えてくれたのももっかん」
「おー。ともかが、おにーちゃんエース?」
「えへへ、やっぱり長谷川さんについてなら、智花ちゃんがいちばんだもんねっ」
「も、もうっ!真帆たちまで昴さんに失礼なこと……はうぅ」

シリーズ第十一弾。
昴のお誕生日パーティに、慧心学園女子バスケ部メンバーは喜々として料理作りや編み物などに精を
出して昴を喜ばそうと必死だった。一方で、小さいながらも初めてのバスケ大会に参加することにもなり……。

まず率直な感想。バスケシーンも熱かったけれど、それ以上に昴の台詞が普通に気持ち悪いんだよなぁ…。
ここまでくると長谷川昴というキャラクターを使って著者の心の叫びをそのまま投影しているように思えてなら
ない。ハッキリ言って名(迷)言ばかりですよねー、今回。もうこれ(昴なのか蒼山サグなのか)わかんねぇな。

病院へ行って、どうぞ

内容の方はいつものように、前半はロリコメディ。後半はスポ根バスケな構成。お誕生日会で智花たちから
料理や編み物を頂いてご満悦な昴さん。しかし、真帆たち手作りのうどんを食べたときの昴の興奮っぷりはヤバ
かった。うどんの生地に小学生の天使性が伝導して美味いからうどんは小学生に限るとかなにいってだこいつ。

変わらず昴への好意をぶつけてくる智花たちには、何も悪いところはないんですけど、昴の病気は悪化して
いく一方ですね…(笑)心の中で何度も『あのさぁ…』と若干呆れてしまう部分もありますが、あくまでも
“ギャグコメディ”として割り切ればこれはこれで面白い…かな。まぁ昴が気持ち悪いことに変わりはないけどw

意味のあるバスケ大会

そして中盤以降からのバスケ大会では、因縁のある5年生チームとの決着戦をつける舞台にもなって
いましたね。葵の指導のもと強敵となった5年生チームに苦戦する智花たち。均衡を続ける試合でしたが最後は
経験の差(コーチと選手とも)が出てかな、という感じ。それでもなかなか熱い試合になってて面白かったです。

硯谷女バスの出番は少なかったけど、ベストメンバーではなかったし新たな複線も出来たのでこのライバル校
とは再び戦うことになるのでしょう。それよりも試合が終わった後の昴は、教え子たちの親御さんから引っ張り
だこに合っていて、完全に親公認のロリハーレムが認められていましたね。ほんと昴さんモテモテですわー。

ですが、ロリハーレムを形成しつつも揺るがないのは智花の正妻っぷり。確かに目立った活躍はないけれど
なんといいますか。“良妻は旦那の三歩後ろを歩く”がごときなんですよね。なんだかんだ一番ラブラブだしね。

今回はスポ根、ロリコメディとも充実していて楽しかった。ノー小学生、ノーライフだぜ!

【評価:★★★★】

開く トラックバック(1)

イメージ 1

見滝原市で魔法少女として活躍する巴マミ。たった一人で魔女退治を
行っていた彼女の前に、魔法少女になりたての佐倉杏子が現われる。マミの姿を見た
杏子は憧れを抱き、マミに「弟子にしてほしい」と申しでるが……!?

魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜(上)
(原作)  Magica Quartet  (作画)  ハノカゲ   (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

巴マミと佐倉杏子によるスピンオフストーリー

たった一つの奇跡と引き換えに、この世の呪いと戦う使命を背負った少女達――『魔法少女』。
街の平和を守るため魔女と戦い続ける巴マミは、魔法少女になりたての佐倉杏子に弟子入りを志願され……。

原作コミカライズも担当されたハノカゲ氏による、巴マミと佐倉杏子をメインにして描かれるスピンオフ作品、
『魔法少女まどか☆マギカ〜The different story〜』上巻です。自分の中では漫画版まどマギ=ハノカゲ氏と
認知しているので、再び氏の『まどマギ』が読めるのは嬉しい限りですが、内容の方もさすがのクオリティ。

1冊まるごとマミさんと杏子をメインとしたお話ですが、やはり主役はマミさん。

イメージ 2
“もっとも魔法少女らしい魔法少女”       巴マミを主人公にした物語(スピンオフ)です!

そう、ネタ抜きに本作ではマミさんが一番好きなキャラなのですが、その理由の一つにダレよりも“魔法少女
らしい”心構えというか、姿勢を持っているからなんですよね。作中でもみんなのお姉さん的な役割から杏子に
憧れを抱かれ弟子入りを志願されますが、物語は二人の友情だけでは語れない終始シリアスに展開します。

まずマミさんが主役ということもあり、魔法少女の過酷さ、孤独さ、悲しさを描ききってきるなぁと感じ
ましたね。その中で初めての魔法少女の“友達”となる杏子との出会いがマミさんにとってどれだけ大きな意味を
持っていたことか。杏子もまた、この過去編スピンオフでは素直な後輩キャラで可愛いんです。途中までは…。

イメージ 3 イメージ 4

杏子が魔法少女になったのは家族――父親のため。『みんなの幸せを守る』ことが彼女の願いでありましたが、
その善意が家族を破滅に導いてしまう結果になってしまうとは、ダレよりも杏子が予想だにしていなかったこと
でしょう…。家族を破滅させてしまって以降は、自らもすっかり自棄になり原作の杏子の姿になっていましたね。

事故で家族を失ったマミさんと、自分のせいで家族が死んでしまった杏子。どこか似ているようで、
やっぱり二人は相容れることのできない運命だったのか。後半からの魔法少女としての考え方の違いから
すれ違い、ついには決別してしまうことになるマミさんと杏子の関係が、ただただ悲しかったし辛かった。

終始シリアスに重い展開が続く本作ですが、一貫してブレなかったのははマミさんの優しさだったように
思える。慈愛といってもいいのかも。それゆえに余計に杏子との考え方の違いが浮き彫りにもなってましたが。

イメージ 5 イメージ 6

上巻ラストでマミさんと杏子が再び合間見えますが、ここら辺は原作とは違った展開になっていて面白い。
個人的にもマミさん大好きなので、彼女がメインとして活躍するスピンオフ漫画にとても満足しております。
そこはやはりハノカゲ氏の原作の解釈と独自の考えのもと、この作品を構築しているからこそなんでしょうね。

マスケット銃を駆使して戦うアクションシーンも素敵なわけですよ。

イメージ 7 イメージ 8
うん、マミさんは強くてかっこいい(断定)

このスピンオフ漫画は、上中下巻構成で中巻は今月の19日、そして下巻は来月11月12日刊行予定とあり
早いスパンで続きが読めるのはありがたいですよね。これも、『劇場版まどかマギカ』上映中に合わせての
ことなんでしょうが、関連作品の展開からもまだまだ『まどマギ』の人気は冷めることはなさそうですねぇ。

巻末やカバー下では、本編とは違うコメディチックなノリがなんとも微笑ましい感じ。
杏子に必殺技を叫ばせようとするマミさんうぜぇ(笑)ともあれ、次巻では今回の二人以外の主要キャラ
も活躍する予定みたいなので、マミさんとまどか達がどう絡んでいくのか注目して読みたいと思います。

【評価:★★★★】

開く トラックバック(1)

イメージ 1

犬とハサミは使いよう Dog Ears1 (ファミ通文庫)
著者/更伊俊介   イラスト/鍋島テツヒロ

天才作家秋山忍こと夏野霧姫の飼い犬として、日々読書に勤しむ俺、春海和人。
その妹、円香が高校に合格し、入寮前に夏野家を訪れたのだが――何でお前らそんなに険悪に
なってるの? そして"エターナル和兄プロジェクト"って何!? 『犬は災いの元』、夏野にある相談をする
ためやってきた映見。だがそこに鈴菜が来襲、映見が発する強力な"苛めてオーラ"に戦慄し……って
だからそれ何!? 『千里の犬も一歩から』他、俺を取り巻く混沌【カオス】な日常を描く、短編集第2弾!

●鮪喰『零式』と『無限』があれば、もう何も怖くない!

『じゃあさ、一度そのハサミ、持ち歩くのを止めたらどうだ?』                    「あらあら、急に何を言い出すのかしら、このエロ犬は」                       『え、何その反応』                                            「私にとってハサ次郎とは、体の延長、そして鎧も同じ存在なの。それを手放せ          だなんて、それは私に真っ裸でいろと言うのと同じことよ。なんていやらしい犬なのかしら」          『えええ……』

短編集第二弾。
春海和人は読書バカである。それは死んでも、犬になっても変わらない。犬になっても本を読む。
犬であろうが本を読む。ドSで人気小説家の夏野霧姫との奇妙な生活は毎日がデンジャラスそのもので……。

二冊目の短編集もこの作品らしい夏野さんと犬の会話劇が面白いけれど、非日常的な日常が描かれる
不条理っぷりと変態キャラばっかりしかいないハチャメチャさが面白おかしいですねぇ。表紙を飾って
いるように和人の妹・円香の活躍が目覚しかった短編集でした。いや、この妹。夏野さん並みに危険だわぁ。

『犬は災いの元』

メインヒロインと妹が主人公を取り合って口論になったらなぜかバトルが始まっちゃいました!?
ラブコメ作品なら、間違いなくそういった展開の妹回なんでしょうけど、どうしてこうなった……としか言い
ようがないほど妹・円香の異常性が垣間見えたエピソードでもありましたな。和人もシスコンなのだけど、

円香はそれ以上にブラコンなんですよね。ヤンデレ?いやいや、あれで正常だからタチが悪い(笑)

『諸刃の犬』

夏野さんとハサ次郎の歴史のお話。夏野さんにとって小さい頃から大切にしていたお友達がぬいぐるみ
とかではなくハサミだったという、ただそれだけのことなのですよ。まぁそれだけで済ませちゃいけないほど、
彼女がハサミを手放しただけで、日常が歪んでしまう超常現象が…って、ハサ次郎は伝説の神器かなにか?

夏野さんは父親似らしいのですが、夏野さんとは違って“アレ”が豊満なお母様の登場を強く希望します!
お姉さんの方はそのうち登場しそうではありますけどね。この家族のことだから皆個性が強いんだろうなぁ。

『千里の犬も一歩から』

表向きは映見の成長と必殺技修得回(笑)なのだけれど、タイプの違うMキャラに対抗心を燃やして暴走する
鈴菜さんの変態ぶりが平常運転すぎてある意味心地いいお話でした。私この作品では彼女がお気に入りキャラ
なもので。鈴菜さんの巨乳に負けず、映見も隠れ巨乳ということが判明して、意外と似たもの同士なお二人さん。

この二人の共演をまた見た……別にいいかw

『鬼の犬間に洗濯』

この作品でハサ次郎の次に恐ろしいものは円香のカレーであることを再認識させられたお話。

『躓く犬も縁の端』

東川高校に入学した円香とその友人たちを取り巻くお話。作中では数少ない“一般人”の女子高生、
奈央視点で語られることが多いため、ちょっといつもの犬ハサとは毛色が違ったエピソードになっていたかな。

兄を失った円香の、普通の妹としてのちょっぴり切ない気持ちが描かれてもいましたが色々な意味で円香
は強いからなんの心配もないよねと思ったり。円香と友人たちの活躍は今後の短編集でも見られそうですね。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事