屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

この中に1人、妹がいる!8 (MF文庫J)
著者/田口一  イラスト/CUTEG

雅を傷つけてしまったと落ち込む将悟を心乃枝が慰める。
しかし将悟は子どもの頃に撮ったビデオに映る“ふうちゃん”が誰なのかが気になり、
心乃枝の全てを受け入れることに躊躇してしまう。そんなとき、清流会から抜けた衣楠がやってきて、
真実を知るために将悟の力になると誓う。将悟もまた祖父の自伝を基に調査を始めるが、
そこで浮かび上がって来た人物が意外な繋がりを見せはじめて――!? 謎に包まれていた“妹”に
まつわる過去の真実が紐解かれはじめる!! はたして将悟が知ることになる現実は――!? ''

●全ての真実が今、明かされる――!

「あ、あの……く、国立さん?宿泊って……」
『あら?バスタオルが落ちてしまいました』
「早く着替えたほうがいいって。風邪引くよ。長話になったし、そろそろ切ろうか」
『写真、送りましょうか?』 「お、送らなくていいから!」

シリーズ第九弾。
将悟の異母兄妹であるはずだった雅だが、真実は違うことが判明する。そんな彼女を将悟は傷つけて
しまうことになったが、心乃枝に支えながら本当の妹の手掛かりを探すため父・熊五郎の過去を当たるが……。

雅が本当の妹じゃないことが分かり、真実を知るために父・熊五郎の過去を探るクライマックスに向けて全て
の真実が明かされる急展開。他のヒロインはほぼ最初から芽がない状態で、対抗馬の雅もここに来て妹ではな
いことが判明してじゃあダレが妹なの?ってことになると、もうメインヒロインの彼女しかいないわけですよね。

――短評――

ここまで来るのに紆余曲折あり過ぎたため、なんだか一気に風呂敷をたたみにかかっているので慌しい
巻でしたが、シリアス展開で真実が描かれているので今まで以上にドキドキ感はあった。ただ、本当の事実が
分かるにつれ“大人の都合”と“子供の都合”が浮き彫りになっていくことで、家族なのに相容れない感情が

将悟たちに芽生えてしまったのは、なんとも遣る瀬無い。はっきり言って本作では大人の都合に振り回された
子供たちが一番の不幸であるし、彼らを咎めることはできない。親と子供がすれ違う中で、兄と妹が愛し合う
というのも皮肉なとこかもしれませんが、ここまで来たら将悟には最後まで最愛の妹を守って愛してほしいね。

軽いノリの学園ラブコメから、○○○が本当の妹であることが判明してグッと重みのある恋愛ものに
シフト出来たと思います。このままクライマックスに向けて二人の愛の行く末がどうなるのか、見届けたい。

【評価:★★★】

開く トラックバック(1)

イメージ 1

Re:俺のケータイなんてかわいくない!3 (一迅社文庫)
著者/神尾丈治   イラスト/ニノ膳 

青山に告白まがいのことをされてからというもの、俺のケータイ・べるの(♀)は
ますます不機嫌モードに。ある日、「シロ」と名乗る謎の少女が俺んちにやってきて、
最新型だぞ!と尊大に胸を張る。どうやら、青山の買ったばかりのスマートフォンが擬人化した
らしい。「日和と結婚しろ!」と、どこか間違ったコミュニケーションツールとしての使命感で
迫ってくるシロに、対抗心を燃やすべるの。おまけに、まつりや冷庫まで煽られちゃって大騒ぎに!?

●見よ!最新型スマートフォンの実力を!

「ガラケー言うな!だいたいアンタ、ちゃんと契約したんでしょ!?
ケータイにとって契約こそが結婚と同じくらい重いものなんだから重婚よ!!」
「えっ」重婚って。そうなると青山とシロがレズカップルということに……いやそうじゃなくて。
「えっ、つまりおまえって、もう嫁にきてたようなもんだったのか?」
「今さらなに言ってんのよ……ちゃんとウェディングドレス着たでしょ!?」

シリーズ第三弾。
赤井九郎が買い換えた2代目のケータイは、最新型でありながらケータイが擬人化した美少女・べるの
だった。学年でも注目される美少女・青山日和に告白まがいのことをされた九郎だが、受難はさらに続き……。

2巻から実に一年と四ヶ月ぶりとなる新刊。同レーベルで『パンツブレイカー』という作品も手がけていたので
こればかりは仕方のないところでしょうね。世間でもガラケーからすっかりスマートフォンが普及しつつあり時代
の流れを感じたりもしますが、そんな時代の流れに合わせて3巻ではスマートフォンの擬人化娘が登場ですよ。

――短評――

スマホの擬人化・シロは最新型のはずなのにべるのに輪をかけてへっぽこさんなのは、もはや擬人化娘の
お約束か。前回は学園青春ものな感じだったれど、今回は賑やかしーなシロも加わりつつ青山さんの台頭に引っ
張られるように『私が』『いや私が』とヒロインたちも九郎に押せ押せモードですっかりハーレムラブコメの様相。

ただ展開事態は2巻と同じように、イベントを詰め込みすぎた結果ストーリーはあまり進んでいなかった
ような気もしますね。いや、まつりが九郎に告白をしてラブコメ戦線に正式参戦しただけでもかなり大きいこと
ではあるか。完全に正妻気取りのべるのですが、正妻気取りがアダになっている気がするのでツンだけでなく

もっと“デレ”の部分を見せてほしい。それこそ冷庫さんが色仕掛けで九郎を誘い込もうとしたような
強引なところも正妻には必要ですよ?(とか言ってみる)ともあれラブコメとしては段々と面白くなってきた。

絵師が変わってしまったのが残念ですが、さらに次巻も未定とのことで。うーん、次はどうなるやら。

【評価:★★★】

イメージ 1

小学生とは思えないミラクルボディを持つ萌絵と片思い中の
ツンデレ美少女・栞に振り回されっぱなしの一郎。ある日、萌絵の友達のきららを
紹介されるが、彼女はドSな小学生で…。一郎は栞に告白できる日が来るのか!?

となりのランドセルw(2)
(著)  宮下未紀   (ジャンプコミックス)

おにーちゃん!体は大人、心は子供なら合法だよ!

学園の美少女・藤崎栞に片思い中の山田一郎だったが、彼の家の隣に引っ越してきた大人顔負けの
ダイナマイトボディを誇る小学生・佐倉萌絵に振り回されることになる。二人の美少女に挟まれる一郎だが……。

お隣に引っ越してきたのはナイスバディな小学生女子・佐倉萌絵ちゃんとツンデレ美少女・藤崎栞に
振り回される主人公・山田一郎による羨ましすぎるハイテンションエロコメディ『となりのランドセルw』1巻です。
1年ぶりの新刊ですがストーリー(内容)なんて二の次。とにかくエロコメとして激パワーアップしています!

イメージ 2

『おっぱい特化型』スペシャルボディの小学5年生(11歳)萌絵ちゃんのダイナマイトおっぱいの破壊力に
完全に小学生であることを忘れてしまっている私ですが、まさに“体は大人、心は子供”逆コナンくん状態で
もって純真無垢に年相応な行動を見せるも、あのダイナマイトボディですからもう何をやっても反則なのですわ。

しかも各話エピソードで必ずといっていいほど脱いだりポロリしたりしてるんですよねぇ……。
エロコメとしては今回も目隠しして『JSの乳首当てゲーム』や、海での定番『JS×タコ触手からみ』にくんず
ほぐれつ『温泉での佐倉親子おっぱいサンドイッチ』などなど、ハプニング連発でエロコメ満載な内容。

萌絵ちゃんは小学生のはずなんですが、ふつうにおっぱい全開で乳首券発行しまくりなんです
が、大丈夫なのでしょうか。見た目がJSっぽくないからセーフなんですかね?萌絵ちゃんは合法、と。

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6
まったく、(巨乳)小学生は最高だぜ!!

うーん、これではツンデレ美少女・藤崎栞の勝ち目はないではないか。いや、一郎が想いを寄せている
のは藤崎さんであって、彼女の方も一郎のことが気になっていて何度も一郎に近づいてみるもののその度に
萌絵ちゃんとのエロハプニング現場に遭遇してしまうタイミングの悪さ。読者側からしても藤崎さんの存在は

ちょっとした“お邪魔キャラ”にしか見えないのが痛い。JSパワーに押されまくりなんですよね。
ツンツンな一面が強い分、11話で見せたようなピンチに陥ったときの“弱さ”みたいなとこをもっと見たいかも。
JSパワーといえば、新キャラに萌絵ちゃんの小学校での友人の・星川きららが登場したのも大きかったか。

イメージ 7 イメージ 8
新キャラは『萌絵ちゃん大好き!』な真性変態JS

9割方、萌絵ちゃんのおっぱい目当てで購入している自分にとっては藤崎さん以上にお邪魔虫キャラなきらら。
萌絵に近づく一郎を敵視していて腹黒なキャラをしていて正直この手のキャラは苦手。ともあれエロコメとしての
バリエーションが増えたことは確かで、何よりも萌絵と違いきららは小学生らしい体型なのが一つのポイント。

特に、先にも書いたように目隠しして(きららの)おっぱいを当てる?探す?ゲームは完全に
アウトー!だと思うのだが……。萌絵ちゃんなら大人っぽいからごまかせたけれど、きららはねぇ。

イメージ 9 イメージ 10
えっと、登場人物の女の子はほんとに小学生 なんですか小学生なんですよね?いいんですか、いいんですね!?よーし俺も…(自主規制)

巻末のおまけ漫画では2巻の後、萌絵ちゃんのおっぱいが更に大きくなったそうな…。一体サイズ的には
何センチなんでしょうか。是非おじさんに教えて欲しいものです。いやぁ萌絵ちゃんのおっぱいがさらに大きく
なったことで、サービスシーンでもそのダイナマイトバディを活かしてぶるんぶるん大暴れしそうですねぇ。

ということで、3巻も引き続き小学生おっぱいに期待して待っております!

【評価:★★★★】

恋染紅葉(1)

イメージ 1

赤面症の葛城翔太は、鎌倉に住む高校生。ある日、
写真撮影を頼んできた美少女にひと目惚れするが、その相手がアイドル女優の紫之宮紗奈だと
分かり――!? 情景豊かな鎌倉を舞台に、珠玉の恋物語がはじまる――。

恋染紅葉(1)
(著) ミウラタダヒロ, 坂本次郎   (ジャンプコミックス)

アイドル女優とのドキドキ格差恋愛ストーリー始まる!

鎌倉に住む高校生・葛城翔太は、たまたま写真の撮影を頼まれた美少女・紫之宮紗奈にひと目惚れ
してしまう。後に紗奈がモデルもしているアイドル女優だと知るのだが、その彼女からあるお願いをされて……。

赤面症な恋愛初心者・葛城翔太がアイドル女優の美少女・紫之宮紗奈からドラマの役作りのために恋人役を
お願いされたことから始まる、鎌倉を舞台にした夢のような恋愛ストーリー『恋染紅葉』1巻です。いやいやいや、
設定としては割とオーソドックスな作品ですが、それゆえの受け入れやすいラブストーリーになっていますね。

イメージ 2

出会った美少女に一目ぼれ→その彼女から“条件付き”の恋人役をお願いされる……という、もうこれは恋人
ごっこから徐々に本気の感情に変わっていくのは明白なわけですが、この手のラブコメは好みですし主人公の
翔太もすぐに赤面しちゃうウブな少年で、それでも好きな子のためには一生懸命なところに好感が持てます。

やっぱりイケメンで女の子にモテモテな主人公よりも、青臭いほど恋に一生懸命な主人公は感情移入がしや
すいですし(笑)そんな主人公・翔太だからこそ彼をサポートする友人たちも本作はなかなかいい味を出してい
るんです。やや強引なところもあるけど、仲間の助けもあって紗奈との関係が点から線になったわけですしね。

その翔太に恋人役をお願いする新進気鋭のアイドル女優・ヒロインの紫之宮紗奈はドラマの役作りのため
とはいえ、まだ男の子を好きになったことがない。そんなこともあり翔太に対して大胆な行動を取ったりも……。

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

天然小悪魔な行動を見せますが、それは男の子との適切な距離感を掴めていないだけ。大胆な行動の
裏にはちゃんと羞恥の感情を見せるあたり実に初々しい。翔太のことも役作りのための恋人役とはいえ男の子
として意識しているのがいい感じです。完璧超人ヒロインにみえてその実、親しみやすい娘さんなのですよ。

電車の改札に通れなくて『逮捕されちゃうの?』と涙ぐんだり(単にカードの残高がなかっただけ)
この1巻だけでも、ヒロイン・紫之宮紗奈が頑張り屋さんでとても可愛らしい少女であることは十分に伝わる。

ほんと、絵に描いたような美少女との             夢のような恋愛体験。(いや、絵(漫画)なんだけどね)

イメージ 7

イメージ 8

ジャンプの恋愛漫画の特徴ともいえるのが、王道ともいえるベタながらも安定感のあるストーリー。
それと個人差は多少あれども、万人受けしやすい絵にあると思います。その辺は本作も共通しているところで
しょうか。“ちょっぴりエッチな”いわゆるお色気要素は薄めですが、本作ではあまり必要ないかもですね。

そして、忘れてはならない(?)重要要素。
ジャンプの恋愛漫画といえば、        やっぱり三角関係ラブコメですよね。

後半には紗奈の対抗馬として2人目のヒロイン・グラビアアイドルのナナが登場します。彼女も紗奈の
出演するドラマ『恋染紅葉』の共演者だったのです。しかも翔太の彼女に立候補してきたりしていきなり
の急接近で翔太を困惑させます。しかも単にからかっているってわけでもなさそうなのですがそれもそのはず。

ナナこと七里由比は小学校の頃に転校した翔太の初恋の女の子!幼馴染みとはちょっと違うかもしれませ
んが初恋補正も相当な強みとして、紗奈の対抗馬として、そして三角ラブコメとして早くも燃え上がりそうです。

イメージ 9 イメージ 10

紗奈も可愛いけど、ナナも不思議ちゃんな女の子で掴みどころがないんだけど、おっぱいおおきいし
健康的な色気があっていいですね。おっぱいおおきいし!三角ラブコメの下地がこの1巻でバッチリでき
上がりました。ということで、ジャンプ最新の恋愛漫画を堪能しましたが、安心して楽しめる一冊でした。

来月には早くも2巻が発売するみたいなのも嬉しいところ。楽しみに待ちたいと
思います。……あ、忘れてた。そういえば巻末にはプロトタイプ版ともいえる特別読切も収録されてますよ。

【評価:★★★★】

イメージ 1

突然“計佑卒業宣言"をしたまくらは、計佑にキスをした。
動揺する計佑は、自分に告白をした先輩・雪姫と、幼馴染み・まくらの間で激しく気持ちが
揺れ動く。そして、想い悩んだ末、最後に計佑が出した答えとは…!?

パジャマな彼女。(3)
(著)  濱田浩輔   (ジャンプコミックス)

近くて遠い、幼馴染みという存在

ある日突然、物語のお姫様のように幼馴染みの音巻きまくらが眠りについてしまった。しかしなぜか、
主人公・計佑だけにはお化けみたいにその姿が見えているのだった。まくらを戻そうと頑張る計佑だが……。

突然パジャマ姿のお化けになった幼馴染み・まくらを元に戻そうと奮闘する主人公・計佑と、そんな彼に
興味を持ち出した学園一の美女・白井雪姫。三人の恋愛模様に決着がつく恋愛ファンタジー『パジャマな彼女。』
3巻です。打ち切りなんでしょう、残念ながらこれが最終巻となりますが、結末には概ね満足しております。

イメージ 2

王道ともいえるちょっぴりエッチで切ない三角ラブコメを演出しつつ、物語を通して一番に伝えたかったのは
“一番近くにいる幼馴染みの存在の大きさ”だったんじゃないでしょうか。確かに雪姫先輩も可愛いヒロイン
だったのは間違いないのですが、最終巻とあってかそれ以上にまくらの可愛らしさが最高に輝いていましたね。

この3巻ですが、“パジャマ姿のお化け”になってしまったまくらの呪いも早々に解けて元の人間に戻ります。
まくらを元に戻す鍵となっていた幽霊・芳夏との過去エピソードも、なぜまくらが幽霊になってしまったのか?
その謎も分かり、なんとも不思議で、ノスタルジックで。語弊があるかもしれませんが優しい呪いだったか。

ただこの作品の場合、まくらが人間に戻る=物語の終わりなんですよね。幽霊姿の幼馴染みという設定が
消えてしまえば、あとは普通の学園ラブコメディとなってしまうわけで。テコ入れとして登場した雪姫先輩の
従姉妹・アリスの存在や、後半からヒロイン化の兆候が見られてた須々野の躍進も時すでに遅し……でした。

いや、もうちょっとだけ長い目で見ていれば色々とお話が広がったんじゃないかなぁ!

イメージ 3 イメージ 4

短い連載期間ながら、計佑、まくら、雪姫先輩の三角模様にも決着をつけてくれたのは良かったと思います。
その中でも主人公の計佑のどっちつかずの態度と、好きな子に『好き』といえないヘタレな性分には煮え切らな
い気持ちにさせられたものの、逆にいえば思春期の少年らしい未熟さ、弱さを表現していたと言えなくもない。

幽霊になったまくらを元の姿に戻そうという一心で始まったこの物語。気がつけば“幼馴染みの存在の大きさ”
を実感した計佑。変わらない幼馴染み、けど自分が思っていた以上に彼女への想いは変化していたのですよね。

まくらのことが好きと自覚する計佑ですが、そうなると雪姫先輩への気持ちも整理しなければいけないわけ
で…。ほんとねぇ、先輩も可愛かったわけですよ。まくらと甲乙つけがたいくらい。でも相手が悪すぎましたな。

イメージ 5 イメージ 6

最終回までのエピソードは、まさに切なくも優しいラブコメを見せてくれて素晴らしかった。計佑とまくらは
小さい時から一緒で、腐れ縁という言葉さえ生温いほどに二人でいるのが当たり前な関係。その関係を崩したの
がパジャマ姿の幽霊化。お互いの存在がいかに大切かを認識させられることになる納得の完結といえました。

離れ離れになってはじめて分かる幼馴染みの存在。ベタな展開だったかもしれませんがだがそれが
いい、それでいい!“幼馴染みのためのラブコメ”として、なんというか濱田先生は“分かって”いますね。

イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9 イメージ 10

つまり結論的にいいますと、本作は……
幼馴染みヒロイン大勝利!      &幼馴染みヒロイン最高や!

と、個人的には好みの作風と絵で全3巻で完結は寂しくもありますが、ある程度納得もしている最終巻に
なっていたと思います。著者も思うところはあるようですが、是非その無念は次のステージでと期待しています。

濱田浩輔先生の次回作、大いに楽しみにしています。待っています!

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事