屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

ホラ、私みたーなんはそのひと口の前に選んでもらえんのよ?
広島のお好み焼き屋に生まれソースの香りただよう青春を送る玉名蘭、高校一年生、不器用。

あつあつふーふー(1)
(著)  佐藤両々   (アクションコミックス)

玉名蘭。ソースの良い匂いがするいい女です!

『ソースの良い匂いがする』と評判?の女子高生・玉名蘭の実家はお好み焼き屋。蘭自身もお店を
手伝うお好み焼きは、父と兄が作る自慢の味。今日もお好み焼き『たまな』は常連客で盛況していて……。

家族、友人、初恋、コンプレックス…広島のお好み焼き屋に生まれた高校生ヒロイン・蘭と愉快な
キャラクターたちが繰り広げるアットホーム4コマコメディ『あつあつふーふー』1巻です。4コマ漫画は好きなの
ですけど、自分でも意外なのですが佐藤両々氏の漫画は本作が初めて。絵柄もネタも安定していますね。

イメージ 2 

お店と家族が大好きな主人公・蘭が、実家のお好み焼き屋を元気いっぱいに手伝うアットホームな4コマ
作品。彼女のことを狂信的なまでに(笑)溺愛する父親やお好み焼き一筋の生真面目な兄・寛と家族からして
個性的ですが、そんな家族を取りまとめるお母様がしっかりとみんなの手綱を握っている感じですかね。

本作は広島出身の佐藤両々氏だから描ける『お好み焼き』と『広島弁』がなんといっても魅力(売り)です。
某キャラクターは登場するたびに『肉玉そばW』を注文するので読むとお好み焼きを食べたくなるのはもちろん
一緒にビールをぐいっとしたくなりますね!そしてもう一つの魅力であるのが『広島弁』で喋るキャラたちです。

方言の意味を説明している箇所もありますが、特に説明をしていない場面もあります。ですが別段、
不都合は感じませんし、なんとなく雰囲気でどういう言葉か分かるので問題なし。なによりも方言を喋る
ことによる相乗効果か?主人公の蘭ちゃんが余計に可愛らしく見えます。うん、方言ヒロイン最高ー!

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6
広島弁ヒロイン蘭ちゃん。かわいいと思います!

その広島弁のせいなのか、勝気というか強気な性格が印象強い蘭ちゃん。そんな彼女のことを溺愛する
親父さんもまたいいキャラしていまして、『あつあつふーふー』を形作る重要な要素になっておりますね。
親父さんの蘭ちゃん関連のネタは本作の定番ネタの一つ。まぁ親バカが過ぎてウザく感じることもしばしば…w

話のネタ的な部分ではやや親父さんが目立ちがちであり、このネタに頼りすぎな面はありますかね。
他にストーリーを構成するエピソードとしては、蘭の兄・寛の幼なじみの好実(既婚者)と蘭の親友であり
寛に好意を寄せている少女・小麦による三角めいた恋のストーリーラインも微妙ながらも用意されている。

でも、最初にも書いたようにこの作品の魅力は『広島弁』……いや、広島弁を発するヒロイン・蘭ちゃん
の天真爛漫な可愛らしさでしょう。なんというか、お店柄なのか。勝気で男子連中からも好かれるその性格は
下町系?庶民派ヒロインといった感じ。着物姿も似合っていてなんだかんだでしっかり看板娘しています。

イメージ 7 イメージ 8
親父さんのウザさには要注意?(笑)

しかし、寛と好実の関係はもどかしいですねぇ。好実はすでに結婚して子供もいるけれど旦那さんとは
あんまり上手くいっていない感じだし、寛の方も明らかに好実に好意はあるけども人妻相手に…というか
生真面目でお堅い性格上アクションを起こせるはずもなく。朴念仁な寛ゆえに小麦ことはただの蘭の友達と

しか思っていないだろうし、うーん。この辺のもどかしい人間関係はちょっと余計にも思えました。
もしくは好実さんの登場機会がそんなに多くなければ気にならないんだろうけど、徐々に増える一方だし。
と、小麦ちゃんの恋を応援したい自分にとっては少〜しだけ不満もあったりしました。些細な部分ですがね。

ともあれ、お好み焼きも方言かわいいヒロインも好きなので“当たり”な4コマ漫画でした。

【評価:★★★★】

惡の華(9)

イメージ 1

小説を書くことにも自信をなくす常磐を必死に励ます春日だが、
その思いは届かず‥‥。逆に、春日に謝りたいという晃司に会ってほしいと言われる。
“逃げつづけたくない”春日は、常磐たちのバイト先へ向かうが‥‥!?

惡の華(9)
(著)  押見修造   (少年マガジンKC)

闇を抜けて…クソムシ、新たなる一歩を踏み込む!

「常磐を仲村の代わりにしている」――佐伯の言葉を否定できず思い悩む春日。一方で常磐が晃司と
仲直りをしたことを知り二人の関係はよそよそしいものになる。春日はこのまま逃げ続けることになるのか……。

思春期の少年少女による変質的純愛ストーリー『惡の華』9巻です。再会した佐伯さんから『常盤さんは
仲村の代わりなのか?』と痛烈な言葉を突きつけられたものの、それが図星でもあり彼女との関係がギクシャク
したものになってしまった春日。今回は春日にとっても常盤さんにとって、もターニングポイントな巻でした。

イメージ 2 イメージ 3

さて、佐伯さんから痛烈な言葉を浴びせられた春日でしたが、これはある意味では彼女なりの叱咤激励
とも取れる感じでした。このまま中学時代のようなクソムシ野郎なクソムシみたいな青春を送るか。それとも
闇を振りほどいて、新たなる生きる希望(常盤さん)に一歩踏み込むか。今回はそんな春日の幾ばくかの

“勇気”を見ることができる貴重なエピソードになっています。常盤さんは彼氏(晃司)との仲を修復し、
春日との小説で繋がっている“だけ”の関係に戻ろうとしていました。けれど、春日はそれをよしとしません
でしたね。ようやく仲村さんという、過去の幻想に捕らわれることを拒み現実に目を向けたのでした。

その結果が……

イメージ 4 イメージ 5
(喫茶店で)バイト中の常盤さんに愛の      告白!しかも一緒に働いている彼氏の眼前で!

いや〜クソムシの一世一代の愛の告白!今までどうしょうもない人間だった春日少年だったからこそか、
常盤さんへの口説き文句は妙にかっこよく見えて、さすがの常盤さんもグラっと来た…ってことでしょうか。
光と影のような、別々の世界で生きてきたような二人だけども、やはり通じ合うものがあったというか同じ

“におい”を感じとったということなのでしょう。例えそれが、お互い依存しあうだけのような関係であったと
しても、この関係は仲村さんとの影の世界での依存とは違う、もっとこう…温かい光のような世界での
依存のような気がします……って自分でも何を書いて何を言いたいのかまったく分からんくなってきたぞw

ともあれ、常盤さんとの関係が表面的にも内面的にも春日にいい影響を与えていることは確か。
ぶっちゃけ共通の趣味があって、こんな可愛くていい子な常盤さんと付き合うことになった春日が羨ましいぜ!

イメージ 6 イメージ 7
クソムシ、リア充になる…!?

まぁでも、新章になってから未だに登場していない真のヒロイン?ラスボス?主人公?な仲村さんが
春日の前に現われていないのが不気味すぎます。ただひょんなことから中学時代をすごしたかつてのあの
街に再び訪れる機会が出来てしまったようで、それが春日にどのような展開を待ち受けることになるのか?

遅かれ早かれ、あの街にはケジメを付けることにはなったのでしょうけど、
果たしてそこに仲村さんはいるのだろうか。節目となる10巻も目が離せませんね。

【評価:★★★★】

最近…

ややマンネリ気味ながらモバマスは続けていますが、最近新たに
始めたのが、艦これ(艦隊これくしょん)です。ちょっと乗り遅れたかな?
なんて思いつつも前から気になっていたこのブラウザゲームにハマりそうな感じですよ。

まだまだ新人提督ですけど、モバマスと並行しつつガッツリ楽しみたいですね。
うーむ。ブログの更新どころか、ラノベ…いや漫画さえ全然読めない状況が一段とひどくなってる…。

イメージ 1


ついに―ついに、あの九条さんがデレる!?毎朝目覚めのキスをされていたことを
知ってしまった公人に、九条さんが残した謎の言葉とは!?
戸惑う公人の脳裏に甦る、失われた過去とは―全26話+αでおおくりする、見逃し厳禁の第6巻!

●ドSメイド長、ついに真の姿を見せる――!

「……お兄様の読んでいる漫画に、こんなセリフがありましたね。
『おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?』と。血の気が引いた。
「なんちゃって」みゆきが、お茶目に小首をかしげる。
「――へ?あ……そうだよな?いくらなんでも、そんな何回も――」
「358回です」………………………………………………。…… ………………ハイ?

シリーズ第六弾。
平凡な高校生の神楽坂公人はある日突然、拉致されてしまう。そして連れてこられた場所は俗世から
切り離された超お嬢様学校だった。今回は、公人とメイド長・九条さんの只ならぬ関係が明らかになり……。

お嬢様の文化に『Twitter』と『修造』をインプットしたでござるの巻。今回もツボを押さえたネタのチョイスと
遊び心に溢れた挿絵と幕間で抜群の安定感を誇る一迅社文庫のエース作品(で、間違いないよね?)相変わら
ず麗子さんと愛佳の残念ヒロインっぷりはどっこいどっこいな感じですが、そこがまた憎めない可愛さよのぉ。

――短評――

今回もいつもどおりゆる〜くラブコメってくるのかと思いきや、本作にしては珍しく主人公・公人に迫った
シリアス気味な展開。メイド長・九条さんとの関係も明らかになり、なぜ彼がお嬢様学校に招かれたのか?
なぜ大事な記憶が失われているのか?公人のことを知ることで、この物語の核心に迫ることになりそうです。

ともあれ、やはり本作の魅力はネタ感タップリの学園コメディ。お嬢様が世間(一般庶民)の流行に
飛びついたときの反応のよさはいつもながら面白いですね。今回で言えばTwitter。愛佳のボッチっぷりは
Twitterでも健在でしたが、そこを公人のアイデアで修造botと化してからは瞬く間にお嬢様たちに伝染して

いったのには笑った。肝心のラブコメパートでは、ついに。ついに真打ち登場とばかりに九条さんが真の
姿を披露してくれて、もうキュンキュンでしたね〜!久しぶりに真っ当なツンデレを見たような気がしましたが
ここまで巻を重ねて待たされたこともあり、そのおかげもあってか彼女の“デレ”の破壊力も増してますね。

恐らく最後のヒロインであろう九条さんも公人争奪戦にエントリーされたことで、
物語の方も今度は神楽坂公人についてスポットを当てて描かれていくことになりそうです。

しかしヒロインみんないい感じだけど、やっぱ恵理は受けつけないないなぁ…。次回は挽回するかな。

【評価:★★★★】

イメージ 1


ネトゲの女キャラに告白! →残念! ネカマでした☆ 
そんな黒歴史を秘めた少年・英騎はある日、ネトゲ内で女キャラに告白された。
まさか黒歴史の再来!? と思いきや、相手であるアコ=玉置亜子は本物の美少女で、しかも、
リアルとネトゲの区別が付いてない……だと……!?「おはようルシアン!」ってや、やめて!
ハズイから名前(キャラ名)で呼ぶな! 人前でもキャラ名を連呼し、ネトゲの旦那にべったべた。
あまりに残念で危険な彼女を「更正」させるために、英騎はギルドの
仲間たち(※ただし美少女)と動き出して――残念で楽しい日常≒ネトゲライフが始まる!

●ちょっと残念で危険な俺の可愛いネトゲ嫁!?

「渾身!渾身でしたよ今の!我ながら結構ぐっとくる感じだったと思いますよ!ここでスルーなんですか!?」
「んー、あの台詞を使いこなすには今のアコではステータスが足りない」
「くっ、ラヴが足りない!レベルが上がれば愛情を上げられますか?」
「人生オフラインは自動ステ振りだから愛情が上がるとは限らないんじゃね」

LA(レジェンダリー・エイジ)と呼ばれるMMORPGにてネカマに告白して玉砕した黒歴史を持つ西村英騎。
苦い過去を乗り越えて、今ではゲーム内で嫁もいる彼だがなんとリアルで嫁やギルメンと会う約束をして……。

過去にネカマキャラに告白したトラウマで、極端にリアルとネットを区別しようとする主人公の英騎(ルシアン)
と、そんな彼のゲーム内の“嫁”としてベッタリなヒロイン・亜子(アコ)。そしてギルドメンバーの仲間たちに
よって繰り広げられる、リアルネトゲライフ(ラブ)コメディ。購入動機はイラストがHisasi氏だったからです。

ヒロインで好き嫌い(評価)は分かれる作品

最近ではさして珍しくもないリアルネトゲ系の作品ですけど、作者がこの題目を書きたかっただけあって
妙にこなれた印象があったのは、どうやら自身の体験談も交えたネタだったかららしい。なるほど、道理で(笑)

ギルメン4人中男子が3人。けどリアルで会ったらあら不思議。ギルメン4人中男子が1人だけというハーレム
構成。メンバー全員が同じ学校という奇跡的な状況もまぁヤボなことは言うまい。本作では評価が分かれるのは
メインヒロインのアコを受け入れられるかどうかでしょう。このヒロインとんでもないメンヘラ女なのでした!残念!

夫婦の前に恋人になろう(提案)

個人的には“二次のメンヘラ美少女は別物”と割り切ったことと、Hisasi絵補正もあって大丈夫でしたが
リアルとネットの区別が全くついてない、人の話を聞かないアコはほんと怖い女の子ですよ。終盤にはヤバイ
行動にも出るし、その辺は作者も意図して書いているのだろうし、まだまだリアルとネットを混同していて

生身の英騎を好きとは言いきれない状態。もし続巻が出るのならそういった彼女の心情の変化とリアルでの
英騎への好意を曝け出してくればもっと魅力的になるのではないか。いくら好意全開で懐いてくれていてもどこ
かアコのそれにはネット越しからリアルを覗いているだけのような感じがして、ニヤニヤよりも怖さが勝った。

まぁシンプルに言いますとね。『きみたち夫婦ごっこもいいけど、まずは健全なラブコメをしなさい!』と。
ともあれ、サブキャラのマスターと瀬川も気の許せる仲間としてしっかり二人をサポートしていたしライトな
日常コメディ作品としては読みやすくて楽しく読ませていただきました。ネトゲプレイヤーなら共感度も高そう。

二人のその後をもう少し読んでみたい…という気持ちがあるので続きが
出るなら読んでみたいですね。まさかの猫姫さんルシアン争奪戦に参加もありじゃない?w

【評価:★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事