屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

いちばんうしろの大魔王ACT12 (HJ文庫)
著者/水城 正太郎  イラスト/伊藤 宗一

マリンが解き放った「無貌の力」により帝国と共和国の戦争は泥沼化する一方だった。
しかし、それはCIMO8の一人、ザ・ワンの陰謀の序章に過ぎなかった。
絢子を失った阿九斗の怒りの力は果たして世界を救うことが出来るのか? 宇宙の外から来る
という「力」の正体は? 「世界の虚構性」とは? クライマックスへ向け、世界の謎が明かされていく!

●終わる世界から死後の世界へ

「だ……大丈夫だよ……。ブレイブは…俺は……作戦が終わった後、自由にしていいんだ。
だから……俺は、一人でも隕石を止めるよ。宇宙でも行動できるんだ。そのくらい……」
ヒロシの言葉に、ゆう子は顔をあげた。
「本当?」  「ああ、本当さ。守るよ。君を。人類を」
「すごいね……本当の英雄だ」  「安心して……守るから……守るから……」

シリーズ第十二弾。
帝国と共和国の間の戦争に巻き込まれた阿九斗だったが、状況は最悪のものだった。
CIMO8の陰謀が渦巻く中、大切な絢子を失ってしまった阿九斗は怒りに任せて力を振るうのだが……。

11巻の発売からほぼ2年ぶりとなる新刊。もう続きは読めないのかなぁと正直諦めかけてもいましたが、
あとがきによると、著者の水城氏がパニック障害、鬱病に悩まされていて執筆できない状態だったそうで。
(今も完治はされていないそう)……ともあれ、本編の方はいよいよクライマックス。シリアス一直線です。

――短評――

結論として、2年のブランクはあまりにも長かったな、と思いました。巻を追うごとにややこしくスケールが
大きくなっていった作品だけに尚更わけが分からなくて。え、絢子さんいつのまに死んじゃってたの!?とか
巨大隕石が地球に衝突して地球が消滅してしまうとか、『死後の世界』にまで舞台?が移りもう何がなにやら。

物語も佳境に入り次々と散ってゆく仲間たち。そんな中で“彼女”がどんな形であれ阿九斗と再会できたこと
が唯一良かったと思えるところか。厳しいことを言ってしまうと、もう本作に面白さやラブコメ的な盛り上がり
を期待するだけ無駄というもの。このまま最後まで付き合いますがハッキリいって惰性で買っていますので。

体調がまだ復調していないそうなので、続きはいつになっても構わないのでゆっくり書いてほしいですね。

【評価:★★】

イメージ 1


“ありさが僕の布団に全裸で潜り込んでいた事件”は、すったもんだの末になんとか
解決を見た。解決というか単なる保留、先送りという気がしなくもないけど。
……ともあれ、夏休みである。海に山、夏祭りに花火と、楽しいイベントに事欠かないこの季節。
僕たち学生寮メンバーは、海の家で住み込みのアルバイトをすることに。
いつもと違う環境であの娘やこの娘の意外な一面が見れたり、一度きりの夏をおおいに謳歌する
僕たちだったけど……僕には大きな落とし穴が待っていたわけで。
――ついにあの秘密がバレる!?盛りだくさんの夏休み編、詳しくはページをめくってみて!

●妄想にあふれる夏休みアルバイト編!?

「……あのさ銀兵衛」ボリュームを極限まで落とした声で、
「君、ひょっとして服、着てな――」   「皆まで言わないでくれ」
「さもなくば僕はここで悶絶の極みの末、たいして長くもない人生を憤死という形で
終えてしまう。一生のお願い、ということでもいい。今後君に対して無茶なことは決して言わない
と誓ってもいい。だからせめて、今は、今だけは。このままでいさせてほしい」

シリーズ第七弾。
とある事情で数年間、離れ離れになっていた双子の兄妹、姉小路秋人と、その妹である秋子。
彼ら兄妹と学生寮メンバーは『夏休みらしいこと』をするために、海の家でバイトをすることになり……。

兄妹と学生寮メンバーによる夏休み編突入。庶民流の『夏休みらしいこと』を体験すべく海の家で住み込みの
バイトをすることに。各ヒロインを秋人がサポートをしつつスポットを当てる形で描かれる前半パートと後半から
は秋人のもう一つの顔、小説家としての苦労が妄想+夢オチという形で(ちょっぴりエッチに?)爆発します。

――短評――

うん、マンネリ。一巻完結のような作品だから点が線になりようもなく。ありさなんかは前巻で完全に
埋もれていましたが、今回はヒロイン全員に用意されていた水着ピンナップから外されていてその理由が作者が
“ありさの存在を忘れていたから”じゃ、ちょっとお話にならないというか、登場させた意味あるの?ってレベル。

どうしても一癖ある他のヒロインに比べていい子すぎるとこがやっぱりアダになっている気がしないでもない。
バイトの一コマでは、馴れない作業に自信をなくしているアナスタシアさんが印象的。まぁアナ派としては秋人
との漫才コンビデビューに一歩前進したわけだから、それだけでも彼女にとっては有意義なお話だったのかも。

後半は同じような展開に飽き飽きしていたけど、最後の最後に銀兵衛がもっていきましたね。
ようやく親友ポジションに甘んじていたぎんぎんの勇気ある行動に拍手!……けど、彼女の決死の行動も
鈍感な秋人とこの物語においては、些細なことでしかなく簡単に『なかったこと』にされそうで怖いなぁ。

次で8巻目。ラブコメとしてそろそろ新展開なり動きがあってほしところです。

【評価:★★】

9月の読了まとめ

ラノベ6冊、漫画18冊 (計24冊)

モバマスは相変わらず日課みたいな感じでやってますけど、今はPSPで『GジェネOW』も始めました。
ようやくステージAをクリアしたとこですが、今時点でグレート・ジオングとかがいたりするんですけど前から
こんなに早く強い機体って作れましたっけ?今回は原作キャラも戦艦撃破すれば捕獲できるのが大きいですね。

ラノベの方も……今月は10冊読了をまずは目標に…。

2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:39冊
読んだページ数:5564ページ

イメージ 1


感想記事内でのお気に入り作品は、9月は該当なし。
どれも面白かったし、お気に入り作品はいくつもあるんですけどね。

Lisa Step!(1)

イメージ 1

英国からやって来た女性教師、リサ。彼女から見た日本の毎日は全てが
エキサイティング! 子供じゃない大人な先生だからこそのまったりスクールライフは、
とっても心地いい〜♪大人な女性教師たちのハイビジュアル学園4コマ、ここに登場!!

Lisa Step!(1)
(著)  奄美あまゆ    (まんがタイムKRコミックス)  

教師だって、まだまだ青春真っ盛り!

リサ・ハートフィールドははるばる英国から英語教師になるためにやって来た。高校生のときに留学して
以来、久しぶりの日本。慣れない環境での生活も、リサは仲間の教師たちと一緒になんでも楽しんじゃう――!

イギリスからやって来たリサを主人公に、個性的な女教師たちによって描かれる“大人の”まったり日常系
学園4コマ『Lisa Step!』1巻です。きらら作品で教師ものといえば『教艦ASTRO(現在長期休載中』以来になり
ますでしょうか。いやぁ好きです。こういう大人の女性たちによる、自由でにぎやかでかわいくてな4コマ漫画。

イメージ 2 

現在連載中のきらら作品では『ラッキー・ブレイク』と通ずる部分がある、大人の女性たち“だからこそ”の
キャッキャウフフが楽しめる作品だと思います。奄美あまゆ氏もあとがきで『大人の女性の魅力を広めていける
ようがんばります』とあるように、女子高生にはない大人ならではの気苦労や喜びを本作でも伝えていますね。

テストの採点でストレス発散したり、居酒屋で女子会(?)してはっちゃけたり、職員会議に遅刻しては
教頭に怒られたり……基本的にはこの手のワーキング系漫画と同様に、お仕事(勉強を教えている)描写は
ほとんどなく、男っ気のない女教師(笑)たちによるまったりとした日常劇が繰り広げられているわけですよ。

さて、ではここで魅力的且つ個性的な5人のメインキャラクターをご紹介。まずは主人公のリサ先生。
英国出身で、とっても素直でナイスバディでキュートなお人。作中では本場仕込みのメイド姿を披露したりも。

他の先生たちともすぐに仲良くなって、周りから愛されるキャラクターをしているリサ先生ですが、

イメージ 3 
こういう人のことを“チャーミングな女性”と言う         のでしょうねぇ。……うん、リサ先生と国際結婚したいっす! 

他の教師陣は、元気いっぱいムードメーカーの体育教師・日野葵。真面目な性格で世話焼きな国語教師の
小宮美兎。おっとりお嬢様な美術教師・三条千鶴。そしてお菓子大好きな幼児体型な化学教師の御子神こあの
4人。リサ先生を含めたこの5人は、男っ気はないけれども(しつこい)みんな違ったタイプの美人さんですな。

で、ここで一つ注目したいのが先生方の肢体。一際目を惹くのがリサ先生の英国産おっぱいですが、
葵先生、美兎先生、千鶴先生のお三方も実にナイスバディ。この辺も大人の色香ってやつを漂わせています。

イメージ 4 イメージ 5 

イメージ 6 イメージ 7 

ここで勝手ながら彼女たちのおっぱいの種類を独断と偏見で分類すると……
リサ先生は質感ある『釣鐘型』。葵先生はまさにロケット型といって差し支え   ない『円錐型』。目立たないながらも美兎先生は美乳な『半球型』、そして千鶴 先生は包容力溢れる『下垂型』だと思うのだがどうか!(なにいってだこいつ

主要キャラ5人の人間関係もなかなか面白いのでそこも注目して読んでほしいところ。葵先生と美兎先生は
学生時代からの腐れ縁。その美兎先生はだらしのないこあ先生のお母さん役で、こあ先生と千鶴先生はちょっと
微妙な仲?だったり、千鶴先生とリサ先生はまったり仲間な感じ。年齢的にはみんな同じくらいなのかな?

イメージ 8 

いや、乙女に年齢の話をするのはNGですね。まぁどうやら、乙女心よりも焼き鳥の方が勝っているのが
現実みたいですが(笑)私、リサ先生と国際結婚したい!なんて書きましたが、お付き合いするのなら葵先生が
いいっすねぇ。やっぱり居酒屋とかで一緒にお酒呑めるひとが良いですな。ジャージが似合うのもポイント高い。

……と、どうでもいい個人的なことは置いといて。大人の女性たちのキャッキャウフフな
4コマでさらに教師もの!それだけで大好物なのですが、奄美あまゆ先生の絵も大変好みで面白かったです。

女子高生4コマもいいけど女教師4コマもいいと思うんだ。ということで力強くオススメします。

【評価:★★★★】

ナナとカオル(9)

イメージ 1

ナナには天敵がいる。天敵の名は舘涼子。素直で、無邪気で、
裏表がない、ナナとは正反対の女の子。共通点はただひとつ。カオルとの“息抜き”は、
絶対に譲れないってコト。“息抜き”を賭けた800m走、よーい、ドンッ!

ナナとカオル(9)
(著)  甘詰留太   (ジェッツコミックス)  

可愛い(雌)犬には、ご褒美を与えてやる――!

陸上大会の800m走にて、勝った方がカオルと“息抜き”できる権利を賭けて勝負することに
なったナナと舘。互いの維持とプライドがぶつかり合った勝負は、意外な結末で決着がつくのだった……。

ナナと舘が再び“息抜き”を共演することになる『ナナとカオル』9巻です。前回からの続きで陸上大会の
800m走で勝った方がカオルと“息抜き”が出来る権利を賭けて勝負した二人でしたが、結果は文字通りに
共倒れしてしまい結局は二人とも“息抜き”をすることになります。そんな今回のSMは『犬プレイ編』です!

イメージ 2 

ナナと舘によるカオル(との“息抜き”)争奪戦はますます激化してきた感じですが、カオルとナナとの
“SMをしていく上で紡がれる絆と純愛”も素晴らしい本作だけども、個人的には舘が絡んでくると彼女のノリ
の良さにグイグイ引っ張られまして“素直な態度とカオルへの隠すことのないイチャイチャ”が楽しいんです。

恋敵だったら相手に好きな人を譲るような行為はしないでしょうが、二人は“息抜き”という特殊な嗜み
をする、いわば同志。それゆえにか、舘も“息抜き”を独占するようなことはせずに、ちょっとした罠を仕掛け
てナナを“息抜き”に誘い込みます。そう、二人で“カオルの犬”になることが今回のSMプレイなのです。
それにしてもこの舘ノリノリである。
イメージ 3 

イメージ 4 

今からSとMなコトをするとは思えない体育会系なノリですなー(笑)舘が積極的な分、二人っきりの
時と違いどこか躊躇しているナナですが、これは羞恥心とかじゃなく、自分にはないものを持っている舘への
コンプレックスからくる躊躇なんでしょうね。ないものねだりのI Want Youをチラつかせて、変態的な行為の

最中であっても、天敵がいることで“女としての感覚”を研ぎ澄ませていってる感じ。天敵…恋敵?とは
いえ、舘の存在が“女”としても“息抜き”においても、大きなプラスになっていることは間違いないですね。

そんなわけで、『ワン!』と鳴くことしか許されない犬になってしまったナナと舘……。
犬だ!犬だ!お前たちは犬になるのだ!!

イメージ 5イメージ 6 

二人の美少女を犬にしちゃうという達成感もありますが、征服感もすごいですねこれは。ビキニに犬耳と
尻尾の付いた衣装を着込み、両手足を束縛されて、気分は完全にお犬様?下手なプライドさえ捨てれば今回の
息抜きは甘めなような気もするんですよね。というのも、犬になりきってカオルの命令を素直に実行さえすれば

カオルに“褒めてもらえる”んですから。まさに飴と鞭。それに見事に呼応してみせたのがノリノリの
舘さん。元々、野生的というか動物的な娘さんだから犬プレイも違和感なくハマっておりますよなぁ(笑)
もうね、舘のワンワンアタックに今すぐニャンニャンプレイに移行したい衝動に駆られましたよ!(落ち着け

イメージ 7 イメージ 8 

イメージ 9 イメージ 10 
これは忠犬『舘公』ですわ。

積極的な舘に対して、自分を出せないままでいるナナ。これは先ほども書きましたが“女としての感覚”が
研ぎ澄まされていってるから、天敵の前でSM行為以前にカオルへの恋心を見せたく(出したく)なかったのかも。
終盤のナナの女心からくる心理描写は特に秀逸。舘みたいなノリもいいけど、ナナみたいな押さえていた想いを

“息抜き”へと昇華した姿にも、時間をかけて行為に及んだ分グッと来るものがあったりします。
それだけに、カオルもナナの頑張りに最大級のご褒美を与えたのは、これが今のナナと舘の絆の差なのかなぁ。

イメージ 11 イメージ 12 

それでもお互いを認め合うライバルであり、良き友人になりつつあるナナと舘。
カオルのいいところを知っている数少ない同志でもあるからこそ、奇妙な三角関係なのに妙なバランスの
よさを保っているんでしょうねぇ。さて、この『犬プレイ編』はそのまま後編となる10巻に続きます。

過激に白熱する“息抜き”と共に、三人の関係がどう変化していくのかにも大注目なのですよ。

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事