屠られ日記!

更新が滞っています。申し訳ありません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

ゆうきりんの電撃文庫作品をコミカライズ。
<<村人>>の男子高生、二郎は美少女な<<魔王>>と<<勇者>>の争いに巻き込まれて……!?

魔王なあの娘と村人A(1)
(原作)  ゆうきりん   (作画)   tsucaco  (電撃コミックス)

魔王なあの娘と、勇者なあいつに囲まれる非日常っぽい日常!

勇者や魔法使いといった<<個性者>>が<<テイル・ユニバース>>なる複合物語世界で活躍する世界。
<<村人>>である佐東二郎は、魔王な学級委員長・竜ヶ峯桜子の人類殲滅計画に巻き込まれてしまい……。

原作ラノベは電撃文庫より4巻まで刊行中。勇者と魔王なヒロインたちに振り回され巻き込まれしまう
属性<<村人>>な主人公・二郎による学園ラブコメディ『魔王なあの娘と村人A』1巻です。原作読者ですが、
久しぶりに電撃文庫のコミカライズでヒットしましたね、これ。tsucaco先生による魔王や勇者がかわいい!

イメージ 2 

勇者や魔法使いなど特別な子供たちの<<個性者>>が、それぞれの個性に合わせて別の世界に行き、
アニメとかゲームの物語を創る仕事に就いている世界。没個性な<<村人>>佐東はなぜか魔王な学級委員長の
竜ヶ峯桜子の下で副会長として働き、彼女の(へっぽこ)人類殲滅計画に何度も巻き込まれるが…というお話。

まずは作画担当のtsucaco先生。“人生初の単行本”とのことですが、ヒロインたちも活き活きとコロコロと
表情豊かで可愛らしく。ストーリーも原作に忠実且つ漫画ならではの表現力でもって原作読者&原作未読者の
どちらにも楽しめる作品になっていると思います。そして、本作の最大の魅力はやはり竜ヶ峯さんにあります。

<<個性者>>の中でも特別な存在の魔王。だのに竜ヶ峯さんったら全然、魔王っぽくなく。しかも
計画する人類殲滅計画も、やたら面倒くさくて緻密でもはやへっぽこの如し。残念系美少女魔王なのですね。

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6
魔王な竜ヶ峯さんぐうかわ。
むしろこんな可愛い子になら人類殲滅されてもいいかも…?(問題発言)

学級委員長たる彼女の右腕(副会長)としてサポート役を請け負うことになった凡人な村人の佐東。
ですが、なぜか佐東のことを気に入った竜ヶ峯さんは彼のことを頼るようになります。こんな美少女に頼られ
れば当然悪い気はしないし、見ていて放っておけない保護欲を竜ヶ峯さんからは掻きたてられちゃいます。

1巻では巻末に『竜ヶ峯桜子の一日』として描き下ろし漫画も収録。いやー、可愛い。可愛いっすよぉ
竜ヶ峯さん。本人は真面目に魔王してるつもりなんでしょうけど、なんとも言えない『これじゃない感』が微笑ま
しくもありますな!そんな彼女の対極な位置にいるのが、もうひとりのヒロインで佐東の幼馴染みでもある、

『勇者』の光ヶ丘翼です。

イメージ 7 

金髪+おっぱいでこのキャラデザとなると、つい某肉を彷彿とさせられた人もいるのではないでしょうか。
佐東にとっては頭を抱えたくなる悩みの種のひとりであり、彼を振り回すことによって魔王と勇者の間で村人を
取り合うおかしな図式が完成。まさに『どっちの味方なの!?』的なうらやまけしからん状態になっています。

コミカライズ1巻では、原作1巻の途中までの内容かな?<<ネクロマンサー>>塚耶のお悩み
相談を聞いたところで終わってしまいますが、ただの村人なりに佐東の活躍が2巻では見られるはず。

イメージ 8 

主人公巻き込まれ系のライトな学園ラブコメということで、取っ付きやすいジャンルだと思いますし
絵の可愛さも相まって漫画版も掴みはバッチリOK。意外にも?デッカー先生がかわいらしくておっぱい
おっぱいなのは私的にポイント高かったですよ。今後は他の<<個性者>>もどんどん登場してほしですね。

今回の見せ場としては、魔王に負けじと勇者が正義の執行として『シュールストレミング爆撃』を仕掛けた
とこでしょうか。いくら魔王の計画を阻止するためとはいえこの極悪な攻撃……どっちが魔王かわからないよ!w

ということで、原作共々楽しみなコミカライズなので是非チェックしてほしいですね。

【評価:★★★★】

イメージ 1

大学院で師事していた教授に、研究を乗っ取った理由を問うた悠。
だがそれは彼なりに悠を思ってのことだった。そして悠は、大学院への復学案まで掲示され……。

やさしいセカイのつくりかた(3)
(著)  竹葉久美子  (電撃コミックス)

『ザ・恋する乙女』の純情可憐大爆発!

米国の大学院で研究をしていた天才学者・朝永悠は、ひょんなことから日本の女子高で非常勤教師を
することになった。そこで出会った葵とハルカの女子高生2人の、悩みや思いを悠なりに受け止めていき……。

天才学者から一転、新人教師となった悠と、彼を慕う葵&ハルカの2人を中心にして描かれる女子高生青春
ストーリー『やさしいセカイのつくりかた』3巻です。大学院で進めていたプロジェクトを、恩師の教授に乗っ取ら
れたことから単身渡米した悠ですが、そこには“早すぎた天才”たる悠への教授なりの気遣いがあったのです。

イメージ 2

可愛い子には旅をさせろ、ってやつですかね。これまでの人生すべて順調に行き過ぎていたために、
あまりにも悠には経験が足りないし世界を知らなすぎた。19歳の若者である悠に回り道をする息抜きを
教授が作ってくれたと言ってもいいんでしょう。そんな経緯もあって悠もまた可愛い教え子たちと同じ、

悩み多き迷える若者のひとりなんです。悠には大学院への復学プランも上がってたりしますが一先ずは
自分のことよりも生徒たちのことですよね。3巻では悠、葵、ハルカの微妙な三角関係がより一層強まって
いる感じ。ハルカの想いを知って自分の気持ちを押し殺して悠の隣をハルカに譲ろうとする葵と、もうとにかく

恋する女の子全開で悠への恋心を爆発させるハルカ。今回は葵のお膳立てもあって遂に悠と初デートを
することになるハルカ。相変わらず見た目はギャルなのに中身は純真乙女なギャップがほんと可愛いのよね。

イメージ 3 イメージ 4

好きな人だからか、悠への態度もだいぶ素直になってきたし柔らかくなってきましたね、ハルカは。悠との
デートも価値観の違いから、考えていることを理解できないことも多いみたいだけれど、それ以上に“一緒に
いて楽しい”って気持ちのが上回っているみたい。ただ、恋に恋しているわけでもなくちゃんと考えてもいる。

悠がいつか自分のいるべき場所に帰ってしまうことを薄々感じていることからも実はハルカに残された
時間もそんなに多くない。今回は何度も想いを告げるチャンスがあったにも関わらず、結局想いを告げられず。

かああああああ!素直じゃない、素直じゃないよハルカちゃん!

イメージ 5 イメージ 6
でも……そんなキミが可愛くて大好きだ!
こんなJKに慕われたい!イチャつきたい!デートしたい!

一連の初デート〜バレンタインエピソードと繋いで、巻末にはハルカと弟・ハヤトの番外編エピソードも
収録されています。弟からの視点で“好きな人のために頑張る姉貴”の姿を見て、ハルカの魅力を再認識され
ました。これは自慢の姉ですわ。登場人物のほとんどが家庭や人間関係に悩んだり葛藤していたりする中、

ハルカの恋する女の子な姿にかなり助けられています。一方で教師の小野田に恋している冬子は色々と
一筋縄ではいかない様相を呈しているのでどうなるやら…。彼女の恋も怖いような楽しみなようなで要注目です。

イメージ 7

三角関係的には、やはり鍵を握っているには葵。彼女がいつ、どのタイミングで動き出すのか。まだまだ
心の内を悠にさえ開ききっていない葵が、ハルカに遠慮しない行動を取った時こそ本格的な恋の戦いが始まり
そうな気がしてならないです。ともあれ、今回も等身大の女子高生たちの青春を堪能できまして満足ですよ。

しかし、ラストはちょっと気になる引きで終わってますね。
これは、酒乱女教師に童貞        奪われるフラグですか……!?

4巻を、続きはよ!意外なダークホースが来たなー。どうなる悠の貞操!

【評価:★★★★】

イメージ 1


“個性者”と無個性な一般人である“村人”が一緒にクラス劇をやることになった。学級委員の
“魔王”竜ヶ峯桜子と、副委員長であるところの俺、佐東は当然ながら仕切りを頼まれたんだが…。
試行錯誤しながらどうにか“村人”代表の斉藤が劇の脚本をあげてくれたところ、その脚本がクラスの
“個性者”たちからまさかの大バッシングをうけちまった。その厳しい物言いに斉藤をはじめほかの
“村人”たちも完全に反発しちまって…!確かに“個性者”たちは頑固で融通がきかないが、悪い奴らじゃ
ない。でも…斉藤たち“村人”の気持ちも当然痛いほどわかるわけで…両者の間に立つ俺と竜ヶ峯は…。

●個性者のための個性者による学園祭を成功させるために

「あと一枚!あと一枚なのよ!?特等を三回出して、三枚まで集めたんだから!あと一枚なの!」
「ほんとにまんまと術中じゃねえか!諦めろよ!」
「い、いやよ!いくらつぎ込んだと思ってんのよ!お小遣い
だって全部使っちゃったし、それに魔王の野望を暴くまではやめられなうわ!」
「もう暴いただろ!竜カ峯だって認めたんだから!」

シリーズ第四弾。
勇者だの魔法使いが<<個性者>>と呼ばれ<<テイル・ユニバース>>なる複合物語世界で活躍する世界。
ただの<<村人>>である佐東二郎は、魔王な学級委員長・竜ヶ峯の人類殲滅計画に巻き込まれることになり……。

新キャラ多数投入でおくる<<個性者>>による演劇をすることになった学園祭編。今回は村人たちと<<個性者>>
にある壁――“違い”をまざまざと思い知らされるエピソードになっていましたね。一般人を認識できないことは、
それはその人たちそのものを存在していないと見てるわけですから、一般人側も相容れない部分は出てきます。

――短評――

<<個性者>>と一般人、両者の言い分とも間違ってないけど、ただ<<個性者>>は面倒くさい連中が多いので、
ある程度一般人側が折れるかたちになるのは仕方ないかもしれませんね。それでも両者が劇を通して一つの
ことを成功させた達成感があっただろうし、少なからず今回の一件で壁を取り除くキッカケにはなったのかな。

物語のテーマの一つ見所であろう<<個性者>>と一般人の交流を全面的に描かれている分
ラブコメ的にパワーダウンしているのが残念。いや、竜ヶ峯さん自体は相変わらず可愛い生き物なんですがね。

やはり個性者と没個性な<<村人>>でしかない一般人との間を繋ぐ、佐東の頑張りが光ってます。地味な
がら主人公してますよ。次はメデューサの子メインかな?って言って前回も予想がハズれたしどうなるかな。

【評価:★★★】

イメージ 1

この物語は『とある事情で離れ離れになっていた兄妹が、再び一つ屋根の下で平穏な
日々を送るようになった様子を、ごく淡々と綴っていく物語』である――すいません嘘です。
お兄ちゃん好き好き妹の愛にあふれる日常を描く超ブラコンラブコメ第3巻!

お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ(3)
(原作)  緑青黒羽  (作画)  鈴木大輔   (MFコミックス アライブシリーズ)

ヒロインズによる秋人包囲網は着々と進行中――?

とある事情で数年間、離れ離れになっていた双子の兄妹、姉小路秋人と、その妹である秋子。
数年ぶりに再会した秋子と一緒に暮らすようになった秋人は、妹と同じ聖リリアナ学園に通うことになるが……。

いよいよ10月からTVアニメが放送開始される『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』コミック版
3巻です。原作ラノベの方も最新刊7巻が発売中でありますよー。いやしかし、原作に忠実な良コミカライズで
ありながら正直“原作以上”と言っても過言ではないほど、3巻も緑青黒羽氏描くヒロインたちが最強に可愛い!

イメージ 2

今回は原作2巻に当たるエピソードを収録。四六時中べったりな秋人&秋子兄妹を引き離す口実として、
生徒会メンバーのお宅を日替わり訪問するという体のいい個別イベント回ですかね。アナスタシア、嵐会長。
そして銀兵衛の三人が、ここは一先ず結託して秋人にそれぞれのやり方でアタックを仕掛けてくるのが印象的。

まぁ表紙は銀兵衛だし、嵐会長も色っぽく迫っていたのはグッドでしたし妹の秋子も相変わらず
ブラコンをこじらせたおバカ(変態)さんで面白い子です。しかし、しかしですよ?読み終わってみれば……

アナスタシアで始まり、アナスタシアで       終わりましたね。穴、穴、穴のアナ無双ですよ!

イメージ 3

穴派(深い意味はない)という贔屓目抜きにしても、序盤におっぱいを自分から触らせたかと思えばそれを
ネタにした逆セクハラや下ネタなど、秋人を巧みな手口で困らせる手管は読んでいて思わずニヤニヤとしちゃい
ますね、こりゃ。そして終盤のお宅訪問エピソードでは、アナスタシアさんの意外な一面も垣間見せてくれます。

秋人と部屋で二人きりの時には、ずっとぬいぐるみを抱っこしながら緊張を和らげていることからも分かる
ように、いつもの掴みどころのない性格は、ある程度彼女の中で“作られた”部分はあるでしょうね。秋人に
対して、自分が優位に立とうと無理しているのが見え見えで。で、それがバレて。素のアナの照れ顔がもうね。

ほんと、アナスタシアをこんなに可愛らしく描いていただいて緑青黒羽氏に感謝感謝です!

イメージ 4 イメージ 5

イメージ 6 イメージ 7
穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prpr穴prprprprprpr(深い意味はry)

『穴言いたいだけなんじゃねーか!』とか思われそうなんでそろそろやめます。穴言いたいだけなんだよ!
とまれこの3巻は完全にアナがメインヒロイン級の活躍でラブコメしてましたよ。実は妄想の中とはいえ乳首券
まで発行されていてそんなとこも要チェックだったり?うーん、ここまでアナのことしか書いてないぞ大丈夫か?w

妹としてしか見られていない秋子も大概かわいそうなヒロインではあるのですが、秋人に女の子として
さえ見てもらえない銀兵衛って……(´;ω;`)ブワッ まぁ本人もまだまだ色気より食い気。秋人に好物の
モンブランで釣られて機嫌を直しちゃうところは可愛らしいんだけど、銀兵衛がもっと頑張れ。超頑張れ!

原作同様に、あの手この手で女の子たちが攻めてきても軽くいなす秋人の手強さったらないですね。
キャラクターの役割としてはヒロインたちに振り回されてはツッコミ役に回る彼だけど、まだ余裕を感じますな。

イメージ 8

イメージ 9

……ということで、表紙は銀兵衛だけれどアナスタシアの活躍が目覚しかったコミカライズ3巻であり
ました。来月にはTVアニメも放送開始されますので、予習としてまずはコミック版から読んでみても問題
ないかと思いますよ。余裕があれば原作の方も。7巻まで刊行されてますけどサクッと読めちゃうので是非。

原作の方は来月に8巻が連続刊行されますので、来月からの『おにあい』の盛り上がりに期待です!

【評価:★★★★】

イメージ 1

サキナはエロいことを考えて興奮していないと心臓を動かすことのできないゾンビッチ。
下ネタ嫌い(?)の幼なじみ・小春に恋しているため、エロくなきゃいけないのにエロになりきれない
ジレンマが…。そんなとき、ゾンビッチから人間に戻る手段を知る人物が現れた!!!

ゾンビッチはビッチに含まれますか?(2)
(著)  柊裕一  (ガンガンコミックスJOKER)

ゾンビでビッチなニューヒロインの暴走は続く!

二階堂紗季菜は、幼馴染みの初野小春に片思い中の普通の女子高生――のはずだったが事故に遭い
命を失ってしまう。だが、エロい妄想で興奮すれば心臓が再起動する『ゾンビッチ』として生き返ったのだ……!

エロい妄想をすることで命を繋ぎとめる、決死の恋するゾンビっ娘・サキナちゃんがエロ勘違い妄想を爆発させ
るラブコメディ、『ゾンビッチはビッチに含まれますか?』2巻です。エロい妄想をしなければ心臓が停止する
『ゾンビなうえにビッチ』なサキナちゃんのエロ妄想が大暴走!物語的にも新キャラの登場で動きがありました。

イメージ 2

心臓が危険な状況に達すると、その防衛本能から無意識的にどんなシチュエーションにおいても
エロフィルターをかけて妄想を開始してしまう……という、基本的な流れはほぼ1巻と同じ。ですが今回は
ゾンビッチ研究者なる女性・入間蔀がサキナに接触してきます。サキナちゃんの『普通の女の子に戻りたい』

――という願いにかこつけてサポートすることを約束しますが、入間にはサキナちゃんを人間に戻す気はなく、
彼女にはゾンビッチの謎を解明して何らかの果たすべく目的があるらしいのだけれど、詳しいことはまだこの
2巻では明かされず。兎にも角にも、ゾンビッチ娘にとっては厄介な人物が介入してきたことは確かなところか。

しかし、この世で残した未練を晴らすことができれば、ゾンビッチが人間に戻れるかもしれない?と
聞いたサキナちゃんは、想い人である小春とHしたい!という欲求も1巻以上に上昇してすでに野獣の如しw

イメージ 3 イメージ 4
スーパーゾンビッチに覚醒……!

一瞬の興奮状態でどんな物でもエロ変換できる『スーパーゾンビッチ』。これで小春とヤレる!……とは早々
簡単には事が運ぶはずもなく。覚醒状態が維持できないことと、相変わらず素に戻ってしまいエロ妄想が解け
ると、普段のウブなサキナちゃんなってしまうので、いつもあと一歩ってところでHは未遂に終わってしまう。

1巻感想でも書きましたが、サキナちゃんが心臓停止寸前→エロ妄想モード開始→心拍数が安定して盛大な
勘違いに気づく。というお話の流れはそのままに、エロ妄想モードが解けて勘違いに気づいてピュアな反応を
見せるサキナちゃんがやっぱり可愛い。ウブなのかビッチなのかゾンビなのか。ま、可愛ければ何でもOKか!

『あるあ…ねーよ!』と思わずツッコミたくなる下ネタ妄想が2巻もキレキレでしたねぇ。

イメージ 5
    ↓
イメージ 6
    ↓
イメージ 7
    ↓
イメージ 8
マジックを使った連続エロ妄想には       脱帽でしたわ。サキナちゃん…恐ろしい子!

今回も突飛な発想を連発しては暴走して自滅するサキナちゃんに大いに笑わせてもらいました。マジックの
妄想はまだ分からないでもないけど、視力検査をして“C”と“d”を見て『チクビつまむ』なんて読んじゃうし、
BMI検査を『ビーチク揉まれてイけるか』検査の略だと勘違いするサキナちゃんの暴走がヒドすぎる(褒め言葉)

覚醒状態が開花したのも災いしてますが、そんな悪環境にもめげず小春に想いを告げようとするサキナちゃん
は、やはりゾンビでもビッチでも正真正銘の乙女。ただ良くも悪くも相手の小春も天然気味な少年のためなか
なかサキナちゃんの想いに気づいてくれないのが悲しいところ。サキナちゃんの想いは届く日は訪れるのか…。

イメージ 9

2巻でも小春と一緒のときに、たこ焼き+ソースの入ったボトルと今回は焼きそばまで加えてチ○コを完成さ
せていたサキナちゃんに笑った。このネタ好きだなぁ。そして巻末の特別編では、美容院に行ったサキナちゃん
のトンデモ勘違いが大爆発。スペルマとか茶臼のばしって言葉をなんで純情JKが知ってるんですかね(震え声)

3巻予告ではシリアス展開も示唆されており、ゾンビッチ娘の運命やいかに!?と意外と物語も動き
があっていい感じに進んでいますね。出来れば友人二人の活躍の場なんかももっとあれば嬉しいところですよ。

いやー、しかし。可愛いゾンビJKがエロ妄想するってのは正義ですね。なのでみんな読もう(脈略なし)

【評価:★★★★】

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事