陰陽師 神政館 館長 ブログ

森羅万象から四魂と人の運命をも見通す陰陽師が語る宇宙の真理とは!

全体表示

[ リスト ]

サティア・サイババ

こいつ〔サティア・サイババ〕も霊能者にとっては悪い事例としての教科書のような人生だ。おもしろい事に、インドの国魂〔大広木正宗大神・毘沙門族〕の動きが悪いせいで、魔界系霊能者をインドは国葬で送ってしまった。こいつが国葬なら私が亡くなったら世界中で黙祷する必要があるだろう。
 
 

インドの霊能者、サイババ氏、予言より早く84歳で死去【ニューデリー=田北真樹子】不治の病を治したり、何もないところから灰や指輪などを出す「超能力」の持ち主として日本でも知られるインドの霊能者で宗教指導者のサティヤ・サイババ氏が24日、入院先の同国南部アンドラプラデシュ州プッタパルティの病院で死去した。84歳だった。サイババ氏は呼吸器などの不調から3月下旬に入院して容体が悪化、ここ数日間は危篤状態が続いていた。サイババ氏は1926年、プッタパルティの村で生まれた。14歳の時、特別な能力を自覚。インドを代表する聖者シルディ・サイババの生まれ変わりとして、以来サティア・サイババと名乗るようになったとされる。
 
 

サイババ氏は国内外の著名人の尊敬や信仰を集め、信者の数は「世界中で1千万人」(地元ジャーナリスト)といわれる。インドの歴代大統領をはじめ、世界の著名人も信者として名を連ねる。サイババ氏をめぐっては、一時、超能力の真偽や私生活をめぐる噂が相次いだこともあった。サイババ氏は一方で、莫大な資産家として知られる。国内外の信者からの寄付・献金によるもので、実態ははっきりしないものの資産は4千億ルピー(約8千億円)以上との見方もある。資産は、貧困層のための無料病院や教育施設、水インフラ整備など国内だけでなく、海外での慈善事業にも使われている。
 
 

独身で子供がいないサイババ氏が死亡したことで、インドの関心は、莫大な資産を誰が管理するかに集まっている。兄弟や甥が慈善事業を運営する財団の中心的存在になるといわれているが、州政府が資産管理に乗り出すのではないかとの見方も出ている。サイババ氏はかつて、自身は90代で死亡し、その数年後に生まれ変わると予言していたとされる。だが、今回の死亡時期は予言よりも早かった。
 
 

サイババ氏に数十万人が最後の別れ、インド南部で国葬ロイター 4月27日(水)17時16分配信4月27日、インドの霊能者サティヤ・サイババ氏の国葬が、同国南部アンドラプラデシュ州プッタパルティの僧院で営まれた(2011年 ロイター/Adnan Abidi) [プッタパルティ(インド)27日ロイター] 今月24日に死去したインドの霊能者サティヤ・サイババ氏の葬儀が27日、同国南部アンドラプラデシュ州プッタパルティの僧院で営まれた。【ビデオ】サティヤ・サイ・ババ師、死去 インドの有名宗教指導者(字幕・24日)国葬として行われた葬儀には、チベット仏教の僧侶やイスラム聖職者、政治家、軍高官ら数十万人が参列。神秘的な力を持つとされ、世界各地の信者数百万人から生き神として崇められたサイババ氏の死を悼んだ。ヒンズー教式の国葬後、サイババ氏の遺体は家族らが埋葬。葬儀の様子は、プッタパルティに集まった多くの信者に向け、町内に設置された大型スクリーンでも中継された。サイババ氏は先月、生まれ故郷のプッタパルティの病院に入院。24日に多臓器不全で死去した。
 
 

サイババは、間違いなく魔界に連れ去られた。二度と転生は無い場所だ。彼は生涯を魔物に操られる人生だった。本当のサティア・サイババ自身は、何の霊能も無い普通の因縁深いおじさんだ。こいつに憑依していた魔物は大きな奴で、魔王レベルの魔物だ。インドのヒンズー教に巣食う魔物だ。
 
 

1.ヒンズー‐きょう【ヒンズー教】
広義には、インドに発生したすべての宗教をさす。狭義には、バラモン教がインドの民間信仰と融合しつつ、4世紀ごろからしだいに形成されて現在に至る、インドの民族宗教。
 
 

サイババ自身の四魂も何度も転生を繰り返す度に霊能者として活動し、悪因縁を積み重ねて来た魂だ。今回の人生の大半は、四魂を魔物に支配され、利用された人生だった。此のサイババを拉致した魔王の魔界はインドの地下に存在する魔界だ。
 
 

我々も此処まで解っていながら、サイババを魔界から救えばいい様なもんだが、第四神相が動くほどの徳をサイババ自身が持っていない。第四神相も忙しい、魔界からサイババの四魂を救うには、大勢の部下〔神々〕の応援が必要だ。「自業自得だ。」いつの日か縁があれば救ってやる。
 
 

陰陽師・神政館 館長:山下款二

この記事に


.


みんなの更新記事