ここから本文です

書庫食べ物

すべて表示


最近、どういうわけか青森県三八上北地方から岩手県北部にお得意さんが増えまして日帰りで出張に行く機会が増えました。お声がけいただけるのはありがたいんですが、なにせ片道100km近くの移動となり、たいがい一日潰れてしまいます。

高速使わせてくれよ!!

おっと、心の叫びが…(笑

ただまぁ下道もいいところもあるんです。気になったお店にフラッと立ち寄ったりとかできますしね。今日は岩手町の道の駅石神の丘付近でお昼の時間になったのでレストランにふらりと立ち寄ってみました。


岩手町はご当地グルメとして「焼きうどん」を推しています。B-1グランプリに出場したりと、なかなか精力的に活動している様子。道の駅のレストランにも焼きうどんがメニューに載っています。せっかくだから食べてみました。


イメージ 1


町内のいくつかのお店がルールに則ってそれぞれのオリジナルメニューを提供しているらしいですが、町としてイベントなどで料理を提供するにあたって統一メニューというものを設定したとか。それが今回食べた「いわてまちキャベ塩焼きうどん」とのこと。統一メニューって必要なんですね。他の地域のB-1グルメにもそういうものってあるんでしょうか?

さてお味の方ですが、塩焼きうどんということであっさり味です。あっさり味ではありますが、胡椒がよく効いていてパンチが効いています。岩手町特産のキャベツの甘みが味全体をまとめている感じ。美味しいです。食事としてもいいですがビールのアテでもいいかも〜。
ただちょっと麺の食感が私には今ひとつピンと来ませんでした。なんかこう、うどんというより生パスタに近い食感なんですよね。小麦の香りが立ち、むしろ高級感があるくらいなのですが、「これは…うどんなのか?」と、脳が受け付けなかったといいますか、なんといいますか。
まぁこれは好みの問題なので…。

焼きうどんの食べ歩きマップが備え付けてあったので見てみましたが、各店オリジナルのメニューは個性的なものが多く、洋風から和風までいろいろあるようです。この付近、しばらく通うことになると思うので機会があれば別の店のものも食べてみたいですね。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事