あらなみの相場技術研究所

重ぉーいブログの中、遠路はるばるおこしいただき本当にありがとうござます m(_ _)m

全体表示

[ リスト ]

トレーディングエッジ入門に書いてあったリスク・リワードレシオについてのご質問があり、また、こちらでこの説明をコメントしています。
http://mauitrain.blog111.fc2.com/?no=24

この本には、基本的部分の説明が書かれていませんから、いきなり専門用語が飛び出してきて、ちょっと苦労することもあるかと思いますが、それだけ実践で必要なことのみ書かれているということになります。

実は、ある戦略があったときに、その勝率をいじるということは結構難しいのですが、リスク・リワードレシオを調整する、ということは可能です。ですから、リスク・リワードレシオを理解して、自分の戦略の中で、どのように調整するかで最終利益を変化させることが可能となります。

例えば、タートル戦略における20日ブレイクアウトについて、勝率を上げようとすると、ここにフィルターとして、例えばP/Lフィルターなどを設定することによって、勝率を上げようとするわけですが、これがなかなか難しく、実効性があがるフィルターというのは、簡単には見つけることができません。

しかしながら、リスク・リワードレシオを調整するには、損切りのポイントを触ったり、利食いを工夫することによって、大きく変化することが多いのです。これは、割と容易にできますし、工夫次第で大きく、最終損益を変化させることも可能です。

エッジのある戦略を見つけたときに、勝率を触ろうとするよりも、リスク・リワードレシオを調整することが比較的楽というのは、こういう理由からです。

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

はじめまして。実はズッ〜ト、ファンで以前から読ませていただいてました。コメントも残さずごめんなさい。

いつもここのブログを読むとホコっとします。
本当に。『ホコッ』とします。

あたたかくて。おもしろくて。時にグッとくる。
素敵なブログですね。
これからも読ませていただきますね。 削除

2008/6/9(月) 午後 6:43 [ 絢香 ] 返信する

顔アイコン

荒波さんおつかれです、

コメント無しですいません、一応読んではいるのですが、
図書のお勧めが有ったり、こちらも理解、ついてゆくのが
遅いので・・(図書のほうは見ていませんが)

優位性について、こちらのコメントを参考にし、さまざまな角度から
少しでも有利な立場からエントリー、その後の撤退も行うようにして
行くよう、心がけ、行動してくよう致します。

2008/6/10(火) 午前 11:55 [ スコット ] 返信する

顔アイコン

↑ 変な文章で失礼です。

2008/6/10(火) 午前 11:56 [ スコット ] 返信する

顔アイコン

絢香さん、はじめまして。
相場で苦労している人に何かの役に立てばという視点で書いてますが、変に説教臭くなってしまって、自分で後で読んでいやになることも多いです。
もう少しいい言葉が出ればいいのですが、なかなか野川軍曹のようにはいきません。

少し初心に帰って考えてみています。また、よろしかったらご訪問くださいませ。

2008/6/11(水) 午前 6:42 あらなみ 返信する

顔アイコン

scott_awr さん、いつもコメントありがとうございます。
こうやって書いていただくと励みになります。

ここ最近は、回り道に自分が迷い込んだような感じですが、もういちど、初心に戻って、どうしても勝てなかった自分が、何故勝てるようになったのか、その変化とは何だったのか、そういう視点をしっかりと持って、書いていこうと思います。

どうも、色んなトピックがあって、そこへ回っているうちに戻れなくなるようなので・・・

本の紹介ですが、私自身は、やはり多くの本を読んで育った、ということがあるので、良書についてコメントを書いています。
先日からご紹介している本は、ここに書いていることとほぼ同じ視点で書かれていますので、もう書くことも無いか、と思ったほどでしたが、本の紹介のブログに書かれていたコメントとかを読むと、本だけでは、理解しがたいところもあるようですから、ちょっとは私の出番もあるのかな、と思うこのごろです。

2008/6/11(水) 午前 6:50 あらなみ 返信する

こんにちは♪(*^ ^* )
今日やっと「トレーディングエッジ入門」を購入しました〜。
6月はトレード成績がそこそこ好調で、なんとか本の購入費を捻出することが出来ました。
難しそうな本ですが、じっくり読んで勉強しますね。

荒波さんの連載記事を読むようになってから、エッジとはどういことか、
日々トレードしていく中で考えるようになりました。
まだまだ理解出来てないと思いますが、意識するようになっただけ進歩したかな?
記事の続編を楽しみにしてますね♪('ー'*)

2008/6/14(土) 午後 1:45 yume 返信する

顔アイコン

ルミさん、こんにちわ。
「トレーディングエッジ入門」については、チャートをパターンとして読むのではなく、チャートとは人だということを読み取ることができれば、と思います。

その前提に立って、エッジということを考えれば、オプションについても、これまで見えなかったエッジが見えるようになるのではないでしょうか。
特にオプションは、個別株以上に恐怖からのパニックや欲望から人々が殺到する場面に極端な動きが発生しますので・・・

私は、昔昔ワラントを売買していて、その理論性、数学的魅力に取りつかれてしまって、本来見ておくべきトレンドや誰が売買しているのかを見失い、その結果、破綻した経験を持っています。
具体的には、理論上非常に割安に放置されたものを大量に買ったのですが、元株がさらに下げたため、破綻してしまいました。

さて、この先どう進めるべきかを迷っていたり、新刊の本を読んでいたりして、記事が進んでいません。
でも、楽しみにしている方が一人でもおられると、書く意欲もわいてきます。いつも励ましありがとうございます。

2008/6/16(月) 午前 6:57 あらなみ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事