近くて遠く、遠くて近い、そんな所との縁

今日から令和、今日で平成も終わり。昭和とそして平成、今日から3つ目の元号令和。GENEは何年まで共に歩めるのだろうか?

全体表示

[ リスト ]

3日目後半です。

 伊原間 サビチ洞 を出て今度は元来た道を南下し一路 石垣島鍾乳洞 へ向かう為にレンタカーのナビを使い地図上に "石垣島鍾乳洞" と表示されている場所行先指定して出発しました
イメージ 1
(緑矢印線は走行ルート、ピンク破線はひょっとして・・・これだったかものルート)

 これが大失敗の始まり・・・・・・・となろうとは知る由もなく・・・・・・ (-_-メ) 
  市内方向に向かうのにこんなルートもあるのかぁ、と感心しながら対向二車線の道を突っ走り県道208で左折し市内方面へ南下、この道路沿い右側に目的地はあるはず・・・・・ありました、よ、しかし名前が違うような、、、でもしっかりした案内看板に誘われて右折し進入、、、ここで場所が違うのならナビが反応しても良さそうなもの、、、、なのだが、そのまま道順を指示してくる、しかも実際の走行とのずれもなく、、、と、程なく到着したところには比較的しっかりとした駐車場と建物が、、、先着の車も幾台かいました、、、
 写真は撮ってないのですが、入場券を売る建物がありそこに足を運ぶと先着らしき3人の若い女性達が受付に居るじぃさんと歓談中、よぉ喋るじぃさん って感じで、色々と喧伝の御様子、その場で数百円まけて一人千円で良いよ、ってな具合、、、。
 待つのが面倒になったGENEはさっさと自販機に金投入して入場券を買っちゃってました、で私達の番になり、娘をかまってからおまけするよぉって、、、で、もう買っちゃったよって言ったら、、、なんだか詰まらんものくれたっけ。 でそのまま行こうとして外に出たら、、、説明聞いてからじゃないと危ないよ、、、って、、、どいう意味???
 女房殿がそこに残ってたししようがないから戻って聞いたんだけど、、、詰まんねぇ自慢話みたいなのばっかで、、、意味なし。
完全にじぃさんの昔話・自慢話の世界・・・後で女房殿もムカついてたっけ。
 とまぁ、色々あってからやっと件の鍾乳洞に入るのかと思いきや、、、
(まず最初に一言・・・二度と行きません!!!)

建物の向かいにある園入口
イメージ 2
ま、それなりの趣、カジュマルの木は大したものではありましたね。
 
イメージ 3
動物は・・・・・この写真にある水鳥数羽しかいませんでした。
パンフにはもっと色々他にも・・・と、、、書かれてたが。

園内の掲示に、最も興味のあったリスザル・・・は逃げた、、、と。
この環境・・・逃げたんじゃなく、、、では?と感じましたね。
水鳥達もとんでもない状況と一目見て感じたものです。
ま、写真にあるように何も知らない娘はノコノコと逃げる
鳥達を追いかけて喜んでましたけど (;^ω^) 。

イメージ 4
兎に角、鬱蒼としたところを徒歩で進みます。
案内板も・・・何を言いたいのかよく分からんのよね。
管理されたものを感じない、のですよ。
ま、娘は何も感じる訳でもなくトコトコと歩いてましたが、、、

イメージ 5
これ、何を見せたいのでしょうね、、、、、
汚れて読めない説明板、朽ちた枝葉が積み上がった場所、に何祈る?

 やっとのことで 動植物園 とやらを抜け、、、
イメージ 6
 大きな広場に出た先に見えたものが、どうやら鍾乳洞の入り口らしい。
両側の説明板を拡大すると、、、、、
イメージ 7
 教会??? 何よそれ??? 鍾乳洞の見学者に何言いたいの???
兎に角、???しか浮かばない、いかがわしさを感じるものなんだよね。
と、そんなことを感じながら入っていく GENE もいたりするのですが、、、。

 兎に角、それなりの内部の写真を・・・・・。
イメージ 8

イメージ 9
イメージ 10
ま、見ようによっちゃぁそれなりの鍾乳洞なのかも、、、っす。

 一か所、恐らく一番最後だったと思うのだけれど、鍾乳洞の上が抜けていて外界が見えている場所。 ここだけはなかなかのものだと感じたね。
イメージ 11
 色々感じながら見る物見させていただいたんだけれど、どう考えても金銭取って見て頂く状況にはないと感じた次第。
もう二度と行くことは無いでしょう!!!
 帰宅後、宿の手配などであちこちで調べていたのでそれらのサイトからあれこれと情報が舞い込むのですが、その中からいくつか見ていた時にこの場所に関する口コミも目にしましたが・・・異口同音・・・もう行かない!
でしたね。 当然ですよ。
GENEも、もう一度書きます。
私は機会があってももう二度と行きません! 
今考えている方にも、行かない事をお勧めします、老婆心ながら。
GENEがこんなことを感じたのは後にも先にもこれが初めてでしょうね。
気分を害した方が居られましたら、済みません。

 とまぁ、色々ありましたが最後のアナグラ探検を終わるころには降っていた雨もすっかり上がっていました。
 帰り、元来た道を戻り国道に出てから市内に向かい食材の買い出しをするため右に出たのですが、ほんのしばらく走った所に・・・・ 石垣島鍾乳洞 ・・・・の案内看板があるじゃないですか、、、ほんの目と鼻の先って感じの場所に、なのでもう一度ハンドルを右に切って侵入しちゃいましたよ。
そして、パンフの写真にあったそのものが目に入り、、、
             女房殿も なぁにぃこれ、、、って言ったきり言葉なく。 
 でも、もう中に入る気力もなくその場を後にしたGENE一家でありましたが、次回来る時はきっとナビは無くても来れますよ。

さて、食材買い出しして帰ろう、、、、。

以上、3日目後半でした。

ではでわ〜〜
                                   by GENE

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事