ここから本文です
グルメパンダ☆ コレクション
中国グルメ3都物語の最終章が始まりました。

書庫中国・広州

すべて表示

イメージ 1

イメージ 2

 
 
広州の中国大酒店に近い盤福路という通りに、
「新泰楽」という広州料理レストランがあります。
実は、この店は2018年に初めて出されたミシュラン広州編で
見事にビブグルマンを獲得した人気レストランなんです。

もともと、広州の老舗レストランは価格が安めで、
高級レストランであっても、相対的に手頃感が強いので、
ビブグルマンではなく、星がついてもおかしくない、と
個人的には思います。

さて、数ある看板料理の中から、今日は代表的な広東料理の
スープをチョイス。「南北杏雪梨炖白肺」です。
豚の肺(日本では所謂「フワ」ですね)の角切りに、
「杏仁(アンズの種の核)」と梨を大きな壺に入れ、
密閉してそのまま蒸しあげたスープです。

「杏仁」は、お馴染み「杏仁豆腐」の原料ですね。
これは、美肌・咳止め・便通などの効能を持つ薬膳です。
豚の肺も、咳や痰止めに効くともいわれ、相乗効果を狙った
薬膳スープと言ってよいでしょう。

薬膳といっても、味は円やかでスッキリとした切れがあり、
全然苦いとか臭いとかということはありません。

特徴的なのは食べ方です。
広州では、こういった具材に肉をたくさん使う場合、
一般的に、壺から肉を全部出して、別の皿に盛ります。
スープにある程度、肉の旨味が出ていますので、
皿に取られた肉は、豆板醤などをつけて別に食べるのが普通です。

疲労回復にも効くこのスープ。広州の街歩きに疲れたら、
オーダーされることをお勧めします。
 
 

新泰楽 「南北杏雪梨炖白肺」: 118元/壺(4〜5人分)



(201810)
 
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事