ここから本文です
グルメパンダ☆ コレクション
中国グルメ3都物語の最終章が始まりました。

書庫中国・広州

すべて表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 
 
広州随一の繁華街、北京路を少し外れると、すっかり下町の雰囲気があります。
中でも、珠光路一帯はグルメ通りになっており、多くのレストランが
味を競い合っています。

この日は、九大簋家宴という広東料理レストランで、
その看板料理の「至尊佛跳墙」と「鉢仔猪油捞饭」を頂きました。
ちなみに中国語で「簋(gui3)」とは、耳の付いた円形の古代の食器で、
ここでは「佛跳墙」を入れて出してきます。

「佛跳墙」はご存知の方も多いと思いますが、
フカヒレ、鮑、魚の浮袋などの海鮮珍味を入れ、密封して長時間蒸し煮した
スープです。
広東料理の最高メニューの1つとされ、この店では1人用の小さい容器に入れて
出されるので、手軽に最高の味を楽しめます。
密封した容器で調理して、そのまま出されるので、うまいところを全部頂けます。

また、「鉢仔猪油捞饭」は炊立てご飯の上にラードと醤油の混ぜたタレをかけ、
ササッと混ぜて頂きます。日本で言ったら「バター醤油ご飯」ですね。
コッテリとした油とアツアツご飯で、食べる前から旨いとわかります。

このお店の、このメニューの組み合わせ、絶対にお勧めです!



九大簋家宴 
 「至尊佛跳墙」: 68元/1人
  
 「鉢仔猪油捞饭」: 10元/杯



(201904)


  

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事