えびのあぶくぶくぶく

独り言再開と言いつつ中断ばかり...。

全体表示

[ リスト ]

英語必修化反対。

ずばりタイトルどおりです。

そしてこの文長くなるので、お暇で興味のある方だけ読んでください♪


私は前からこの英語必修ってのがイヤだったんですよね。

なので安倍内閣の『伊吹文部科学相よ、良く言った!』とニュースを見て思ってました。



小さい頃から勉強したからって

キレイな英語が苦労せずに

喋れる、書ける、読めるってような考えは間違ってる気がします。

特に親の『自分が苦労した、又は喋れないので自分の子には…』ってのがどうも…。

苦労の何が悪い!打たれ強くなれ!


大体英語って世界にいろんなバラエティがあるし

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドだけが

誰もが認めるネイティブ英語っていう風潮も嫌いです。


日本に住んでるウチの親や兄のように

地域密着型の方にとっては英語なんていらない。

正直、喋れないより喋れるほうがいいでしょう。

確かにできるに越したことはないけど

でも、できないからといって日本でいる限り

別に毎日の生活に支障が出るわけでもなし。

これだけ英語が多少喋れる人がゴロゴロしてる世の中。

全員が喋れなくても大丈夫だと思ってしまう私は間違いですか?


仕事や生活で必要になれば

何語であれどんな内容であれ

本人ががんばればいい。

実際にがんばった先人がいるから

日本企業は世界各地に会社があり取引もしてるわけで。


私は高校を出てすぐにアメリカに行ったんですが

日本では普通の英語教育しか受けてません。

すごい田舎に住んでたから恐らく初めて外国人を見たのは小学校に入ってから。

それも6年間で遠足のとき1回か2回ほど。

だから最初は外国人が怖かったですね。

(ダンナにこれを言うと傷ついてましたけど…)

でも何かしら中学・高校の間にアメリカって国に影響を受けて

最終的には留学までして、

短大出て大学出て

挙句の果てにはアメリカ人と結婚しました。

人生何があるかわかんない…。

そして私は英語が習いたくてアメリカに行ったんではないと自己分析してます。

恐らく田舎から脱出するかっこいい口実として(現実から逃げて)

そして自由なイメージのアメリカになんとなしにあこがれてってのが

今思えば当時の気持ちの真相なんでしょう。


話を戻して

私の日本語はダンナの職場の先生方に褒められます。

ダンナの日本語じゃなくて私の日本語なんです。

変な話ですよね、日本人に向かって日本人が日本語を褒めるなんて。

『今時珍しくきれいな日本語を話されますね』って言われます。


英語は一般的日本人に比べるとアクセントが少ないらしく

ネイティブに間違われたりすることもあるし

書くのも話すのも日本人らしくないと言われます。

なのでよく特別待遇(親が高学歴で金持ちとか海外赴任してた等)のお嬢様人生だと思われがちですが

私はNO○Aさえも行ったことがないです。

田舎過ぎて駅前留学もできなかったし

行きたいとも思わなかった。

だいたい、ウチの親、中卒と高卒、貧乏じゃないけど金持ちではない。

親は生まれてこの方恐らく20km圏内から動いてないですね(苦笑)


私はアメリカに住み始めて

しっかりした日本語を話すことを意識するようになりました。

そして、英語に関しては

メディア等では報じない程度の軽い人種差別も受け

『何言ってんのかわかんねぇ』みたいなことも言われ

必死でアクセントをなくそうと努力しました。

後に言語が喋れるから差別を受けないってわけではないことも実感しましたが…。


だからね、言語だけじゃないですが

なんでも結局は本人の努力次第だと思うんです。

日本人もそうですが、アメリカ人も言語力落ちてます。

毎日毎日いろんな人の日本語と英語を訳してますが

『あちゃちゃ、皆さん自分の母語でしょ』って思ってしまいます。

読み返さないし読み手の気持ちも考えてないし

誤字脱字、スペルミス、文法ミスありありですね。

ホント自己満足の書きなぐり。

自分用のメモ書きとたいして見分けがつかないような…。

って偉そうに熱弁する私もミスはしますが

一応推敲作業はどんな文書でも2度はするように心がけてます。


日本人だから正しい日本語が喋れるわけではなく

アメリカ人だから正しい英語(厳密には米語ってことにしましょうか)が喋れるわけではない。

英語で良く言う『権利であって特権ではない』ってヤツです。

最終的には本人の努力と心がけで美しい言語が操れるようになるのでは…と思ってます。


昨夜ダンナが

『テレビのお笑いをまずやめて、

教科書みたいな話し方にすれば皆キレイに話すようになるんじゃない?

アメリカ英語も乱れまくってて原型をとどめなくなってきてるよね。

テレビもラジオも道歩いてる人も皆バカっぽく聞こえるもん』って言ってました。


お笑いが大好物な私は、

チャンネル全てがN○Kの6時のニュースみたいなのになるとすごく困るんですが

でも一理あるかなぁと。

毎日聞こえてくる日本語も英語もマトモなのが少ないから

結局マトモな言語が廃れるんでしょうね。

細かいこと言うと『マトモ』の定義も難しいですが…。


言語学を取った経験から言うと

言語とは絶えず変化する生き物で

今のキレイだと思われる日本語も

恐らく新言語のようにいわれた時があったんでしょうね。

これは江戸時代と私たちが違う話し方・書き方をするのと同じで当たり前ですよね。


また話がそれましたが

この今回の英語教育必修化は

自然破壊で今後何十年かでキレイな飲み水がなくなる恐れがあるから

水素と酸素を自分で調合して作成する時代がくる可能性に向けて

難しい化学の授業を小学校から必修にしていこうってなるのと同じじゃないのかな?

この教育の結果としてすばらしく文明が発達するかって言えば

水が実際になくなって自分で日々調合しないといけないってならない限り

蛇口ひねれば水が出る便利な世の中で

努力して化学式を覚える人も少ない気もするし…。

化学嫌いな私からするとこれほど迷惑な話もないわけで。

同様に英語が嫌いな生徒からすると

国際化に向けてだのいろいろ言ったところで

なんの説得力もない…。

実際に普通の中学・高校生活でどれだけの英語を話す機会がありますか?

英語が好きで自分からペンパルを探したり

カンバセーション パートナーを見つけたりしない限り

皆無に近いんじゃないですか?


毎日外国人旅行者がわんさか来ている観光地等で

英語教育が行き届いてるうようには見えない田舎でも

大人も子供も流暢に英語を話しているのはやっぱり必要に駆られたからじゃないの?


日本は自らが唱えている国際化に政府・行政自体がまだまだ追いついてないのが私の実感です。

他の言語が喋れる=国際化って構図をどうにかできません?

日本人であると感じない、まだまだたくさんある理不尽なこと。

法律にもいっぱいあるんですよ。

白人優遇風潮もおかしいでしょ?

白人ってすごくフレンドリーで陽気なんて言う人いますが

それは日本に来てる人が日本びいきなだけであって

現地に出向いてみて生活してみて初めてわかります。

あのフレンドリーで陽気だと思っていた白人の方に

"Go Home, Jap"なんてすんごい形相で言われるんですから。

そういう現実をちゃんと理解してますか?

この手の人って、実は絶対少数派ではないんですよ。

この世の白人全ては日本人が大好きなんじゃないんですよ。


言葉なんて上っ面より

意識や感覚をもっと国際化してほしい。

いろいろな場面に遭遇して

どのような志を持って生きていくのか…。

そんなのが大事なんじゃないですか?

そうなるとやっぱり根本は言語の問題じゃなくて精神の問題。


ハーフやアメリカで育った日本人って日本語と英語喋れて当たり前に思われるけど

あれも本人の努力なんですよ〜☆

生まれた場所や親の国籍、そして学習の開始年齢なんて

言語の習得に障害にはなりません。


自分が身をもって体験したからこそ

ホントにそう思えます。

そして日本語の多くがカタカナに変わっていくのは

世代の2極化を生むし

なんだか寂しい気がするのは私だけでしょうか?


自分が一番訳すのには苦手とする

何が言いたいんだかわかんない

グダグダの書きなぐり自己満足日記になってしまったかな(苦笑)


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事