ここから本文です
GUMKA工房記
もう半年が終わってしまった(泣)

書庫グムカ 750SSの紹介

すべて表示

時代は、まだ私が若くて馬鹿な小僧だった頃 季節は、もう寒さを感じる11月下旬 時間は、朝焼けが美しかった早朝 私は千葉県の館山に行くため、 カワサキ・トリプル系の最小排気量車である250ss(S1)で、 京葉道路を千葉方面に向かって走っていました。 今でこそ中古車が、とんでもない価格のS1ですが、 街中にRZ250やVT250F、CB750Fや GSX750S刀が溢れていた当時は、 誰も見向もし ないバイクで した。 私も普段はGSX250Eに乗っていましたが、 寒くなると空冷2スト車は調子が良くなるので、 この日はS1で出掛けました。 早朝とあって京葉道路はガラガラでした。 穴川を過ぎた辺りで後方から、 大排気量2スト車特有の排気音が聞こえてすべて表示すべて表示

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • アルフィンカバー(その2)

    2018/5/30(水) 午前 3:06

     途中、東京大学での講演などがあり、途切れましたが、 前回の続き です。私自身、GSX250Eの オーナーでありながら、あのサイドカバーには違和感があり、 ブラックを選んだ理由は黒横線が目立たないからです。  私のG ...すべて表示すべて表示

  • ソ連からの切手帳

    2018/5/23(水) 午前 11:06

     5月20日の東京大学五月祭での講演用の原稿を書いているとき、過去の資料を確認するうち、いろんな物を発掘しましたが、その中で「これは!」というネタを紹介します。  私の持っている資料の多くは、社会主義国時代の東欧やソ連の友人か ...すべて表示すべて表示

  • 東京大学五月祭での講演が終了

    2018/5/22(火) 午後 11:35

     20日に開催されました東大戦史研主催の東京大学五月祭講演が無事に終了しました。御足労いただいた皆様、ありがとうございました。  講演内容と使用するスライド画像の 事前 提出があったため、原稿を用意せねばならなんのですが、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事