茂の部屋 Life is beautiful

新潟市西区のヘアーサロン ガンプ ヘアースタイリスト 茂の一言ブログ

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

4年前の話です。

全部まとめたので長編です。





「天井裏に誰かがいる!」



なんか天井裏から何か動く音がするんです・・・


結構大きい音が。


恐ろしいんです・・・


がさがさ・・

がりがり・・

結構大きな何かが動いてる音が・・・

キーキー!

なんか声が・・・


ナニナニ〜!?

怖いんだけど〜!


虫?

ねずみ?

お化け?

さる?

ゴリラ?

まさか人間?


とにかく今、恐怖に包まれています・・・

助けてー(笑)


笑ってる場合じゃないんですけど・・・



とにかく恐怖に包まれている我が家です。


いろいろ自分なりに推測して調べました。


夜中に動くから夜行性?

大きい感じがするから、小動物よりもう少し大きめ?

なんかキーキーという声が聞こえた気がするから

そんな泣き声の動物?


総合的に考えると


「ハクビシン」という動物ではないかという予想を立てました

イメージ 1

ハクビシンの事を調べると、中々厄介な動物です。


見た目は可愛らしいんですけどね・・・


とにかくハクビシンだったら

大変なことになります。


どうしよう〜(泣)


とにかくハクビシンだったら怖いので、


ネットで色々調べて

駆除してくれる業者を探しました。


探すと色々あるんですね〜。


だいたい15000円くらいでやってくれるみたいです。


まあ思っていたより安いかも。


さっそく電話して来てくれるよう手配しました。


次の日に来てくれて天井裏を見てもらいました。


業者の人が言うにはハクビシンじゃないかも!?


とのことです・・・


どゆこと?


ハクビシンだと、天井裏の断熱材がボロボロにされたり

フンもすごいのだそうです。


でも現状、家の天井裏はまったくそんなことが無いそうで・・・



え〜じゃあ、あの動く音は何〜?

おばけ〜? 貞子〜?




業者の人が言うには「猫」なんじゃないか? とのこと。


猫?

イメージ 2

猫?


猫か〜

でもそれはそれで怖い・・・


とりあえず業者に見積もりを出してもらいました。
イメージ 3

えっ・・・

23万!?

1万5千円じゃないじゃん!!

ネットに載っていたのは基本料金で


色々やるととんでもない料金に・・・

どうするんだ〜〜!!
こうなりゃ、自分でも何かしなきゃと自分なりにわなを仕掛けました!


名づけて「しげるトラップ!」

(特に工夫が感じられないネーミング・・・)

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3

この通風孔が錆びて、柵が無く誰でも出入りできる場所があったのです!

ここに、粘着性のあるシートを入り口にセットして

しげるトラップの完成です!


ふっふっふ・・・これなら何かしらの反応があるだろう・・・

(若干楽しくなってきた・・・)


とりあえずこれで様子をみよう!





同時進行で違う業者も頼みました。

セカンドオピニオンってありますよね。

自分の主治医以外からの意見を聞く。

それと同じで、違う業者からも見てもらいました。


それは、「市」の制度があって、一回だけ無料で

わなを仕掛けたり、出入りしそうな所をアドバイスしてくれたり!!


おぉ〜そんな素敵な制度があるなんて知らなかったよ〜!


ということで、その制度を活用しました。
イメージ 4
屋根に登ってくれたりして、いろいろ調べてもらいました。


増築部分との境目に隙間があったりして

そこも怪しいそうです。


色々チェックしてもらい、やはり通風孔の所が怪しいとなり

業者が持ってきたわなを仕掛けました。
イメージ 5
ちゃんとした檻でバナナを仕掛けハクビシンを捕まえます!!


業者のわなと、しげるトラップのコラボレーション!!



ちなみにしげるトラップに何かついていますが、

実はこれ何者かの「毛」です!


しげるトラップ効果あり〜!!

ここから出入りしていたのは、間違いない!!


ちなみに業者がたまたま

前の仕事でハクビシンを捕まえたと言っていたので

頼んで見せてもらいました。
イメージ 6

おぉ〜こわっ!

恐ろしい〜

こんなのが天井裏にいたら気絶しそう・・・



うちも早めの問題解決が迫られています!

しげるトラップを仕掛けつつ

通風孔を簡易的に閉じました。


とりあえず入ってこれないだろう・・・


夜、亀貝のコメリに行って

ベニヤ板とブロックを買い、明日の朝

新たに仕掛けをしようと思いました。


次の日の朝・・・


簡易的に閉じていたのを

ベニヤ板とブロックに変えようと思い

通風孔を覗いたら・・・


なんと中からが!!


トラップを仕掛けていたから、絶対いないと思っていたから

イメージ 1

「うわ〜〜!」と


びっくりしました!!


猫もまさか僕がいるとは思っていなかったので
イメージ 2

「にゃーーー!」と


びっくりしていました!!


お互いパニック(笑)


猫だったのか〜〜!


びっくりしたな〜!


でも今、目の前に出て行くのを見たので

すぐ通風孔を閉じました。


もう絶対大丈夫だろ〜!


完全に出て行ったのを

目の前で確認してから

通風孔を閉じたので

もう絶対大丈夫です!!



いや〜もう安心!


一件落着だね〜!


犯人は猫だったのね〜!



いや〜猫って隙間を通って

二階まで行く時があるのね・・・



いろいろ勉強になりました〜。


でも気になることが・・・



僕と鉢合わせした猫が家の周りをウロウロ・・・


もう入り口は閉じたから入れないよ〜
イメージ 1
この猫がウロウロしています。

(本物です)

イメージ 2


イメージ 3



もう、入り口は無いのに連日ウロウロしていて

ニャーニャー泣いています。



中にいれて!ってこと?



だめ!もう入れないよ!



あきらめなさ〜い!



早く、違う住処を見つけなさ〜い!



次の日。


複数の猫の鳴き声が・・・


長かった「天井裏〜」シリーズ。



もはや天井裏の話じゃなく床下の話に・・・

ハクビシンじゃなく猫の話に・・・



「床下に子猫がいる〜!」

そうなんです。床下から複数の子猫の可愛い鳴き声がしていたんです。



親猫は男じゃなく、女でお母さんだったのです。



それで通風孔の所をウロウロしていたのです。

だって中に自分の子供がいるから・・・



かと言って親猫を入れさせるのも・・・


もう解決策は1つしかありませんでした。


「救出に行くしかない!」


そう決めてから、懐中電灯を用意したり

捕獲用の段ボール箱を用意したり。


気分は海猿です!
気分は伊藤英明です!
気分は仙崎大輔です!!

(再生しながら、読んでいただく事をオススメしています)








よし!床下に子猫が居るようだ!

これから救出に向かう!








じゃあ・・・行ってくる (しげる)










うん・・・気をつけて・・・

待ってるから・・・(奥さん)










何、泣きそうになってんだよ・・・










別に、泣きそうになんかなってない・・・

































ばか・・・(泣)













大丈夫、生きて帰ってくるよ・・・









うん・・・












































床下は当然真っ暗。


懐中電灯の明かりと子猫の鳴き声だけが頼りです。




そしてなにより狭い!

ほふく前進に近い状態です。

なかなかきつい体勢での救出作業です。



声は聞こえるけど、姿が見えなーい!!



大丈夫?  気をつけて〜!

奥まで行くと・・・


みゃーみゃー可愛い鳴き声が近くなってきました。


いたぞー発見したー!

4匹もいたぞー!
イメージ 10

大丈夫かー!?

もう安心だ!


これから地上に連れて行く!

この段ボール箱に入りなさい!
イメージ 11





4匹もいました!


びっくり!


子猫は、お腹が減っている感じがしました。



とにかく段ボールの中に入れて、戻りました。


戻ったぞ〜〜!
イメージ 12



イメージ 13


イメージ 14

かわいい〜!

めっちゃ可愛かったです〜!


飼いたい気持ちもありましたが、今は無理だったので

親もとに返しました。




次の日・・・


子猫たちはどこかへ消えてしまいました。

お母さん猫もあれ以来、姿が見えません。



きっとどこか良い場所を見つけてくれていることを願っています。


そして僕達の家にも平穏が訪れました・・・
イメージ 22




全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事