ここから本文です
チャレンジ749R
DUCATI749Rとバイクとクルマとプラモと映画と読書とミニピンと日常のブログ。皆さん応援クリック宜しく!

書庫全体表示

イメージ 1
日本公開年度 2008年
アメリカ映画(ギャガ)
出演:シルヴェスター・スタローン/ジュリー・ベンツ/グレアム・マクダヴィッシュ
監督:シルヴェスター・スタローン
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ランボーシリーズはあんまりちゃんと観た覚えがない。観たかもしれないけど印象にも残っていない。これが(一応現時点では)シリーズ最終作と言うので観てみました。

きっちりR-15の血しぶき乱れ狂う銃撃戦。軍事政権のミャンマーで不当に村人を虐殺する軍隊のシーン・・・こりゃサムペキンンパーの戦争のはらわたか!
そんな中終始一貫ランボーらしさは健在で、パワーと野生の根性?で押し切る不死身の無敵戦場兵器人間感も相変わらず。しかし自ら監督脚本まで手掛けR-15にしてまで戦場の悲惨さを描こうとした割には結果的に何を訴えたかったのか今一伝わりませんでした。

この映画が良かったのは無駄を排した上映時間の短さ。この内容で1時間39分は納得です。


イメージ 2
▲ココをクリック!▲ にほんブログ村ポイントラインキング

この記事に

  • 私もこの映画を見たことありますが、
    何を伝えようとしているのか理解できなかったと思います。
    ランボーというのは単純なアクション映画ではないので、
    メッセージが伝わらないのはもったいないですよね。
    でも、個人的にはランボーが逆境にも負けず、
    最終的には敵を倒してくれればOKです♪

    [ 999R ]

    2017/8/20(日) 午後 8:31

    返信する
  • 顔アイコン

    ランボーは最初のが一番いいですし、原作に忠実です。
    2作目以降はスタローンのアメリカ主義政治映画ですもん。

    マルス

    2017/8/21(月) 午前 8:07

    返信する
  • >999Rさん
    すいませんワタシはランボーは単純なアクション映画だとばっかり・・・苦笑
    は、言い過ぎですが、アクション映画になにか意味合いを込めようというのは結構難しい話だと思いますね。

    がんすけ

    2017/8/21(月) 午後 6:23

    返信する
  • >マルスさん
    ロッキーもランボーも初回の偉大さにはかなわない・・・そういう意味ではジェームスキャメロンは凄いなあ、ターミネイターとエイリアン、どちらも2の方が面白いし。
    しかしランボーってもともとちゃんと原作があったんですね・・・

    がんすけ

    2017/8/21(月) 午後 6:25

    返信する
  • 顔アイコン

    ランボーの原作って、ベトナム戦争で心に傷を負った帰還兵を、アメリカ社会に放り込んで起きる事件を描いてて、なか面白かった記憶が有ります。

    マルス

    2017/8/22(火) 午前 11:31

    返信する
  • 顔アイコン

    実は僕が一番好きなドナルド・ハミルトンの「誘拐部隊(原題:ある市民の死)」も、第2次大戦の破壊工作員だった主人公が、帰還して平和な生活を送っているんですが、昔のままの世界で生きているかっての相棒が突然現れ、否応なしにかっての世界に引き込まれていくお話で、「ランボー」と違うのが、ベトナム戦争では心の傷、第2次大戦では野生(本能)への回帰というあたりが面白いです。

    マルス

    2017/8/22(火) 午前 11:54

    返信する
  • >マルスさん
    そう言えば最初の頃は「病める殺人兵器」みたいな骨子でした。この最終作ではそのトーンはもう感じられませんね、と言うか出直ししないと話が続かなかったのかと。

    がんすけ

    2017/8/23(水) 午後 0:32

    返信する
  • >マルスさん
    同じように戦場や戦闘に心を奪われていく作品に最近ではアメリカン・スナイパーがございました。
    イーストウッド監督の良作ですが、事実を元にしたラストがなんとも問題を複雑にしていました。

    がんすけ

    2017/8/23(水) 午後 0:34

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事