ここから本文です
書く人も見る人もいない過疎ブログ。ときどき思い出したように更新します。
気づけばNBAのレギュラーシーズンが終わっちゃいそう。サンズのD.ブッカーが70得点ですって!?マジかよ・・・信じられない。

今シーズンからサラリーキャップが跳ね上がったため、オフには一昔前では考えられなかったようなバカげた契約が続出。そしてキャップ増加前に契約した選手との給与格差が問題になってます。個人的にこの選手給料高すぎじゃね?(給料泥棒)という選手と、この選手はお買い得だな〜(ワーキングプア)という選手をあげてみる。

給料泥棒ランキング
1.チャンドラー・パーソンズ(グリズリーズ/フォワード)
 2212万ドル 6.2ポイント 2.5リバウンド
怪我が多く、たまに出てもこんな成績では完全な給料泥棒。マブス時代から貰いすぎの感があったため、グリズリーズがなんでこんなバカげた契約をしたのか全く意味がわかりません。

2.マイルズ・プラムリー(ホーネッツ/センター)
 1240万ドル 3.2ポイント 4.0リバウンド
弟のメイソン・プラムリーがこの金額ならまだわかるが、凡庸な控えセンターの兄のほうとこんな契約をしちゃったバックスはバカなのか?そしてそんな選手を引き取ったホーネッツはさらにバカなんでしょうか。

3.アレン・クラブ(ブレイザーズ/ガード・フォワード)
 1850万ドル 10.5ポイント 2.8リバウンド
ネッツが提示したバカ契約オファーにマッチしちゃったブレイザーズもバカだ。凡庸な控えスイングマンにこの金額は高すぎる。チームメイトのE.ターナー(1639万ドル)だって貰いすぎ。ブレイザーズの懐事情は大変なことに。

4.イアン・マヒンミ(ウィザーズ/センター)
 1600万ドル 5.5ポイント 4.7リバウンド
昨シーズンから給料は一気に4倍に。ゴータットいるのにこんな控えセンターと高額契約を結ぶ意味がわからない。しかもケガがちで20試合ちょいしか出てない見事な給料泥棒っぷり。

5.ソロモン・ヒル(ペリカンズ/フォワード)
 1171万ドル 6.9ポイント 3.8リバウンド
こんな特徴のない地味な(失礼)選手が1000万ドル以上貰えるなんて、今オフのバカげた契約を象徴するような選手。

他には史上最高額契約を結んだM.コンリー(グリズリーズ)、多くの批判を集めたT.モズゴフ(レイカーズ)、J.ヘンソン(バックス)とM.テレトビッチ(バックス)のミルウォーキー勢、昨年の活躍がフロックっぽいB.ビヨンボ(マジック)にK.ベイズモア(ホークス)、血栓で出場ゼロのボッシュ(ヒート)やJ.ノア(ニックス)のベテラン勢などバカげた契約がいっぱい。

ワーキングプアランキング(ルーキー契約・ベテラン最低保証は除く)
1.アイザイヤ・トーマス(セルティックス)
 659万ドル 29.1ポイント 6.0アシスト
当時契約を結んだサンズとしては、まさかこの選手が得点王を争うようなスコアラーになるなど夢にも思わなかったに違いない。そしてこんなお買い得契約をしときながら、トレードで放出してしまっている。

2.スティファン・カリー(ウォリアーズ)
 1211万ドル 24.9ポイント 6.4アシスト
2年連続MVP。今やNBAを代表するスター選手がこの格安契約。その理由は、ケガがちでパッとしなかった時代に結んだ契約だから。さて来年のサラリーは一体どうなっちゃうのでしょうか。

3.ディオン・ウェイターズ(ヒート)
 290万ドル 15.3ポイント 4.3アシスト
その素行や言動の悪さからこんな激安サラリーとなっているが、実力は疑いようがない。ヒートの驚きの快進撃を支える一人でもある。

4.マーカス・モリス(ピストンズ)
 463万ドル 14.0ポイント 4.7リバウンド
サンズ時代は双子の弟という印象しかなかったが、ピストンズ移籍後はヴァン・ガンディHCからの信頼が厚く、昨年は平均35分出場と主力級の活躍。今期も昨年同様の水準で活躍している。

5.エイブリー・ブラッドリー
 827万ドル 16.9ポイント 6.2リバウンド
リーグを代表するディフェンダーが1000万ドル未満は安い。セルティックスはチーム作りが上手で、J.クラウダー(629万ドル)なんかも実力からするとかなりお得な契約。

キャップが跳ね上がる前にMAX契約を結んだK.レナード(スパーズ)なんかも、今のMVP級の活躍を考えるとかなり格安。他に格安契約の選手としては、T.アリーザ(ロケッツ)、PJ.タッカー(ラプターズ)、D.コリソン(キングス)、P.ミルズ(スパーズ)、W.バートン(ナゲッツ)などなど。今は安くても、今後の契約はどうなるんでしょうかね。

この記事に

NBA2016開幕

NBAの2016シーズンが開幕しました。ここまで10試合ちょいが終わった時点でのMyパワーランキング。勝敗に捉われず、本当の実力と今後の予想も含めてランク付けしました。

1 クリッパーズ(11−2)
クリスポールがここまでMVP級の活躍。プレーオフで勝てないNo1ポイントガードの名をついに返上か!?

2 キャバリアーズ(10−2)
王者は昨年とはうって変わって開幕から絶好調。シクサーズ相手に接戦を演じるなど油断も見られるが。

3 ウォリアーズ(10−2)
開幕当初は躓いたものの、このところ連勝中。噛み合いだしたら怖い。

4 スパーズ(10−3)
ここは何の心配もないでしょう。レナードもMVP候補の一人。

5 ラプターズ(8−4)
東のNo2の座は譲りたくない。デローザンは目下得点王。

6 ブルズ(8−4)
ウェイドはブルズのユニフォームが似合うなー。存在感抜群です。

7 ホークス(9−3)
今年はダメかと思ってましたが、流石にチーム作りが抜群にうまい。

8 ホーネッツ(8−3)
一時は東の首位に立つなど開幕から絶好調。ケンバウォーカーが急成長。

9 ロケッツ(7−5)
ハーデンはアシスト王を狙える!?ほどの驚異的なスタッツをマーク。

10 サンダー(8−5)
孤軍奮闘のウエストブルックはこちらも驚異的なスタッツ。シーズントリプルダブルを本気で狙える!?

11 ジャズ(7−6)
強い相手に勝てない。西4位の評価は流石に過大評価だったか?

12 セルティックス(6−6)
東3位の評価はやっぱり過大評価。スモールラインアップの限界も感じる。

13 ブレイザーズ(7−7)
大金を払ったオフの補強も今のところ効果薄。リラードは凄いけれども。

14 グリズリーズ(7−5)
オフのバカげた契約で話題になったチームですが、今のところうまくやってます。パーソンズの不良債権っぷりはヤバい。

15 ピストンズ(6−7)
ちょっと期待外れなここまでの成績。実力はあるはず。

16 レイカーズ(7−6)
ここまで大健闘。これもルークウォルトンHCの手腕の賜物か。

17 ペイサーズ(6−7)
シクサーズに初勝利を献上してしまうなど、なんとなく不安定。サデウスヤングの疫病神っぷりは笑えない。

18 バックス(5−6)
今年こそプレーオフのはずが、これまで何をやっている!

19 ニックス(5−7)
あれだけのメンバーを集めながら、これまで何をやっている!

20 ティンバーウルブズ(4−7)
ドラ1&新人王を二人も擁しながら、これまで何をやっている!

21 マジック(5−7)
まあこんなもんでしょ。ビッグマンを放出してガードをとらないと。

22 キングス(4−9)
新アリーナ&ロゴの効果もなく、今年も進歩がない。

23 ナゲッツ(4−8)
ナゲッツって誰がいたっけ?っていうぐらい存在感が薄いです。

24 ペリカンズ(3−10)
8連敗スタートも、このところ3勝2敗と盛り返し中。ここはケガとの戦いだな。

25 ヒート(3−8)
旧ビッグ3が全員抜け、焼け野原のようなチーム状況に。

26 サンズ(4−9)
無名選手ばかりでよくやってますよ。

27 ネッツ(4−9)
リーグ最下位候補がここまでは大健闘中。

28 マーベリックス(2−9)
まさかここまで苦戦するとは。バーンズがエースではキツいか。

29 ウィザーズ(3−8)
ケガに祟られてますな。ウォールがかわいそうだ。

30 シクサーズ(2−10)
エンビードは素晴らしい活躍ですが、チーム状況は相変わらず。

この記事に

最近のできごと

シカゴ・カブスが108年ぶりチャンピオンだー!やったー!!嘘みたいだ。インディアンズもよくやった。どっちも優勝させてあげたい凄いワールドシリーズだった。

日本シリーズのほう(広島カープ)はダメでした・・・。2連勝から4連敗だからなー。若いチームは脆かったか。

ブルーハーツ、↑ハイロウズ↓(矢印がつくのが正しい)にはまってます。和製パンクもいいね。スターリンも好き。

台湾本土派の游瀋さんが美人だ。アイドルみたい。でも25歳で政治家って凄いな。政治に無関心な日本とは大違い。日本の若者はSEALDSみたく騒ぐだけ。

スマホをiPhoneにしましたよ。5です。5のサイズや形が好きなんです。ラインの友人登録が全部消えたのがショック。

仕事で夜に車を運転してて、三日月がきれいだなーと思って見てたら、そこの信号機の地名が「月見」だったので感動。この場所を月見と名付けた大昔の先人と同じ月を見ているわけですよ。

この記事に

25年

広島カープが25年ぶりにリーグ優勝したぞー!!!

カープファン歴15年以上のワタクシですが、まさかこんな日が来るとは思ってもみませんでした。暗黒時代は万年5位とかに甘んじてたし、死ぬまでにカープの優勝なんて見れないだろなーとか思ってたんで。ここ数年はCSとかにも出てましたけど、いざ優勝するとなんか不思議な気分です。

黒田と新井が戻ってきての優勝というのは、昔からのファンからするとたまらないほと嬉しい。新井さんなんかカープに戻ってきて完全賦活ですからね。そしてなんといっても鈴木誠也の驚異的な活躍。ここまでの数字も凄いし、優勝がかかった試合でホームラン2本とか凄すぎる。彼はいわゆる持ってる男、スターですね。

昨日もテレビの前に噛り付いて見てましたが、7、8、9回の継投は見てて心臓に悪いですね。巨人にも流石に意地があって粘るので。思い返してみれば、負ければ巨人から3タテを喰らい3.5ゲーム差に迫られるところ、9回に劇的な逆転勝ちをしたあの試合がターニングポイントでしたな。あそこで踏ん張ってからマジック20点灯、そこからのリーグ制覇までは一直線でした。

昨日の試合といい、逆転勝ちが42回ですか?これ記録じゃないですかね。本当に粘り強くて、強いチームになったものです。やっぱり現代野球に必要なのは、機動力と守備の固さ、リリーフ投手ですね。今年のチームは長打力もあるんですが。

ここまで来たからには、日本シリーズにも出てほしいし、そのまま日本一にもなってほしい。リーグ優勝が25年ぶりなら、日本一は32年ぶりらしいです。前に優勝したのは山本浩二とか衣笠の時代ですかね。相手は日本ハムかソフトバンクですけど、日本ハムに出てきてほしいな〜。日ハムも生え抜きと育成中心の低年俸チーム。セ・パ両リーグで金満球団を潰すのじゃ。

この記事に

深夜の雑記

ヤンキーを見たい人は深夜のドン・キホーテに行けば、ほぼ百パーセントの確率で見ることができます。ジャージにサンダル姿でふざけたちゃらいオーラを発している兄ちゃんねえちゃんは一目でヤンキーだとわかります。

ヤンキーってとにかく態度がでかくて偉そうなんですよ。やたら声がでかくて乱暴な言葉を使うし、締まりのない顔つきでダラっとしてます。ぎゃあぎゃあとうるさい連中ですが、あまりジロジロと見ると絡んでくる危険性もあるので、横目でちらっと憎たらしい視線を向けるといいでしょう。

男女問わずヤンキーが好きなもの。黒のワンボックスカー、ヒョウ柄、キティちゃん、エグザイル、湘南の風、相田みつを、などなど。これらをヤンキー文化というらしい。なんとなくダサくてわかりやすくて悪そうなものが好きみたいです。

ヤンキーが絶対にしないことその①
一人で行動すること。ヤンキーは群れで行動するため、単独行動は絶対にしません。常に仲間といるかパートナーといるかのどっちかです。ヤンキーが一人でいる人に向ける眼差しって、実は軽蔑ではなくて羨望だったりするのかも。

ヤンキーが絶対にしないことその②
故郷を離れて東京に出ること。地元愛がとにかく強いヤンキー。進学も就職も結婚も全て地元で完結するため、故郷を捨てて都会に出ようという気概はありません。ドンキほか地元のショッピングセンターがどこよりも心地よいらしい。

ヤンキーが絶対にしないことその③
哲学。意外と頭がよくて勉強ができるヤンキーはいるらしい。でも興味があるのは専ら実学のほうで、実生活に役に立たない学問には見向きもしません。超リアリストの彼らだから、人生とか、生きる意味について考えることもない。

という、ヤンキーに対してなんとなく嫌悪感を抱いているワタクシの偏見でした。いや、ヤンキーの中にもきっといい奴はいるはずだ。ただ、集団行動をするからダメなんでしょうね。集団行動には百害あって一利なしですよ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事