全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]

かなりの放置プレイで、何から書こうか悩んでましたが・・・決めました!!

「ハイパープロ、フロントにも投入!!」です^^


DR−Zちゃんの前後サスペンションは、GSX-R1100より良いサスとか、車両価格の半分以上はサスの値段と
か、鈴木さんが本気で作ったサスとか色々な噂がありますが…本当にいいサスペンションのようです。


でもこの純正サスペンション、純正タイヤでは良くお仕事をしてくれるのですが、
ディアブロのスーパーコルサを履くと、お仕事がうまく出来ず、ひねくれてしまうことが多々ありました。

ジムカーナ大会で勝ち抜く為には、しっかりとお仕事の出来るサスペンションとパートナーシップを結び、
純正サスペンションには戦力外通告を出すことに決めました。


ただスプリングを入れ替えただけの事ですが…

イメージ 1イメージ 2

で、前回鉄工所の次男坊さんとお勉強したので、今回は自分でやります。
まずはフォークを車体から外し、インナーロッドを抜き取ります。
イメージ 3

中身を色々抜き取ります。
イメージ 4

きちんと洗浄します。
イメージ 6イメージ 5

中身を詰めます。
イメージ 7

オイルを規定量入れます。
イメージ 8

エア抜きもします。
イメージ 9
取り付けて、完了です。

取り付けて早、半年以上経ちますが、
感触はいい感じです♪

リア同様、沈み込んだところでコシがあり、(踏ん張ってくれる)
初期動作も純正より硬く感じます。

ジムカーナではピッチングも減少し、
姿勢が安定した状態で操作可能となりました。


ジムカーナでの旋回がうまく出来ず悩んでいると、鉄工所の次男坊さんが、、、(2014年3月頃のお話 ^^;)
 
鉄工所の次男坊:「YOU、スイングアーム切っちゃいなYO〜!」
 
よっし:「え〜でも、加工してくれる場所知らないし…」
 
鉄工所の次男坊:「おいらが切っちゃうYO〜」
 
よっし:内心⇒「やっぱりこの人、何でもデキるんだ〜!!!!!」
 
よっし:「では、僕ちゃんのDRZちゃんがまたお世話になりますm(__)m」
 
 
と、本土のバイクジムカーナでは定番?なスイングアームカットを依頼しました♪
イメージ 1
上:  純正
下:カット済
イメージ 3
 
イメージ 2
職人技です☆ミ
 
ちなみに4cmカットしました♪
ホイールベースは
純正時は1455mm
加工後は1400mm
4,5cmも短くなっている(@∇@)
 
本土では5cmカットもいるとか、いないとか!?
 
 
で、旋回は??
 
 
超〜小回り!!!!出来る〜☆
しかも運動性能がUPップしてる〜♪
 
でも副産物が・・・
 
・小回りし過ぎる(ハンドル角を要調整)
・リアサスペンションの作用が強くなっている(てこの原理?)
・チェーンの駒が合わない(当たり前)
・バイクが短足になったように見える(それは持ち主)
・運動性能がUPの分、車体の扱いがシビアに(これ重要)
 
副産物のほうが多い様に感じるスイングアームカットですが、
運動性能が上がったってことは、タイムはUPするはず!!!
 
乗った感じも、今後は戻さないと思う非常にいい感じです!!!
 
ジャニさ・・・
あっ、鉄工所の次男坊さん、本当に感謝、感謝ですm(__)m
 
 
って、本人もインパルス、カットしてるし・・・
 
 
只今、沖縄は台風19号が通過中…
 
ですが、目の中なのか今は静かになってます^^
 
当初は900Hpaとウルトラ、スーパーな台風でしたが、沖縄に上陸してからは気圧が上がり?920近くまで落ちてくれました。
 
それでも勢力としては、まだまだ強力!!!
 
 
怖すぎて外に出られるはずもなく、ひたすらサボって溜めたパーツ交換日記を更新する運びとなりました(−−;)
 
 
で、
 
リアサスにハイパープロを投入しました。(4月頃のお話)
イメージ 1
 
個人売買サイトにて、1万円で購入しました。
 
アブソーバー本体は純正で、バネのみ紫色の「ハイパープロ」に換えられていました。
 
取り付けて乗った感じは・・・
 
 
なんかコシがある!!純正だとフニャフニャだった感触が全くありません。
 
で、ジムカーナで苦手な旋回をしてみると・・・回りやすい♪
 
あと、アクセルを開けても滑らない感じですかね!
 
今まではアンチスクワットが効いてなかったことを実感させてくれるサスとなりました^^
 
これで暫く乗っていたのですが、次はフロントに不満が・・・
 
 
次回は「フロントもハイパープロ」の巻かも…です。
前回の続きです。
 
before                           after
イメージ 5イメージ 1
ステムのアッパー
綺麗に磨いたつもり・・・汗
その後、ベアリングをプラハンではめ込み、、
before                        after
イメージ 6イメージ 2
ステムに新品のベアリングをセットします。ピッカピカです♪
(実は旧ベアリングが抜けなくて、鉄工所の次男坊さんのところへ^^;)
 
続いて、本題の倒立フォークです。
情報収集した結果(ネットだけど)、
自分でバラすには、フォークを圧縮する治具が必要とのことで。。。
イメージ 3
作って、はめてみましたが、、、
イメージ 4
フォーク上側
見よう見まねでやってみましたが、意味が分からない…(↑あとから手で抜けると知りました汗)
イメージ 7
フォーク下側
(こちらが後に重要なポイントとなりました)
 
上、下ともにフォークを縮じめてみたものの、バラせる気配は無く、
またまた鉄工所の次男坊のところへ^^;
 
次男坊さんも倒立は初体験とのことで、
2人で分解方法を考えることに・・・
本当は次男坊さんがいっぱい悩んでくれていました、すみませんm(__)m
で、色々試した結果、
 
チェーンで縛られました。。。恥ずかしい(/ω\) アウターフォーク、ズタボロです。
イメージ 8イメージ 9
この方法でインナーロッドのダブルナットを外し、分解しました♪
イメージ 10
インナーロッド?画像が横ですね・・・
 
分解したあとは洗浄し、仮組みして、
アウターとインナーに規定量のオイルを入れて、本組みして完了です。超適当〜(*⌒∇⌒*)b
 
毎度ですが、鉄工所の次男坊さん本当にありがとうございますm(__)m
 
インプレは後日ということで…
しかし、この3ヶ月後、再びフォークをバラすことを誰も予想していませんでした...(ー_ーゞ イヤァー
 
 
 
 
沖縄バイクジムカーナ12月大会に参加すると、沖縄ジムカーナ協会からB級へ昇格をつげられました(^^)v
イメージ 1
(Cは黄、Bは緑、Aは赤ゼッケン)
 
 というか去年12月のことを今更書いてますが、超マイペースさをお許し下さいm(__)m
 
 
その12月大会では何とか好成績を収めることが出来ましたが、A級とは6秒の差!!!
 
この差をもう少し縮めたいと思い、ダダ漏れであったFフォークOHにようやく着手しようと心に誓いました(^^;)
 
 
しかしFフォークのOHは人生で1度しか経験したことがなく、しかも正立で、人に手伝ってもらってのOHでした・・・
 
今回の対戦相手は倒立フォーク、しかもフルアジャスターです(TT)
 
 
まずはネットサーフォンでDRZのフォークOHを検索するも、ほとんど引っかからず…
 
大半のユーザーはあまりにも複雑な造りから敬遠し、バイクショップに依頼しているみたいです。
 
そこで何とか情報を収集し、分かったことは下記の3つ。
 
①造りが複雑なので、無理せずバイクショップに頼む。
 
          ②MXレーサー等に使われているツインカートリッジのフォークなので、
バイクショップに頼む。
 
                ③DR-Z400SMのFフォークは高価なサスで、メーカーの力作!!
                  特殊工具も必要で、初めてOHを行う人は無理せずバイクショップへ。
 
どちらにしろSMサスのOHは、「バイクショップ」へと決まり文句のようにインプレされていました(TT)
 
でも好奇心旺盛な僕は、後先考えずに気にせずバラしちゃいました♪
イメージ 2
で、フロント周りを外して分かったのですが。。。
 
イメージ 3
↑上
イメージ 4
↑下
イメージ 5
↑三つ又
 
ステム周辺は、ショッキングな光景でした(TT)
よくこれでジムカーナしていたなと・・・アホです(@@;)
 
実は停車時に何度か、ハンドルが固定され動かないことがありましたが、これが原因だと。。。
 
フロントフォークは・・・
イメージ 6
OILは・・・
イメージ 7
鉄粉?が見えます。
 
とにかくフロント周りはボロボロで、最悪の状態でした。
 
次回は、Fフォークのオーバーホール?とステムのベアリング交換の様子をUPします…たぶん(^^;)
 
 

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事