過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

前回の続きです。
 
before                           after
イメージ 5イメージ 1
ステムのアッパー
綺麗に磨いたつもり・・・汗
その後、ベアリングをプラハンではめ込み、、
before                        after
イメージ 6イメージ 2
ステムに新品のベアリングをセットします。ピッカピカです♪
(実は旧ベアリングが抜けなくて、鉄工所の次男坊さんのところへ^^;)
 
続いて、本題の倒立フォークです。
情報収集した結果(ネットだけど)、
自分でバラすには、フォークを圧縮する治具が必要とのことで。。。
イメージ 3
作って、はめてみましたが、、、
イメージ 4
フォーク上側
見よう見まねでやってみましたが、意味が分からない…(↑あとから手で抜けると知りました汗)
イメージ 7
フォーク下側
(こちらが後に重要なポイントとなりました)
 
上、下ともにフォークを縮じめてみたものの、バラせる気配は無く、
またまた鉄工所の次男坊のところへ^^;
 
次男坊さんも倒立は初体験とのことで、
2人で分解方法を考えることに・・・
本当は次男坊さんがいっぱい悩んでくれていました、すみませんm(__)m
で、色々試した結果、
 
チェーンで縛られました。。。恥ずかしい(/ω\) アウターフォーク、ズタボロです。
イメージ 8イメージ 9
この方法でインナーロッドのダブルナットを外し、分解しました♪
イメージ 10
インナーロッド?画像が横ですね・・・
 
分解したあとは洗浄し、仮組みして、
アウターとインナーに規定量のオイルを入れて、本組みして完了です。超適当〜(*⌒∇⌒*)b
 
毎度ですが、鉄工所の次男坊さん本当にありがとうございますm(__)m
 
インプレは後日ということで…
しかし、この3ヶ月後、再びフォークをバラすことを誰も予想していませんでした...(ー_ーゞ イヤァー
 
 
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事