ここから本文です

死望生

死にたいという事は生きたいという事。
だから生きる為なら死んでもいいし、
死ぬ為には精一杯に生きなければならない。

来る者、去る者

「来る者は拒まず」も愛であるならば、
「去る者は追わず」も愛であるだろう。

道標

人類は改善という過程と共に生きるべき。
解決という結果は人類を滅亡へと導く。


議論

議論とは結論を求める事じゃない。
過程を理解する機会だと思う。


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事